Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

T.ピノック:Haydn Cemb.Con Hob XVIII:11  

ハイドンの鍵盤協奏曲と言えばまずこれだ、と言えるほどお馴染みのニ長調 major, Hob XVIII:11、当時は楽譜がベストセラーとなるほど人気だったそうだ。書法にはC.P.E.バッハからの影響を残し、早い時期の作品かと思っていたが、1982年、ハイドン50歳の円熟期の作である、交響曲で言えば70番代を書いていた頃で、純粋な意味で古典派 鍵盤協奏曲の完成形ではないだろうか、長くならず、楽しさを見事凝縮している。 
いくつか音盤はあるが、変わらず好きなのがT.ピノックがcemb.を弾くアルヒーフ盤である。
pinnock hay cemb con
Haydn Cemb.Con Hob XVIII:11
トレヴァー・ピノック:指揮、Cemb.
イングリッシュ・コンサート  1984年 アルヒーフ

第1楽章から快速なテンポを取り、前奏部[21~24]の4小節を聴いただけで十分楽しくなる、
sc01 19
ピノックの指さばきは正確で鮮やか、隅から隅まで緻密に聴かせる。カデンツァはハイドン自身が書いた版を用い、幻想的なところもあり、ハイドンの即興性も垣間見る感じだ。
第2楽章、Un poko Adagioは滑らかで落ち着いた楽章で幻想的な魅力も置く、ピノックはここでも鍵盤の細やかさを端正確実に聴かせ心地よい。
終楽章は快活なロンドだが、変化に富み無駄なく入念に書かれた内容だ。
hay cemb con
you tube:Haydn: Keyboard Concerto in D major, Hob XVIII:11. Pinnock, The English Concert

ところで、同時期にモーツァルトはどんな鍵盤協奏曲を書いていたか興味が湧いた、1982年頃の作品は第12番あたりになる、
moz pf co 12
pf協奏曲No.12 イ長調K.414
you tube:Mozart:fp Concerto No. 12 in A Major K. 414
モーツァルトは26歳くらい、ウィーンに活動拠点を移した頃だ。優美なイタリア趣味の作風で、ハイドンとはスタイルは異なり単純比較はできないが、のちの20番代の傑作と遠くない内容を備えている、こちらは新時代の鍵盤協奏曲の始まりと言えるかもしれない。モーツァルトが活躍しはじめ、ハイドンは鍵盤協奏曲とオペラは譲って書かなくなったという。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

"多感様式":C.P.E.Bach fl Con Wq.22  

バロック期から古典派期に移行する間にギャラント様式の時代があり、フランスのロココ趣味を模範とした、厳格なポリフォニックな書法から流麗な主旋律を重んじたホモフォニックな書法へと移っていた。多感様式とも呼ばれ特にカール・フィリップ・エマヌエル・バッハを中心とした18世紀後半のドイツで発達した、 
c p e bach
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ(1714-1788)
感情表現を重んじ、突然の気分の変化が特徴的で、音楽進化の中で少し枝分かれした部分にも思える、これは疾風怒濤期のハイドンなどにも影響を与えていて、C.P.E.バッハを彷彿させる楽章も聴かれる。昨夜もその魅力をよく湛えたフルート協奏曲ニ短調 Wq22をじっくり再聴した、手持ちの音盤は原曲の鍵盤と合わせ5種あるがこれが気に入っている。
c p e bach fl con wq22 *カップリングの関係で表紙の肖像は末弟 J.C.バッハである
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ フルート協奏曲ニ短調 Wq22
flトラヴェルソ:クリストフ・フントゥゲボールト
シュテファン・マイ指揮:ベルリン古楽アカデミー  HM

第一楽章はベルリン古楽アカデミーのしなやかな響きとともにカチっとした枠組みを聴かせる、弱奏をぐっと引いて聴き手を引き込む、flソロはバックの枠組みに乗っかり、自由な遊び心を感じさせる、巧みな装飾演奏がくつろいだ気分にする。
第二楽章の涼やかな風のような始まりは古楽器ならでだろう、flソロも遠くから聴こえるように始まり、内面的な語りかけのようだ、笛と風の音を合わせたような flトラヴェルソの味わいがよりふさわしい。
終楽章、orchは快速、びしっとテンションを上げて前奏部分で引き付ける、バスの力感、内声のトレモロが弱奏部にも緊迫感を与える。flソロは意外なほど優雅でゆとりのある美音に徹しテンションは上げない、緊迫感を保っているのはバックのorchだ。
原曲は鍵盤協奏曲として書かれており、fl 向きに書き直された部分もあるが、あえて鍵盤的な駆け抜けるパッセージも多く残され、特に終楽章はスリリングな聴きどころ。
sc fl con wq22
終楽章より
you tubeに当盤が挙がっている
c p e bach fl con you01
you tube:C.P.E. Bach / Flute Concerto in D minor, Wq. 22 (H. 425)
もう一つライヴを、
c p e bach fl con you02
you tube:C.P.E. Bach - Concerto for flute, strings and continuo in D minor Wq 22

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: C.P.E.バッハ

tb: 0   cm: 0

G.レオンハルト:C.P.E.Bach Cemb. Con Wq.23  

時代が移り変わるときの春の嵐とでも言うべきか、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハの曲を初めて聴いたときはその斬新さと躍動感に驚いた、それまでの規則で固められたようなバロック音楽に対し、様相は一転する、新時代のギャラント様式の中で、特にドイツで発達したのが多感様式と呼ぶにふさわしく思う(明確な区別はないが)、 
その魅力をいち早く聴かせてくれたのは古楽奏者だった、G.レオンハルトが2度録音している、鍵盤協奏曲ニ短調Wq.23も傑作の1つでまさに多感様式、
g l c p e bach wq23
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ:鍵盤協奏曲ニ短調Wq.23
グスタフ・レオンハルト:指揮・cemb.
レオンハルト合奏団  SEON

第1楽章、多様な転調、跳躍の大きい動き、鋭いパッセージ、tuttiはvn1とvn2が同パートで力強く聴かせる部分が多い、バスや内声はホモフォニックな扱いで衝動的な転調を導いていく。
sc01 01
第1楽章、冒頭
第2楽章は穏やかながら、やはり平坦には進まず、雲行きが変わる。
終楽章は怒濤の楽章、第一楽章に勝る緊迫感、鍵盤の技巧もスリリングな切れ味、エマヌエルの兄弟達や周辺の作曲家達も同様式の曲を書いているが、エマヌエルが圧倒的に魅力だ。
g l c p e bach wq23 you
you tube:C.P.E.Bach Concerto in D minor, H. 427 - Gustav Leonhardt
 第1楽章  第2楽章  第3楽章

ところで、大バッハの作品番号が付いて、お馴染みの曲だった中に、真作ではないのが確認された曲、疑わしい曲が多々ある、flとオブリガートCemb.のためのソナタBWV1031は第2楽章「シチリアーノ」が有名だが大いに疑わしい、
sc bwv1031
第2楽章、冒頭
両端楽章も聴けばより感じるが大バッハの作風ではなく、息子の誰か(たぶんエマヌエル)で父バッハも共作で関わっているかも?といった説もある。
bwv1031 you
参考・you tube:Johann Sebastian Bach, flute sonata E-flat major BWV 1031, Rampal/Pinnock

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: C.P.E.バッハ

tb: 0   cm: 0

栃ノ心も休み  

当地は猛暑日が続き、夜10時になっても30℃超えている、被災地では体を休め相撲中継を見ている人も多いだろう、しかし元気づけてくれるような盛り上がりに欠ける、こんなに暑いと力士も調子を崩し、集中力も落ちるかも?
pic_nagoya_20180715095934c57.jpg
名古屋場所(19日)のチケットを買ったのに、白鵬、鶴竜と休場で1999年以来の横綱不在の場所になった;でも 栃ノ心がいてくれれば見どころはあると期待していたが、13日の玉鷲戦で怪我をして休場、なんと不測の事態・・これは辛い;
totinosin tamawasi
you tube:2018大相撲七月名古屋場所06日目 玉鷲vs栃ノ心
栃ノ心は「側副靱帯(じんたい)損傷で全治約1カ月」だそうで、期待を集めて昇進した初の場所で怪我をするって、稀勢の里を思い出すが、後に引かないように祈りたい。
協会も厄払いしないと;

残るカド番大関、豪栄道、高安とも精彩を欠き、横綱に代わる存在感は薄い?関脇 御嶽海だけが全勝で好調だが、対戦相手も作戦考えてくるだろうし、後半戦で崩れなきゃいいが、
先場所白鵬に勝ち、今場所鶴竜を破った阿炎ちゃん、さすが期待に応えてくれたが、まだ真の力が付いていないようで、そのあと星が伸びない。
kakuryu abi
you tube:[大相撲2018名古屋5日目] 鶴竜 対 阿炎

チケット当日の19日になって、見どころはあるのだろうか^^;
優勝ラインが11勝くらいとか、こうなったら混戦模様のほうが面白いかも・・
楽しみな対戦が大幅に減ってしまったのは確かだ;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

サヴァリッシュ:Dvorak Sym No.9「新世界より」  

前に取り上げた、サヴァリッシュによる「8番」とカップリングされた「新世界より」、
名曲だけに録音は多いが、ひじょうに満足して聴けるものは限られてくる。演奏プラス、録音技術による鮮やかなorchサウンドもこの曲には期待してしまう。
EMIの当盤は低域が深々と響き、金管が厚く豪快な好録音だ。 
sawa dvo sym9 a
ドヴォルザーク 交響曲No.9ホ短調 op.95「新世界より」
ウォルフガング・サヴァリッシュ指揮
フィルハーモニアO 1988年 EMI


各楽章に出てくるお馴染みのテーマは共通の因子で出来ているように思う、これらが終楽章では全て登場し、絶妙に組み合わされる。
sc01_20180714095055f30.jpg 1st
sc02_201807140950569d1.jpg 2nd
sc03_20180714095058a13.jpg 3rd
sc04_20180714095059118.jpg 4th
*1st,2nd,4thは共通性があり、3rdはこれらの続きに置きやすい?
第1楽章、序奏を終え、主部は程よい快速、がっちりした骨組み感の中で少し柔和なレガート感覚を弦にも管にも持たせている、第2主題のところはより落ち着いた感覚、これが何度も聴きたい気品も帯びた味わいになる、提示部は反復し、展開部も熱気は控えめで終結部にかけて加速をかける。
第2楽章、イングリッシュホルンはじめ、フィルハーモニアOの木管、ホルンはじつに繊細に聴かせる、短調のテーマに移ると低音弦のピッチカートが深く支える。
第3楽章は、期待どおり瞬発力のあるキビキビとした演奏、しかし荒っぽさはまったくなく気品を失わない。
終楽章、これまでの楽章のテーマが巧みに取り入れられる、導入部はじっくりだが、快速に移る、キビキビした心地よさがあるが、弦のボウイングには柔らかさがある、展開部の金管の高鳴るところも爽快サウンドに整える、終結は豪快に決める。

動画は同じくフィルハーモニアOで1999年のライヴ
sawa dvo sym9 you
you tube:Dvorak: Symphony No.9 "From the New World" / Sawallisch Philadelphia Orchestra (1999 Movie Live)
EMIの録音から11年の隔たりがあるが、老練で落ち着いた要素が増した印象だ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

K.ベーム:Brahms Sym No.3  

ベームとVPOのブラームスSym全集は発売当初からLPを持っていたし、その後CD化されたのも揃えていたが、ここで取り上げたのは第2番のみだった、いずれも水も漏らさぬ演奏には満足していた。DGの録音は低域はあまり押し出さず、太い響きではないが、緻密で分離のよいサウンドで、これはCD化後も殆ど同質に聴こえる。
まずは第3番から、 
007_20180713113048aca.jpg
交響曲No.3へ長調op.90
カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニーO
1975年 DG

第1楽章、ブラスで始まる響きはブリリアント、落ち着いたテンポで入る、この楽章は勇壮なところもあるが、内面的でデリケートな要素が多く、リズムも単純ではない、複数のパートが緻密に絡んでいて奥深い、各パートの音のラインがくっきりして、そこをじっくり聴かせる、ウィンナobの明快さも助けになっている感じだ、展開部~終結もじっくり堅実な演奏。
第2楽章、clとfagでゆったりとした主題が始まる、テンポも緩やかにとる、
[40]から同じくclとfagで出る3連符を含んだ第2主題は趣きを変えるが、これは終楽章で現われる予告になっている。
sc02 40
第3楽章、憂愁な趣きの有名なテーマだが、いつもながらブラームスはあまり情緒に浸らず、適度に躱し、クールな趣きも備える、
ベームとVPOは過不足なく聴かせるが、[87]からdim.がかかり、[91]からさらに密やかになるところ、pppくらいにして引き付ける。
sc02 86
終楽章、程よく快速だがしっかり足もとを固める、
[19]で早くも第2楽章で予告された主題が出てくる、
sc04 18
これは展開部で重要となり、[149]からクライマックスへ発展する、sc04 149
ベームはほぼ全開で痛快な響きに運んでいく、この3連符が堂々とパワーを感じさせる、
sc04 167
終結では第1楽章の主題が穏やかに再現され静かに閉じる。

20180311111551e1a_2018071311371322c.jpg
you tube:Brahms : Symphony No. 3 in F Major, Op. 90 / Karl Bohm & Vienna Philharmonic Orchestra 1975

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: ブラームス

tb: 0   cm: 0

スウィトナー:Mozart Sym No.36 "Linz"  

新しい演奏をいろいろ聴いたあとでも、O.スウィトナーの演奏は心地よいorchバランスだからか、すんなりと耳に入る、一方で良い意味で古き時代も思わせる、今は聴けない魅力も持つ、
SKDを指揮したモーツァルトSym「リンツ」をLPで聴いた、
sui mo s 36
交響曲No.36ハ長調K.425「リンツ」
オットマール・スウィトナー指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
セラフィム(D.シャルプラッテン原盤)

第1楽章、序奏の開始音から、低域に重心のある響きが心地よい、主部はやや速めだろう、[42]からのva、vcが歯切れ良く、しっかり前に出て、vnはくっきりスタッカート、
sc01 39
過剰な物量感なく見渡しのよいサウンドで、このあたり先日のカラヤンとは対照的だ、
第2楽章、しなやかな演奏だが、やはり弦の涼しげな響きで、嫌気がこない程度に歌わせる、
メヌエットはじつにゆったり、大らかでここが特筆したい演奏、
sc03 01
スタッカートとtimpの打音に何とも言えぬ気品が伴い、ほかに例がないスウィトナーの魅力。
終楽章、プレストは快速に演奏、キビキビと進めていくが、それでも力の抜けた爽快サウンドでまとめる、終結にかけて熱気をあげて終わる。
高校生時分に買ったLPで大昔だが^^;いまだに飽きることはない。
「リンツ」はN響との唯一のセッション録音(DENON)でも残されているが、これは過去のSKDとの録音が魅力だ。
sui denon
you tubeはなかったので割愛、

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

桂歌丸さん 加藤剛さん  

我々世代は子供の頃から長くTVで親しんできたお二人が相次いで亡くなった。
 
歳とともに江戸落語や時代劇が好きになってきたが、
桂歌丸さんが7月2日(81歳)、「笑点」のレギュラーとして、司会者としてこれほど長くTVで親しんだ落語家はいない、昔は三遊亭小圓遊さん(1937-1980)と犬猿の仲みたいなところを笑点以外の場にも持ちだしていたのが面白かった、
笑点の司会を引退した後・・っていうか現役で司会してた頃から、「お迎えが近い?」ってのを笑いのネタにされていたが、何事も陽気に変える東京落語の世界らしくて痛快、
2016年には文部科学大臣表彰を受賞している。
katura utamaru
you tube:落語 竹の水仙 桂歌丸

加藤剛さんが6月18日(80歳)、なぜが報道されるのが遅れた、映画やドラマで広く活躍されたが、TBSの「大岡越前」は約30年にわたり主演したライフワークだった、父が時代劇好きで一緒に見て親しんでいたが、その後も長く再放送されて、録画したDVD-Rがかなりある、ここ数日、それが観たくなって、順に観ていた、虫の知らせと言おうか?
大岡越前=加藤剛さんというイメージが定着し、その後は後継の俳優は立てられなかった。
悪党を捕らえ「刑事裁判」という話も多かったが、町人同士のいざこざを「民事」で裁く話も多く、これが江戸落語の世界をドラマ化したようで楽しかった。脇を固めるレギュラー陣や町人役で主演した人達も上手かった。
kato go
時を経てNHKで東山紀之さん主演の「越前」が始まり、原作のイメージを尊重して製作され好評だ、加藤剛さんが浪人役で出演した回もあった。

謹んでお二方に哀悼の意を表します。
ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

暑くてなんも出来ねぇ  

梅雨が終わって暑くなるころ、大抵、体の調子がわるい、暑くてなんも出来ねぇってのが正直なところ;
記録的豪雨で被害が大きい所は復旧、片付けが大変だけど、湿度の高い暑い日が続きそう、
義務感みたいなので無理をする人もいるかもしれないが、本当にそれは避けて、体を休めることが第一だと思う、災害シーズンは始まったばかり、
岐阜も記録的に降ったところがあるが、豪雨を降らせた雲が一点に居座らず、あちこち場所をかえたのが、まだ不幸中の幸いだったらしい。
 
前線は北上したが、昨夕も雷雨があった、下手すると連日になることがある、
001_20180710104904251.jpg
気象庁 7月9日19:00
うちは落雷による誘導雷が来やすいらしく、過去に何度もPCやTVがやられた、避雷器も役に立たない時がある、電話機やドアホンまで壊れたときもある、
rakurai.jpg
通信線を光ケーブルに替えたが、光ファイバーには補強のため鉄線を沿わせてあるそうだ、当然誘導雷も拾うが、家屋に引き込んだところで鉄線はカットされるので機器の手前で光ファイバーだけになる、ここからは誘導雷は来ない、
あとは電源線、これだけは金属線になるので誘導雷は入ってくる、PC本体や信号接続機器など、弱電機器の電源プラグは外しておくのが良い。

PS.今日も町会の用で一仕事してきた、 殺人的な蒸し暑さだった;;
午後、燕の声が賑やかで、見てみると残った巣の近くを飛び回っている、嘴は黄色い、うちで生まれた雛達だ、引き込み線に止まり、独特の鳴き声でしきりに親を呼んでいた。
hina 7 10 02
hina 7 10 04

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

古い曲ほど新しく  

ルネサンスやバロックのリュート作品を現代のギターで美しく弾くことはもちろん可能だが、自分の場合、曲が書かれた当時の響きにより近づきたいと思い、リュートに持ち替えた、演奏についても奏者達の間で研究が進んできて興味深い。 
聴く側に廻っても趣向は同じで、作品が書かれた当時の演奏習慣を探った、曲の真価が聴ける演奏を求めたくなる、バロックについては今や20世紀的(1970年代まで?)な演奏は無いのではないかという感じ、極端な例を挙げると
fu handel you
you tube:W.フルトヴェングラー/ヘンデル 合奏協奏曲 Op 6 No 10
こういう演奏もあった、その後'60~'70年代もその時代の趣味で演奏していた、というのに変わりない、
h s handel you
you tube:H. Szeryng, H. Dreyfus - Handel: 6 Violin Sonatas; Arcangelo Corelli: La Folia (Rec. 1981)
何を演奏しても同じ化粧で同じに聴こえてしまう、現代人にもウケのよい旋律美を持った曲にしか通用しない、そういう意味で「間違いだった」ということになる、
古典派についても、20世紀終り頃から、古楽研究による演奏が増えてきて、その影響下で、お馴染みの作曲家はもとより、忘れられていた作曲家らにもひじょうに魅力を持った人がいるのがわかってきた、これらも20世紀的な奏法では気づかなかったと思う、
演奏しだいでまるで変わってしまう。
時折話題にする、ヨーゼフ・マルティン・クラウス(1756-1792)などはモーツァルトとは趣味の違う才気を持っているのが魅力で、知り得て幸運だったと思う、復活のタイミングも良かったかも。
このフルート五重奏曲ニ長調VB188は室内楽の傑作だと思う。
20140315 (1)
J.M.クラウス フルート五重奏曲ニ長調VB188
マルティン・サンドホフ:fl.トラヴェルソ、シュパンツィヒ・クァルテット

j m kraus01 you
you tube:J. M. Kraus - VB 188 - Flute Quintet Op 7 in D major
数こそ少ないが交響曲も魅力だ、2032年に向けてハイドンsym全集を目指す、G.アントニーニ指揮による演奏で、交響曲ハ短調VB142、
20140315 (2)
J.M.クラウス 交響曲ハ短調VB142
ジョヴァンニ・アントニーニ指揮、バーゼル室内O.(ピリオド楽器)

j m kraus02 you
you tube:Kraus Symphony VB 142 | Giovanni Antonini | Kammerorchester Basel (Haydn2032 live)

*因みにJ.M.クラウスの同じ曲(vnソナタ VB157)で聴き比べると、
1.近年の録音だが、20世紀的な演奏
you tube:Joseph Martin Kraus - Violin Sonata in D minor, VB 157(walter schwede,violin)
2.古楽奏者による演奏
you tube:J. M. Kraus - VB 157 - Sonata for harpsichord & violin in D minor(Nils-Erik Sparf, violin)
曲の活き活きとした"素"の魅力が聴けるのは後者だ。

曲の真価を表現できれば古楽器である必要はない。
トーマス・ファイ、アイヴォー・ボルトン、先日のアダム・フィッシャーなど、そういう演奏を聴かせる指揮者が多くなった。
ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 古典派

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック