Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

また、ハビタブル惑星発見  

またしても、ハビタブル域にある系外惑星発見の情報あり、今度はヨーロッパ南天天文台(ESO)からの発表です。
eso1712a.jpg
eso1712b 02
ESO
くじら座約40光年にある、赤色惑星「LHS 1140」を周るスーパーアースLHS 1140bが見つかり、直径が地球の1.43倍、ただし質量は6.65倍とのことで、今のところ高密度で鉄の大きな核をもった岩石惑星と考えられている。
001b_201704231042525ed.jpg
惑星の質量は中心星からの距離と公転周期でわかる。中心星からの距離は太陽から地球までの距離の8%、約25日で公転している。また中心の赤色惑星LHS 1140はフレア活動が活発ではないそうで、X線、紫外線など強力な放射線の影響も少ないと見られる、これは好条件かも。
eso1712c.jpg
ESO
米・ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの国際研究チーム、Jason Dittmann氏によれば、「太陽系外生命の兆候を探すうえでのベストターゲットになるかもしれない」とのこと。2月にNASAの"重大発表"で報告された「TRAPPIST-1」の惑星系とともに距離が近いこともあり、近くHSTでも詳しく観測される予定だ。
trappist01_201704231045249a3.jpg
TRAPPIST-1の惑星想像図
*過去記事:「TRAPPIST-1」に7つの地球サイズ惑星発見

ところで、LHS 1140bの重力は地球の3倍以上と見られているが、こうしたスーパーアースでの生命の可能性はどうなのだろう、
潮汐ロック状態か、
大気や水があるとしてその層の厚さ(気圧、水圧)、
惑星内部のマントル対流や火山活動は激しいのか、
陸地があるとしてその環境は、

知りたい要素は多々ある、地球よりちょっと大きいだけで、まったく別世界かもしれない、いずれ打ち上げ予定のJWSTをもってしても、そう簡単に生命の兆候まで見出せるだろうか?

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 宇宙・天体

tb: 1   cm: 2

T.ファイ:ハイドン 交響曲No.102  

ハイドンの最高傑作と評されることも多い102番はいろいろ集め、お気に入りもあるが、今日はT.ファイの演奏を再聴する。
PS.ハイドン探求 三次科学技術教育協会にもちょうど掲載されたところ。

第二期ロンドン交響曲はさすがに19世紀的構えを持ってくる、ベートーヴェン時代に入ると作品は大規模になり、退屈な駄作も生まれやすいが、ハイドンは無駄のない凝縮された管弦楽曲として聴かせるところが良い、102番は緻密な構築でハイドンならではの魅力も全開。
feu hay 102
トーマス・ファイ 指揮
ハイデルベルク交響楽団
2012年  Hänssler Classic


交響曲No.102 変ロ長調
第一楽章 Largoの序奏はじっくり、スコアのスタカート記号も涼やかに通す、主部Vivaceは速めで活気に溢れる、vn1が弾く第一主題に基づくパッセージを[57]からvn2が引き継ぎ、vn1は第二主題に属すパートを弾く---
sc01_20170422094255442.jpg
---vn1、2が左右に分かれた配置で立体感がよく聴きとれる、
[80]からファイはrit.して[92]のffをフェルマータする---
sc02a.jpg
---このffをどぎつい響きにせず、量感を持たせるのが良い。テンポも効果的に変化させるが、提示部の反復は幾分速めに始め、活気を増す。展開部では[155]のfからぐっとテンポを上げるのが的を得たように効果的だ、続く[161]からの対位法が緻密に畳み込む---
sc03b_20170422095735fdd.jpg
---vaだけが異なる動きを重ねている。
再現部~終結にかけては、これまでのハイライト・シーンのように圧縮され、[243~]など、さらに雄大に発展するようで素晴らしい。
sc05b_2017042213521832a.jpg
第二楽章 Adagio 滑らかなvn群とvcのソロに始まる、モダン楽器によるピリオド奏法というのは第三の魅力かもしれない、この緩抒楽章でもそれを感じる、[9]からは少しテンポを上げ、場面が変わった気分をだす、ミュート付きtrp、timpが穏やかな楽章のダイナミズムを受け持つ、ほぼスコアに従った清涼な演奏だ。
メヌエット まさにAllegroのテンポでビシバシ行き、活気に溢れる、新時代の斬新さを聴かせる、ファイはルバート、フェルマータを上手く用い、その対比が活気を高める。[50、52]ffの力感も痛快に効く、
sc04_20170422094740071.jpg
穏やかなトリオはゆっくりとなり、ob、fagが装飾を楽しませる。
終楽章 Presto 演奏時間4:23と快速だが、きっちりと決まったアンサンブルが心地よい、総奏の響きもパンチが効くが、大編成の重たい響きとは違う、終結は一段と急速に締める。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 2

よく効いたお薬Ⅱ  

また日常のしょうもない話です;m

まず7、8年前ですが、家で大きなゴキ君を見かけ、さっそくこれを置いたところ、すぐ居なくなりました、評判どおり効果抜群v 
black cap
ブラックキャップ(アース製薬)
屋外に面する扉はすべて隙間なく閉まるようになっていますが、開けっぱなしのスキか、荷物に紛れて入ってきたんですね、この製品の効果は6カ月とのこと、一度も替えていませんが、ゴキ君は見かけません、その後は侵入されていないのかと思います。

次にだいぶ前ですが、イエダニに何度か刺されたって書きました、一晩で腕と脚5か所のときもありました;
iedani e
局所的に赤くなってひどくかゆい、治るのに日にちがかかります;あまり強い駆除剤は使いたくないので、「ダニよけハーブ」というのを寝床周りに散布してみた、
daniyoke01.jpg
ダニよけハーブ(キンチョウ)
そういえばあれから一度も刺されなくなった、十分効果ありのようです^^
メーカー説明:「ダニが嫌がるシナモン由来成分、酢酸シンナミル配合、香りの作用でダニも寄せ付けません、殺虫成分は使用していません。」人体にも問題なさそうv

最後は皮膚薬、年中、体のどこかがカサカサしてかゆくなり、うっかり掻くと炎症をおこしてまたかゆくなり悪循環です、そのうち皮膚がガサガサに荒れます;皮膚科でも出される、この軟膏などいいですね、
flcort f2
フルコートf(田辺三菱製薬)
ステロイド主成分で炎症を押え、かゆみの元を治すようです、ベタつくのでバターナイフで塗ってます^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

惑星系のでき方  

ケプラー宇宙望遠鏡はじめ、様々な観測で太陽系以外にも無数の惑星系が確認され、HSTやアルマ望遠鏡でも、原始惑星系の姿を直接捉えている。m
HL_Tau.jpg
おうし座HL星(アルマ望遠鏡)
こうした惑星系はどのように作られるのか、まだ詳細には解明されていない。

星雲の中で、密度の高い部分では収縮し始める、ランダムな動きで集まったガスや塵は1つの角運動に均され、回転が起きる、中心の密度が高まり原始星が生まれる、原始星の周りに残された物質が回転し、降着円盤ができる、しかしこのままでは円盤物質もやがて重力で中心星に呑み込まれ、また一部は恒星風で外界へ飛ばされ、周囲には何も残らないことになる。
001c_20170420111549726.jpg
ある程度質量を持った塊にならないと、中心星を周る天体にはなれない。円盤に含まれる固体の塵がくっ付きあって微惑星が作られ、これが種となって原始惑星へと成長するとされるが、そう簡単ではなさそうだ、
001b_20170420013156daa.jpg
岩石タイプに絞って考えると、始めに微粒子である塵同士がどのようにくっ付くのか?まず分子サイズであれば静電作用でくっ付く、しかし砂粒サイズになると、くっ付く術がない(*氷同士ならくっ付きやすい)、一つの説が、円盤の中で乱流が起き、部分的に大きな塵の集まりができて、それが重力で塊となり、微惑星が作られ、さらに合体して原始惑星となる、
Fig3.jpg
想像図:理化学研究所
やがて原始惑星同士が衝突、現在の惑星までになった、ということだ。なお、円盤ガスが残っているうちはその抵抗が惑星の公転速度を落とし、中心星へ落下していく、やがて円盤ガスが消滅して、落下を免れた惑星だけが残るらしい。

ところで、4月19日夜、地球に小惑星2014 JO25が最接近する(おおぐま座を横切る方向)と報じられたが、大きさは直径650m、地球から約180万km(地球から月までの約4.6倍)を通るので何事もなかった。事前に70mアンテナでレーダー観測した動画がある、
2014 JO25
動画:NASA Radar Images of Asteroid 2014 JO25
チュリモフ・ゲラシメンコ彗星に似て、2つの小惑星がくっ付きあったような形で自転している、密度は雪を丸めたようなスカスカ状態かもしれないが?これも太陽系の惑星が形成される過程の一つを残しているのかもしれない。

PS.系外惑星には中心星のすぐ近くを木星のような巨大惑星が周る例が多いようだが、太陽系はうまく出来ていて、内側を地球など岩石惑星が周り、外縁からやってくる危険な彗星を木星や土星が強い重力で引き寄せ、内惑星への到達を減らしている、こういう軌道配置になったのは紆余曲折の末と考えられている。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 宇宙・天体

tb: 1   cm: 0

嫁がせた楽器達  

PCに残った過去の楽器写真を見ると懐かしくなります。m
いずれも気に入って購入したものですが、体一つでは使いこなせず、迷った末嫁がせました、これも一部ですが;;
kodaira g
① Kodaira ラミレス・モデル(杉材)
isii 19c
② S.Isii ラコート・モデル
7c d l
③ D.Larson 7c Lute ヴェネーレ・モデル
ma 11c
④ J.Matuo 11c Lute (S.ムートンの絵画に基づく復元)
19c m
⑤ K.Tanaka ミルクール・タイプ  

①のクラギ以外、特に②、④、⑤は、今持っていればまた弾いてみたい楽器です^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

甘茶 vs アマチャヅル茶  

また、しょうもない話です^^
これまで区別を知らなかった、甘茶とアマチャヅル茶の飲み比べです。

まず、甘茶はアマチャという品種があるらしいですが、要は紫陽花の葉っぱです、ガクアジサイやヤマアジサイのことをアマチャとも呼ぶようで、葉を蒸して揉んで乾燥させたもの、
gakuajisai.jpgamacha02.jpg
小匙一杯ほど急須に入れ熱湯を注げばいいです、はじめ白湯のような口当たりで、すぐにじわっと苦味と甘味が拡がります、甘味は十分あるが、糖類とは違い、口の中全体で感じるような不思議な甘味です。
amacha01.jpgamacha03.jpg
アジサイ科で、甘味成分はフィロズルチンとイソフィロズルチンだそうで、苦味のタンニンは含むがカフェインは含まない、抗アレルギー作用があるという。

次はアマチャヅル茶、こちらも淹れかたは甘茶と同じ要領、
amatyazuru.jpgamachazuru04.jpg
口に入れるとまず緑茶のような苦味を感じ、遅れてほんのり甘い錯覚?のような味に転じ、これも不思議^^甘さは甘茶ほど強くはなく、こちらのほうが"お茶感覚"に近いです。
amachazuru02.jpgamachazuru03.jpg
アマチャヅルはウリ科で、タンニンの一種、サポニンを多く含んでいて、カフェインは含まず、コレステロール値を下げ、血管拡張作用、鎮静効果があるとのこと。

まあ効能はともかく、味です^^どちらもカロリーゼロで、意外に薬草っぽくなく、親しめる味、夏は冷やしても良いです。甘い飲み物がほしいときは甘茶、お茶に近いのがほしいときはアマチャヅルです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

O.ダントーネ:ハイドン 交響曲No.80  

先日のO.ダントーネ盤の続き、今日はNo.80について、短調作品だが、先日のNo.78とはまたスタイルの異なった作品に思える。
dan hay sym
オッタヴィオ・ダントーネ 指揮
アカデミア・ビザンチナ
2015年 DECCA


交響曲No.80ニ短調
第一楽章 Allegro soiritoso ニ短調の第一主題はバスに明確に現れる、
sc01b_201704171033296fc.jpg
vn、vaのトレモロが重なり緊迫感があるが、そのままには行かないユーモアが仕込まれる、提示部の最後、[57~64]にのみ現れるヘ長調の第二主題はワルツ風、平和でじつにおっとり、
sc02b_20170417103347a41.jpg
ダントーネは第二主題の入りにルバートをかけ、より表情を出す。展開部の頭は[65,66]と2小節、全休符があり、予想に反してまた第二主題が始まる、[118,119]の休符のあとも同様、[128]からは第一主題が威勢よく進み、「146]のフェルマータで一区切り、また第二主題が出そうな予感だが、第一主題が続く・・ 間を置き、次はどっちの主題が出るか聴き手の予測をみな覆すような進め方だ、展開部以後は第二主題に主座を奪われた感がある。楽章の後半に反復記号はないようだ、確かに一度が効果的。ダントーネは張り詰めたスタッカートの力感の間に柔軟なレガート、強弱法を聴かせ、ユーモアも十分心得た耳心地の良さだ。
第二楽章 Adagio 気品ある主題のソナタ形式、これも「十字架上の七つの言葉」まさにその時期を思わせる緩抒楽章、多彩な変化を聴かせ緊迫した場面も見せる、[24]から続けて(p)で奏でるflは芳香漂うような効果、当演奏のflトラヴェルソは一際心地よい。
sc03b_201704171034061c3.jpg
メヌエット ニ短調の淡々としたメヌエット、トリオは交響曲No.26にも登場したグレゴリオ聖歌風の主題で印象づける。
終楽章 Presto この楽章もユーモアだ、2拍子でアウフタクトから繋がるシンコペーションであることを知らないと、引用譜の"紫線"のように拍節を勘違いしてしまう;
sc04c.jpg
正しくは"オレンジ線"だが、一度頭に残るとテンポが速いせいかスコアを見ても、間違い癖が取れない、vn2のパートもクセモノだ;
sc05b_20170417105338fb3.jpg
[110]からの管パートもパターンが変わり紛らわしい、聴衆の戸惑いにほくそ笑むハイドンが浮かんでくる作品、ダントーネは快速、緻密に共謀する^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

やる気が出ないとき  

とにかく楽器を弾くのが楽しくて、やる気が出ない日なんてない!
という方は良いのですが^^

べつに体が疲れていなくても、何だかやる気が出てこず、
「練習しなきゃ」と考えるだけで憂鬱になったりします;

11c_20170416101756f9a.jpg

そんなとき、
・まずは楽器ケースと楽譜を用意する、
・調弦だけきちんと合わせる、

・和音をちょっと鳴らしてみる、
・軽く曲を弾いてみる、

(思いのほか良く感じたら)
・もうちょっと弾いてみる

・のってきたら、さらに弾く
・いつの間にか楽しくなっているv

進める段階まで行って終りにします^^;
きれいに和音が鳴るというのも、やる気の第一歩です。

tab weiss

数日、まったく楽器から離れるのも良いかも、頭が煮詰まって、今やってる事が良いのか悪いのか、感覚が麻痺状態になるので、クールダウンすると客観的にわかることがあります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

「地球外生命発見」:そう甘くない; ≪追記あり≫  

14日未明のNASAの発表だが、思った通り、目新しいものは何もなかった、
予告が大袈裟すぎる;
002_20170415021904d6d.jpg
エンケラドゥス NASA JPL
土星探査機「カッシーニ」がエンケラドゥスの噴水中に水素分子が豊富にあるのを確認した、くらいか;原始的な古細菌の食糧としてH2は必要であり、海底熱水噴出孔の存在も示すらしい、これで生命存在の可能性が(若干)高まったとのことだ。
nasa esa
動画:NASA Ingredients for Life at Saturn’s Moon Enceladus
なお海底に熱水噴出がある可能性は2015年の時点で、東京大の関根康人准教授らが当時のカッシーニの探査データからすでに予測しており【鉱物の粒子、ナノシリカが検出された】、TV番組でも紹介された。

地球での生命誕生の場所が海底熱水噴出孔付近だったと仮定すれば、エンケラドゥスやエウロパにもあり得るかも知れない。地球の海底熱水噴出孔周りの生態系を見ると、まず生態系の底辺として水素、硫黄などを餌とする太古の嫌気性(酸素呼吸しない)細菌が多いようだ、
kosaikin.jpg
古細菌
しかし地球の場合、貝類、チューブワーム、エビやカニ、魚類など賑やかな生態系を成す進化した生物達もいる、今は深海の低酸素状態に適応しているが、元々は太陽光の届く浅い海で、光合成生態系に属していた酸素呼吸の生物だ。
001_20170415020620be8.jpg
エンケラドゥスにもし居るとしても低エネルギーで生きる嫌気性の古細菌レベルまでかもしれない(それでも見つかれば史上最大の発見だが)、地球の生命の多くは酸素呼吸で活動的になり、生存のために自然淘汰や進化が促進されたと思うが、氷の下の暗い海だけでは進化を促す要素がないかもしれない?酸素呼吸以外にも高い活動エネルギーを得る手段があれば別だが。

追記:NASAが10年以内に地球外生命の確実な証拠を見つけられるか?もし賭けをするなら、
見つからないほうに賭けます^^;
生物が棲めそうな環境だけは探し続けているが、そこにどのように発生するのか、生物学的な考えが見えてこない;

関連過去記事:
エウロパとエンケラドゥス
天体と生命Ⅱ
天体と生命
潮の満干
熱水噴出孔

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 4

散歩写真(4/13)  

昨日はカメラを持って、テキトーに写して歩きました。
001_20170414104055656.jpg
002_20170414104110693.jpg
001b_20170414114927b5e.jpg
当地はコバノミツバツツジが自生する場所が多いです。
003_201704141041260f9.jpg
004_20170414104141d93.jpg
005_20170414104155673.jpg
006_20170414104208f17.jpg
007_20170414104226ad4.jpg
ヤマザクラなど、まだ見ごろでした。
003b_20170414114956926.jpg
008_20170414104244cb5.jpg
009.jpg
散歩しながら、ネコさんに遭遇したいけど、昨日も出会えず;

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 写真・散策

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧