FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

水回り補修工事  

きょうはこんな話で恐縮; 
故障してまるごと取り替えることになった1階のトイレ一式、取り外しは済んでいたが、ようやく新しいのを設置してもらった。それまで、いつもの癖で、何も無い1階トイレのドアを何度も開けてしまった^^;(カミさんも) 2階のトイレは昼間クソ暑い;
toto 1
今度は立ち上がってしばらくすると自動で水が流れるという機能が増えた、任意に水を流すのもリモコンのスイッチで行ない、見慣れたこのレバーが無い、
001_20190825101942fab.jpg
リモコンは電池だが、仕掛けを作動させるのは100v電源、停電のときはどうするのか?
toto 2
ネットで調べて、手動レバーが隠したようなところにあるとわかった、
TOTO.jpg
機種が多くて取説を探すのも手間取った;こういうのは一目でわかるようにしてもらいたい、
ペーパーホルダーだけは懐かしい"National"のまま、
national.jpg

また隣にある洗面所の床が歪んでいたので、はり替えることになった、フロア材の下は薄板を貼り合わせたベニア合板で、水濡れが続くとヘタってくる;
Veneer.jpg
洗面台をどけないといけない、洗面台も古いので、新品に替えようってことになった;
inax.jpg
次に置く機種と水道の引き込み、排水口の位置を具合よくしておく、この際にやれる事は一緒にやっておいたほうがよい、ということで、工事が次々に拡大^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

黒い系外惑星  

2018年4月に打ち上げられた系外惑星探索衛星:TESSは太陽系に近いG型主系列星、K型型主系列星および赤色矮星(M型矮星)、合わせて約50万個の恒星を対象に、それらにある系外惑星を探査中である、惑星が恒星の前を通過した際の減光で捉える「トランジット法」だ、 
tess 01tess 02
系外惑星探索衛星:TESS、4つの広角望遠鏡を持つ
発見した系外惑星の一つ、「LHS 3844 b」はインディアン座、約48.6光年にあり、大きさは地球の1.3倍ほど、主星は暗い「M型矮星」である、
H R
HR図、ちなみに太陽はG型主系列星である
米・ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのLaura Kreidberg氏らは、スピッツァー宇宙望遠鏡でLHS 3844 bが発する赤外線を検出、この惑星は潮汐ロックで常に同じ面を中心星に向けている、観測結果は昼側と夜側の間で熱は移動しておらず、熱を運ぶ大気がない、表面が岩石の惑星と結論づけた、
主星に極めて近いため、主星の放射線や恒星風で大気は剥ぎ取られる。
ssc2019-14b_Inline.jpg
(上)地球から見たLHS 3844 bの動き、主星の周りを11.1時間周期で公転していて、定期的に主星の手前を横切る。(下)主星と惑星を合わせた光度の変化、惑星が主星の手前を横切る(3)と、光度が5%ほど暗くなる、また、惑星が主星の奥側を公転する間(6~12)は、「昼側」の面が地球から見えるため、わずかに明るくなる、このときの光度曲線の形から大気の有無を判定できる、【資料:NASA/JPL-Caltech/L. Kreidberg (Harvard-Smithsonian CfA)】
また、この観測によるLHS 3844 bの表面の反射率から、この惑星の表面は非常に暗く、玄武岩に覆われているとみられる、
LHS 3844 b
LHS 3844 bの想像図:表面は暗い色の溶岩が固まった岩石で覆われている、大気はないとみられる、【資料:NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (IPAC)】
地球を廻る月も地球に潮汐ロックされているが、月の太古の火山活動で流れ出た玄武岩で「海」と呼ばれる黒っぽい部分が出来た、重力の影響が強い地球に面した側に海が多い、
moon.jpg
これと同じことが惑星:LHS 3844 bと主星:LHS 3844との間で起きているのではないかと推測されている、地球から見るLHS 3844 bの反射光は常に黒っぽい側の反射になる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

動物動画:バックナンバー & New  

動物ちゃんの面白かった動画を集めてみた、

まず、奇士さんのブログで紹介されたのを2つ、 
子猫は逃げ出すのではない
cat and dog
imgur:No Barrier to Friendship!

あくまで猫が上の立場
cat food
imgur:Sharing is caring
↑この猫、毛柄が原種のリビアヤマネコに近い!
African-wildcat.jpgリビアヤマネコ

雉子に餌を譲る
cat and pheasant
you tube:Buster(cat) and Pheasant
雉子がキャットフード?を食べるのが意外!

クッキーを食べやすく割って、
Parrots.jpg
you tube:オウムは他のグレーと食事を共有
足を手のように使う鳥、ほかにいたっけ?

ネコ声で話しかけるオウム
Parrot and cat
you tube:when parrot disguise in cat group
猫達の反応を楽しんでいるのか^^

水飲み場で、
Crow.jpg
you tube:水道の栓ひねる「天才」カラス
水量も調節、

スノーボードで遊ぶ、
snow board
you tube:Crow Snowboarding Roof
人がやるのを見て憶えたのか、代りになる道具も見つけ、
羽をフラップにして減速している!

カラスが猫をおちょくるのはよくある、やはり猫の反応が面白いのか^^
crow and cat
you tube:谷中猫400態-No376「カラスと猫」/Crow and cat
猫がにらむと顔をそむける、

同様に人間も猫をからかうの大好き、
hole.jpg
you tube:【トリックアート】猫にドッキリを仕掛けてみた
カメラの視点ではだまし絵だが・・人間がおバカになって楽しむことも^^

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

J.M.クラウス:作品集(5枚組)  

ベートーヴェンの弟子で、ピアノのエチュードで有名なカール・ツェルニーは著書や教授活動で優れた人だったが、ピアノ協奏曲を聴いたところ、確かに優秀でよく出来てはいるが真面目すぎて、はじける面白さがない;兄弟子のフェルディナント・リースは結構いける、
「作曲」で残る人は限られてきそうだ。
 
ヨーゼフ・マルティン・クラウス(1756-1792)はグスタフ3世の元で活躍した「スウェーデンのモーツァルト」と例えられるが、だいぶ作風は異なり独創性が強く、優美な趣きもあり、はじける要素は十分、無名の一群に埋もれさせる人ではない。
j m kraus
Joseph Martin Kraus
クラウスの作品はNAXOSがシリーズで出したのが復興に貢献したとされるが、W.エールハルトはそれより前から優れた演奏で録音を手掛けている、NAXOSのシリーズは数こそあるが粒揃いではなく、20世紀半ば風の古いスタイルの演奏者もあるので、選ぶ必要がある;
CAPRICCIOレーベルから出ていた、コンチェルト・ケルンゆかりのW.エールハルトほか、flのM.サンドホフ、シュパンツィヒSQなどによるクラウス作品の名演をまとめた絶好の5枚組アルバムがお買い得で出ている、(1枚ずつ集めたお気に入りが全部入っている^^;)
kraus cd 01
TUWER RECORDS amazon
内容に相応しくオシャレな表紙、他のレーベルからも良い演奏は出ているが、当アルバムを凌ぐものはないと言える、

you tubeでいくつか曲目を拾ったが、当アルバム以外からも好演を一部挙げる、
まずは劇附随音楽「オリンピエ」より序曲、これを聴いたとき、"有名作曲家"レベルの才気を感じ、他にもいろいろ聴いて、ただ者じゃないと思った。
you 01
you tube:Joseph Martin Kraus: Ouverture zu der Oper "Olympie"
演奏は本当に気が抜けない、0.何秒の絶妙なデュナーミクだけで、音楽の活力が変る、

次に交響曲を1つ、変ホ長調 VB.144
you 02
you tube:Joseph Martin Kraus (1756-1792) - Symphony in E flat Major
メヌエットはなく、両端楽章はポリフォニックな書法で充実、シチリアーノ風の緩叙楽章の旋律美も一流、

声楽曲で、カンタータ「春」より、アリア
Sop:ジモーネ・ケルメス
you 03
you tube:Joseph Martin Kraus - Cantata "La Primavera", VB 47
緩叙部分を挟むがソプラノのコロラトゥーラの技巧はヴァイオリン協奏曲を思わせる凄さで、カデンツァも入る、これはモーツァルトと同系でイタリア風の作品、

室内楽でフルート五重奏曲 ニ長調 VB 188
マルティン・サンドホフ:fl、シュパンツィヒSQ
you 04
you tube:Flute Quintet in D Major, Op. 7, VB 188:
I. Allegro moderato II. Largo III. Finale. Con brio
fl協奏曲風の響きにもなるが、各パート対等で緻密な室内楽の書法、第2楽章は充実した変奏だが、主題にはクラウスが生い立ちのどこかで身につけたような、独特の趣きの美しさがある、終楽章は快活な運びに緻密なパートの掛合いがある。
以上、新時代の優れた演奏でこそ、良さがわかる、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: J.M.クラウス

tb: 0   cm: 0

W.エールハルト:J.F.X.シュテルケル Sym No.1 & 2  

昔も今も、古典派の人気作曲家といえばW.A.モーツァルトが一番だろう、 
この3分程度の「Ave verum corpus」を聴いただけで、天からの救いの声ような、
you 03
you tube:King's College Cambridge 2011 Easter 13 Ave Verum Corpus W A Mozart
こういうセンスをどこから授かったのだろう、

20世紀流の演奏は古典派もバロックも、後世に親しまれやすい要素をもった作品のみに特化したスタイルで、モーツァルト、ヴィヴァルディ・・などは成り立つが、テレマンやグラウプナーの魅力的な演奏・・なんて想像つかないし、未知の古典派も同様、
古典派に絞ってもまだまだお宝が眠っている、ヴェルナー・エールハルトは古典派で素晴らしい内容を持ちながら知られていない作曲家を取り上げ、積極的に演奏してきた指揮者の一人、今までも、J.M.クラウス、P.ヴラニツキ、F.リース等々、こうした指揮者らのおかげで知ることができた、
それより過去には、知られない作曲家を取り上げたシリーズで、どうにか繕った?程度の"マイナー盤"が出ていたが、それを聴いても何か異質で冴えない(出来のわるい)曲にしか感じない、エールハルトは作品の真価をよく掴み、それがわかる演奏を聴かせる。
聴く側も耳をリセットして、作曲家の良いところを聴こうという姿勢があれば新鮮な楽しみが得られると思う、

以前、J.F.X.シュテルケルの交響曲を取り上げたが、
記事:W.エールハルト:J.F.X.シュテルケル 交響曲No.1&2
この演奏がyou tubeに挙ったのであらためて紹介、
20160620.jpg
ヨハン・フランツ・クサヴァー・シュテルケル(1750-1768)
ヴェルナー・エールハルト指揮、ラルテ・デル・モント(ピリオド楽器)
録音:2013年12月 ドイツ、レーファークーゼン・クルターハウス

交響曲No.1 ニ長調 Op.35
you 01
you tube:Johann Franz Xaver Sterkel - Symphony No.1 in D-major, Op.35 (1770's)
第1楽章はマンハイム楽派の影響を受けたというモーツァルトのSym No.31「パリ」に近いタイプに思える、

交響曲No.2 変ホ長調 Op.35-2
you 02
you tube:Johann Franz Xaver Sterkel: Symphony No.2 in B Flat Major, Op. 35. 2
第1楽章は序奏を持つ、始まりから終りまで優美な曲もよいが、ハイドンがそうであるように、ときに意表を突くような灰汁のある主題を用い、それが発展してコアな部分を築いていく、こういうのが飽きさせない魅力となる、メヌエット楽章は短く収め、両端楽章の展開部など見事。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: その他・古典派

tb: 0   cm: 2

365日の紙飛行機  

何年も前から、TVをリアルタイムで見るのはニュースや天気予報くらい、あとは興味ある番組を録画して寝る前に見るだけで、バラエティとか芸能情報の番組は観ていない、よって今どんな歌が流行っているとか知る機会はない、そんな情報途絶状態でも良い歌はどこからか耳に入ってくる、
ポピュラーやフォークソングには、どの世代にも長く親しまれる名作があり、'71年、フォークグループの赤い鳥が出した「翼をください」はシングル盤のB面だったそうだ。

「365日の紙飛行機」は新たな傑作のようで、フォーク調の曲をAKB48が歌い、作詞:秋元康、作曲:角野寿和/青葉紘季、ともにひじょうに良い、
2018年には高校の音楽教科書(音楽之友社)にも載せられている、
001_20190820100333e1d.jpg
you tube:365日の紙飛行機 - AKB48(フル)
ハーモニーの声を抑えてあるが、もう少し出してもよいと思う、
2015年リリースのシングルCDで意外に新しく、もっと前からあったような錯覚をしていた、「唇にBe My Baby」というアイドル系らしい曲とカップリングされていたのも意外だが、同年のNHK連続TV小説「あさが来た」の主題歌に採用され、B面ヒットとなった。
asagakita.jpg
こんなことを後から知った^^;
朝ドラは出かける前の時間だったので、主題歌も聴き憶えはあったが、この曲の印象を強めたのは他局の番組のワンシーンだった、
フジテレビ:グッドドクター(2018年)より
001b_201908201003354fd.jpg
you tube:グッドドクター 365日の紙飛行機
出演している子達がドラマのために稽古したのだろうか、未熟さがかえって良い、ハーモニーを付けた児童合唱にもぴったりの曲だ。
閃きのよい時にさらりと出来た曲が名作になってしまう?案外そんなものかもしれない。

PS.「マッサン」の主題歌は印象強く、
毎朝バグパイプと中島みゆきの歌が耳に飛び込んできた^^
001c_201908201003361c2.jpg
you tube:中島みゆき「麦の唄」Music Video [公式]

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 歌謡・ポップス・etc

tb: 0   cm: 0

チューナーの取付け位置  

昔、ギターをやっていた頃はA=440hzの音叉があればよかったが、リュートを始めてから古楽ピッチも必要になった、今ならA=415の音叉もあるが・・ 
onsa 01
onsa 02
音叉は錆び防止のメッキがされているが、先端は音程調整で削ってあるようだ、

最初にZENONから出たA=415にも設定できるチューナーは重宝した、これが故障して代りを買おうとしたら生産終了で、一時A=415に対応できる製品がなくなった;
やがて、KORGから待望の製品が出た、
korg ot12
KORG OT-12 
1hzずつ自由なピッチに設定でき、ヴェルサイユピッチA=392以下まで変更できる、ピタゴラス音律など様々な古典音律にもできる、アナログ指針でチューニングのずれ具合が掴みやすい、サンプリング時間の切換えで弦楽器など変動の平均値を拾える、一気に古楽器必須の製品となった、現在は後継機OT-120が出ているが機能は殆ど同じ、
korg ot120
KORG OT-120
チューナーの小型化も進み、楽器に付けたまま使えるのは以前からあったが、これも1hzずつピッチ変更できるのは今では当り前、表示もチューニング状態が掴みやすく工夫されてきた、
D'Addarioの PW-CT-12を2つ持っているが、低価格で嵩張らずチューナー本体の性能は申し分ない、取付けのクリップが簡略化されていて、クリップの幅を調整して挟むが、取付け部分はギターのヘッドなど平たい箇所に限られる、左右に首は振れるが上下には振れない、やや不便なところもある、
糸倉が後方に折れたリュートではこんな付け方で演奏姿勢のまま見やすい、
DAddario PW-CT-12 02DAddario PW-CT-12 01
PW-CT-12
手持ちのバスライダー型では、ここが具合よい、
DAddario PW-CT-12 03
PW-CT-12
スワンネック型のリュートは演奏姿勢でも調弦するが、長いので楽器を立てて大幅に調弦し直すときもある、これにはPW-CT-12は使いづらいので、KORGのAW-2を使っている、
korg aw2 01
korg aw2 02
KORG AW-2
バネ式クリップでワンタッチ、表示部は上下左右、自由に向いて、安定して止まる首の部分が優れものだ、取付く楽器には何でもいける、(小さいが、実売価格はOT-120と同じくらい;)
しかし、これらの取付け式チューナーはA=410くらいが下限のようで、ヴェルサイユピッチまで下げられない、この時は本体の充実したKORG OT-12か、OT-120を使う。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: Instruments

tb: 0   cm: 4

ペルゴレージ 「スターバト・マーテル」 ほか  

このところ、秀逸な録音の古楽に嵌っている^^ 
cd s

長生きをして活躍したバロック後期の大家、G.P.テレマンの生没年(1681-1767年)を基準に見てみると、テレマンが没する前年にはF.J.ハイドン(1732-1809)がエステルハーザの楽長に就任し、疾風怒濤期、初期の交響曲を書いている、今日取り上げるJ.B.ペルゴレージ(1710-1736)はテレマンの一生の中頃に短く生きたことになる、彼の古典派初期の作風を聴くと時代の前後関係に戸惑う;(テレマンもギャラントな様式に移行していくが、)
Giovanni_Battista_Pergolesi.jpg
ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ
Giovanni Battista Pergolesi(1710-1736)

イタリア、ナポリ楽派のペルゴレージは古典派音楽の始祖と言われるG.B.サンマルティーニ(1700-1775)とともに最初期の古典派様式を示している、C.W.グルック(1714-1787)の悲劇性を帯びた作風にも近い趣きが感じられる、
ペルゴレージは1733年からオペラ作曲家として活動を始め、成功あり失敗ありだったが、結核にかかり26年の短い一生だった、亡くなる年の1736年、最後の力で書いたのがスターバト・マーテル(悲しみの聖母)である、訳詞(Wikipedia)
2人の歌手と弦楽に通奏低音の編成だが、旋律と和声の美しさに急速なフーガも含めた劇的な表現で構成され、全曲が引き付ける、
手元にあるのは、ユリア・レージネヴァ(Soprano)、
フィリップ・ジャルスキー(countertenor)、
ディエゴ・ファソリス指揮、イ・バロッキスティ、2013年録音 ERATO
stabat cd
録音が一際素晴らしく、空気に溶け込むような美音が響き渡る、
バスが一定の歩みを示し、アルト(カウンターテナー)とソプラノの二重唱、繫留により不協和が重なる、
s m sc01 01
s m sc01 10
冒頭部分と二重唱の開始
細かいことは抜きでyou rubeを、ここで全曲連続で聴ける、
stabat you 01
you tube:Stabat Mater, P. 77: I. Stabat Mater dolorosa
もう一つ、こちらもフィリップ・ジャルスキーが加わった演奏で映像付きを挙げる、
エムケ・バラス:soprano、フィリップ・ジャルスキー:countertenor
ナタリー・シュトゥッツマン:指揮、Orfeo 55
stabat you 02
you tube:Pergolesi - Stabat Mater (complete/full) - Nathalie Stutzmann

このスターバト・マーテルを聴いて、バスの歩みや和声の重ね方が近似して頭に響いてくるのは過去記事にした、ミヒャエル・ハイドンのレクイエム(ジキスムント大司教葬送のミサ曲)である、これはM.ハイドンが1771年、1歳の娘を亡くした直後の作品だそうだ、
02 m hay req sc01
冒頭部分
m hay req you
you tube:Michael Haydn, 1771: Schrattenbach-Requiem (MH155, Raphael Pichon)

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: その他・古典派

tb: 0   cm: 4

弦の止め方、あれこれ  

今まで、リュートの弦の張り方で、いろいろ考案した事をまとめてみた。

弦の止め方がまずいと外れたり、細い弦は切れたりする、ブリッジでの止め方はクラシックギターと同じ要領で絡めて止める、このとき弦の最後の交差部分がブリッジ天板の角より下に来るようにすると押えが効く、天板の上だとすっぽ抜けるおそれがある、まあここは常識;
bridge gt
リュートにサドルは無いが、弦の止め方で1本ごとに高さを調整できる、1~3コースくらいの細い弦は2回通しができるので、弦が滑らず、任意の高さに止めやすい、
(*太い弦はどうするか、考案中)
005b.jpg005_201908170948256ea.jpg
string_20190817085638c8b.jpg

ダブル弦同士の間隔をちょうど良くするのが微妙で弾き手によっても変ってくる、押弦をする左手側のナットでは開き過ぎると押えにくいが、狭すぎてもいけない(ナットの溝入れには何度も失敗した;)、右手側ブリッジは製作時の弦穴設定で変更できないが、どうも接近しすぎで弦がぶつかりやすい場合、少しくらいなら何とかなる、細ヤスリで0.5mm弱程度なら横に拡げても問題ない、
13c00_2017013.jpg
yasuri 02
このジャーマンテオルボは5~7コースを各々拡げた、ここは頻繁に押弦するが、バス音として開放もよく弾くコースで支障なく鳴らしたい。
gt sp

ナット、糸巻き側としては、弦がナット上を滑りやすく、さらにペグに至るまで弦の道筋が滑らかになるよう各部を調整する、どこかでギリギリ音が出れば調弦もし辛い;
近年出た、ローデドNYLGUTという低音用の弦は軟質で、ナットにへばり付いて滑りにくい、写真のようにナットからペグまでを伸縮性のないアラミド繊維の糸で繋ぎ、この弦のナットに接するあたりに固形石鹸を塗った、これで調弦は快調v
20170714.jpg
201707142b.jpg

また低音弦に一部フロロカーボン弦の太いのを使っているが、ブリッジへの巻き付けが大変である、巻き付ける部分だけカッターナイフの背で削って細くすると巻きやすくなるv
pvf_20190817084530875.jpg
bridge 11c

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: Lute

tb: 0   cm: 0

ムジカ・アンティクヮ・ケルンのテレマン  

バロック後期のJ.S.バッハ、G.F.ヘンデル、C.グラウプナーは作品数は膨大で三者とも晩年近くには失明している、夜も蝋燭の灯りで多くの仕事などして眼に負担をかけたのだろうか、
一方G.F.テレマンも晩年、視力は悪化したが、86歳で亡くなるまで作曲は続けられたそうだ、 
telemann_201908161028550f3.jpg
Georg Philipp Telemann(1681-1767)
作曲に時間をかけるようになった後世の作曲家と単純比較はできないが、テレマンの作品数はギネス記録だそうだ、そんな膨大な曲、こっちは聴くだけで残りの人生足りない;
前にも書いたとおり、テレマンは民族音楽の趣向を取り入れた曲が多く、飽きさせない魅力がある、それを活き活きと聴かせた最初の古楽グループがラインハルト・ゲーベル率いるムジカ・アンティクヮ・ケルン(MAK)で、テレマンとの相性は抜群、E.ゼフィロなど最新の演奏を聴いても、まったく引けを取らない、
アナログ時代最後、1979年のLPから、
mak tele lp 03
mak tele lp 01
まずはリコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバ、弦と通奏低音のための協奏曲A-moll TWV52:a1、これがその民族音楽風の典型、各楽器の生々しい響きがより集中させる、
twv 52 al
スコア:第2楽章
ソロのリコーダーとガンバの機敏な掛合い、並行が引き付ける、
mak tele you 01
you tube:Telemann - Concerto for Recorder (Flute), Viola da gamba in a minor, TWV 52:a1 (Reinhard Goebel)
PS.この曲は通奏低音にギターを入れても良さそう・・と思ったらそういう動画が^^
tele twv52 e1 you 02
you tube:Concerto in A Minor, TWV 52 a1, G. P. Telemann
同アルバムには興味深いところで、4つのvnのみで演奏する協奏曲D-durとC-durが2曲入っている、(通奏低音の付いた楽譜もある)
mak tele you 02
you tube:Telemann - Concerto for 4 Violins in D Major TWV40:202
you tube:G. Ph. Telemann Concerto in C Major for 4 Violins Without Continuo

最後に管弦楽組曲で「ハンブルクの潮の満干」(水上の音楽)、こちらはデジタル時代に入った録音、CDも取り寄せたが、なぜか針で拾った音がシャキっと新鮮に聞こえる^^
mak tele lp 02
フランス風序曲のグラーヴェは付点リズムを強調するのが演奏習慣だが、ゲーベルはそれを避け、ゆったり繰り広げる、このグラーヴェは描写的でもあり、長く奏でるobは広大な水平線、あるいは海風、弦楽とバスは打ち寄せる波をイメージさせる、そしてフーガ形式のアレグロに入った快活さは他に例をみないほど、
序曲ほか抜粋で6.「戯れるトリトン」7.「猛り狂うアイオロス」を挙げる、
mak tele you 03
you tube:Telemann: Overture In C Major: "Hamburger Ebb' und Flut" -
Ouverture (Grave - Allegro)
Der Schertzende Tritonus
Der sturmende Aeolus
テレマンもハイドンと同様、その魅力は演奏で大きく左右される、

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: G.P.テレマン

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック