FC2ブログ

Micha: Classic音楽・Lute・宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

タルティーニ 「悪魔のトリル」  

人間には好奇心の一つ、怖い物見たさというか不思議なものへの憧れの心理がある。
夢の中に恐ろしいほど魅力な何かが現われたとしても、目覚めてから具現的に思い出すことはできない、夢そのものがおぼろげで無秩序なせいだろう、
絵や音楽に表すには夢のイメージに近い再創作になりそうだ。 
20161025 0
オカルティックでゾクっとくるほど魅力な音楽を楽しみたければこれだ、
バロック期イタリアのヴァイオリン名手ジョゼッペ・タルティーニのヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」、
タルティーニの夢に現われた悪魔がvnで人間業を超えた凄い曲を演奏した、目覚めてから書き取ろうとしたが、夢で聴いたインスピレーションには遠く及ばなかったという逸話がある、
なお"悪魔のトリル"と言われるのは、第3楽章に現われる重音奏法で動く下の声部と同時に上声部がトリルを行う難度が悪魔的技巧であるためらしい、
sc02_20161025b.jpg

まずバロックvn奏者、アンドルー・マンゼの演奏、
20161025a.jpg
Andrew Manze, violin
harmonia mundi usa 1997年

you tube:Giuseppe Tartini - The Devil's Sonata in G Minor by Andrew Manze
こちらは通奏低音なしの無伴奏vnの演奏だが、まさに夢に現われた悪魔になりきったかのようで、第一楽章は密やかに弱奏で入り、怪しの世界から聴こえ始めるようだ、暗闇の奥で一匹の悪魔が弾くヴァイオリンがイメージできる。
ソロ演奏だけに表現は縦横無尽、悪魔ならここまでやりそうだ、終楽章は特に凄い、ポルタメントの表現が絶妙で、装飾も悪魔の戯れのようだ。

もう1つは通奏低音の入ったパラディアンズの演奏、
20161025b.jpg
The Palladians
Rodolfo Richter, violin (Andrea Guarneri - Cremona 1674)
Susanne Heinrich, viola da gamba
Silas Standage , harpsichord
William Carter, archlute
LINN 2006年

you tube:Giuseppe Tartini - Sonata in g minor, Op.1 No.4, THE DEVIL'S TRILL,- Palladians
vnソロのR.リヒターはグァルネリのオリジナル楽器を使っているそうだ、変幻自在な強弱、じわっと粘るポルタメント、半音パッセージの装飾、魔性の表情を存分に聴かせる。通奏低音も大いに加担している、チェロではなくガンバなのも雰囲気が合う。
第一楽章はシチリアーノのリズム、終り近くでW.カーターはアーチluteでこの悪魔的な和声を掻き鳴らし、強烈な印象、
sc01_20161025a.jpg
第二楽章、vnソロは悪魔的すばしこさ、バスラインをガンバ、チェンバロ、アーチluteの3人が重ねて強調する、
第三楽章、導入のアンダンテはvnとアーチluteのみで弾くのが効果的、vnソロのテクニックは最後まで圧巻。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 2

私の楽器について  

ブログタイトルにある"リュート"について、紹介する記事を長く書いていないので、久しぶりに少し取り上げます。
 
リュートは中世、ルネサンス期からバロック中期まで栄えた楽器で、バロック後期では一部の名人奏者兼作曲家が弾く楽器へとなっていった。
一旦歴史が途絶え、20世紀中頃、演奏家の研究で復興した。
6c lute 2
ルネサンスlute(6コース):調弦は高い方から G,D,A,F,C,G

大バッハもバロック期のリュートに興味を持ち、この楽器をイメージした曲でおそらくリュート風の音をだす鍵盤のための曲を書いている、現代のリュート奏者はそれらを編曲して弾いている。(BWV996、997、998あたり真作ではない可能性も?)
13c lute
バロックlute(13コース)
リュートの弦、1本当りのテンションはギターの1/3ほどで平均2.8kgくらい、楽器重量は軽く、細く緩い弦を張り、弾弦もそれに応じた力の入れ方になる。
左手は指板に垂直に指を下ろすので爪は完全に切る必要がある、人差し指を寝かせて数本押えるセーハもある、ここはギターと同じ、
yubi01f.jpgyubi03_20190319000204185.jpg
右手も全部、爪が掛からないよう念入りに切って、指の頭で弾く、
migite02_201903171102066eb.jpg
クラシックギターでは通常爪を掛けて弾くのが違うところ。
チェンバロは誰が弾いても同じ音だが、リュートは一人一人、指の性質や弾き方で同じ楽器でも音が変わる。弦はギターと同じナイロン弦や、昔ながらのガット弦、近年開発された合成素材の弦など材質の選択肢があり音の出方も変わる、趣向に応じて使い分ける。
11c lute
11コースlute:弦はナイルガット、フロロカーボン、ローデドナイルガットの3種
バロックリュートをメインにやっているが、その調弦法は下の譜例のとおり、
sc01.png
①~⑥コースまで、f,d,a,F,D,Aでニ短調調弦と呼ばれる、⑥コース以下は音階で下がっていき、演奏する調により調弦を変える(ヘ長調なら、⑫コースBを♭にする)。
この調弦法の特徴から、下の譜例のように旋律が音階的であっても、弦はアルベッジョ的な運指をとり、音を重ねてレガートな効果を付ける。
sc02_20190317110212ebb.jpg
ナイジェル・ノースによる解説
N North you
you tube:Lute 101 with Nigel North
また、印刷出版されている楽譜は殆どないので、当時の筆写譜(タブラチュア)の写しを取り寄せて使うことが多い。
sc03_2019031711594472f.jpg
*ほぼ一年さぼって、毎日弾く音階練習の運指も忘れてしまったことがあり、憶えているかな・・と昨日弾いてみたところ、手が憶えててくれた^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: Lute

tb: 0   cm: 4

W.サヴァリッシュ:Schumann Sym No.4 (LP)   

うちのシステムで、まだアナログ盤再生をやっていなかった頃の写真、機器は必要最小限の軽量ローコスト品だけで、ごちゃごちゃないのはスッキリする、 
My audio
ラックの下にある箱はSPのネットワーク回路で、ここからトゥイーターとウーファーに繋いでいた、アナログプレーヤーを置いて以来、雑然としてきた;
さて、シュアーのMMカートリッジM75EDで、次はEMI盤のサヴァリッシュ指揮、SKDのLP、シューマン Sym No.4を聴いた、
M75ED_20190313093450835_2019031610273745b.jpg
演奏時間約27分はLPの片面ぎりぎりのところだが、M75EDが不足ないほどに量感を補ってくれる、低音は深くゆったり、ブラスに厚い豪快さが出る、丸針のはずだがトレース性は良いようで、最後のほうも聴き辛いほどビリビリしない。
sawa sch sym4 lp 2
sawa sch sym4 lp
ウォルフガング・サヴァリッシュ:指揮
シュターツカペレ・ドレスデン 1972年録音 EMI

Sym No.4ニ短調の特徴は一応ソナタ形式だが、第一楽章主部に再現部がなく、展開部はほぼ繰り返す形をとり、盛大な終結部に移るという書法で、スコアの第一楽章分はかなり長い。
*全楽章休まず続けられるが、参考にしたスコアは通しの小節番号になっており、全部で879小節、そのうち第1楽章が358小節を占める。
この名主題の動機が全楽章の基本因子となって引き付ける、
sc02_201609111301461b8_20190316102746c8e.jpg
この効果と会わせシューマンのSymのcresc.はじつに引き付ける。
ザヴァリッシュは第一楽章、序奏の第一打からドシっと緊迫感をだす、主部は快速なテンポで、キビキビと入りが心地よい、[39]ffに向けてぐーっと白熱するのがたまらなくいい、
sc01 32
弦がトレモロを奏でるところ、ピシっと粒立つ、壮年期のザヴァリッシュらしい印象だ、
第二楽章ロマンツェは悲歌的な主題に始まり、すぐに序奏部が再現される、続いてvnソロの入るテーマはロマンツェらしい、休まずに第三楽章スケルツォに入るが、サヴァリッシュは意外なほど力感を込め、踏み込みが強い、
sc03_20160911130322386_201903161027479e0.jpg
拍の頭を打つ木管、細かく動く弦、ともにスタッカートぎみに切り立てる、穏やかなトリオは第2楽章のvnソロのテーマが使われ、最後にも現れ、終楽章に繋ぐ、
終楽章の導入部はニ短調で、弱奏であの名主題が現れる、じわじわと重力で引き付けるように主部へ入る、ニ長調となり、快活でエネルギッシュ、第一楽章同様、サヴァリッシュはきりっと引き締め、爽快に閉じる。
sawa sch s4 you
you tube:SCHUMANN - Symphony no. 4 (SAWALLISCH, conducted)

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: シューマン

tb: 0   cm: 0

燕:今年は・・?  

まだ寒い日もあり、燕の話は早いが、今年は早くそんな時期を迎えたい;
2階の軒下は燕の巣作りに格好の場所、昨年初夏には換気口の鳥避けが落ちてしまい、気が付いたらもう7割がた巣が出来ていた、(昨年の写真より) 
tubame03_20190315105151516.jpg
この時点で除去するのもしのびないので受け入れた、5羽生まれ、みな順調に育った。
2018 tubame 01
孵化して間もない頃、夜は親が暖めている
tubame 05
せっせと餌をやり、
2018 tubame 03
だいぶ大きくなった
2018 tubame 02
羽も一人前で、巣立ちも間近、
2018062709.jpg
巣に戻ってはいるが、もう飛び回っている様子
2018 tubame 04
嘴が黄色い、たぶんうちで生まれた雛だろう、電線で親を呼ぶ
巣立ち後もしばらく近所で過しているようだ、ここまでは めでたし として・・

そのあと;巣のあった壁面、真下にある1階の換気口の汚れには困った、何しろ一番上は2階の軒下;ド素人の年寄りが掃除するには危ない、ダスキンに頼んだが、慣れた職人さんでも怖いという;掃除後はステンレス製の鳥避けを付けてもらった(ちょっと寂しい気もあるが)、
しかし、壁面との間にいくらかスペースが開いている、
tubameyoke_201903151135130a7.jpg
ひょっとして両脇から巣作れちゃうのでは? 具合のよい土止めになったりして、
プロが取り付けたのでこれで効果はあるのだと思うが・・様子を見てみよう^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

猫と飼い主  

さてカラスの次は猫^^ 
中学生の頃の記憶だが、当時猫を2匹飼っていた、この頃は大抵放し飼いで、庭から南隣の家の軒下を通って出て行くのがお決まりだった、あるとき、1匹が戻ってきて何かいつもと違う異様な声で、家の者を呼んでいる気がした、もう1匹はどこかと探したら、南隣の軒下で死んでいるのを見つけた、
20190314110956f38_201903141236309e8.jpg
死因は不明、殺鼠剤のような毒物を口にしたのかもしれない?
猫は飼い主に従属心はないらしいが、いつも一緒の猫が急に動かなくなった異常に困り、そんなときは飼い主を頼ってくるのかな、と思った。偶然かもしれないがすぐに見つけられたのはもう1匹の異様な声がきっかけだった。
猫も年をとると足腰が悪くなるが、よその家の話で体のどこか痛いと、飼い主に訴えて助けを求めると聞いたこともある。

過去の写真で、保健所行きの見込みだった子猫をもらい受けた、車で連れて帰る際、運転中の肩に乗っかってきて危なかった、
michalute04_209_2_20190314111637934.jpg
飼い始めてしばらく後、道路の向かいに新居を建てた、家財の運搬が大変で、やっと一息つけた頃、猫もこっちに移らせたが、すぐ居なくなる、
取り壊しを待つ古い家(戸は開けっ放し)を見に行くと、居間だったいつもの場所に座っている、やはり落ち着くのか、
20190314110957eae_2019031412430064e.jpg
わざわざ地図を書くこともないが;
当然、人間にとっても長く住んだ家には思い入れがある、忙しくてつい忘れがちだった気持ちに犬や猫があらためて気付かせてくれたりする。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

K.ベーム:Brahms Sym No.1(LP)  

カートリッジは似た傾向のものは1つ代表を残し、今は3本だけにしている、このところAT社のMCカートリッジを付けっぱなしだったが、久しぶりにシュアーのM75EDを付けてみた、 
M75ED_20190313093450835.jpg
M75ED
出力が大きく、フラットバランスの万能タイプで、全体に音が太くなる、高域は神経質じゃなく滑らかで、打楽器のパンチも出る、安価なMM型だがこれは手放せない、
幸い交換針も出続けている。
gd 6375
NAGAOKA GD 63-75
ベーム指揮、VPOのブラームス Sym No.1のLP盤にはまだ針を下ろしていなかった、
20181227.jpg
カール・ベーム指揮、ウィーン・フィルハーモニーO.
1975年 DG

最初はチリチリとカビノイズが出る、針先に白い繊維状のものが絡みつき、1回通せば大方取り除かれる、針先の掃除にはこれが一番便利、
a 116
アルジャントクリーナーのベルベット掃除用だが、ブラシが低いので針もアームを上げず掃除しやすい、

さて、M75EDで聴いた音、序奏から量感を帯びた響き、強めに弾く弦が緊迫感を出し、timpのパンチが締める、ほか演奏について細かな感想は昨年12月24日に書いたところなので省略するが、このDGの録音に相性のよい音で、CD化した音よりずっと味わいがでるようだ、
bohm br sym1 lp
低音はよく押し出し、vnはしっとり滑らか、クラリネットやオーボエの色合いも味がある、
ブラームスの交響曲は4曲とも全楽章好き嫌いなく聴ける、ベームとVPOの演奏は良い意味での標準的位置づけでDGの録音の仕立てと会わせ、信頼のブランドといった感じ、すこし間を置いてまた4枚、M75EDで聴きたくなった。
bohm br s1 you
you tube:Brahms : Symphony No. 1 in C Minor, Op. 68 / Karl Bohm & Vienna Philharmonic Orchestra 1975

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: ブラームス

tb: 0   cm: 0

カラスとは  

カラスが水飲み場の蛇口を開ける写真を旅・からすさんのブログで拝見して興味深く、いろいろ調べてみた。 
前の家に住んでいた時、巣立ち前後の幼鳥が庭を散策していた、同じ二足歩行でもニワトリとはまるで違い、身のこなしにどこか知的な印象を受けた、こんな姿勢で悠々と・・
201903121204458f7_20190313170410b03.jpg
野性での寿命は10年ほどと言われるが定かではない、飼育下では60年生きた記録があるそうで、正しければオウムに負けない長寿である。
カラスが賢いことは昔から知られ、イソップ寓話に「カラスと水差し」という話がある。
硬い木の実や貝など上空からアスファルト等に落として割って食べるのはよく聞く、車のタイヤが踏んで行くのを待つというのはその発展だろうか、観察、模倣の能力は間違いなくありそうで、段階的に思考して問題解決もできる、また鳴き声の使い分けが要約した言葉のような意味を持つらしく、それで情報が仲間に広がるという、

これは最近報道された動画でハシボソガラス、
karasu 01 you
you tube:水道の栓ひねる「天才」カラス
たぶん人がやるのを見ているのだろう、きれいな水なのもそれでわかる、水量を調節するところがポイント高い^^
ハシブトガラスもコック式蛇口なら軽くやっている、
hasibuto you
you tube:水飲みカラス・ハシブトガラス
目ざわりな空き缶をどけたのが 1ポイントv
カラスは人の顔を憶えるそうで、この動画の人には安心しきっている、自分では蛇口を開けないのだが・・
karasu 02
you tube:水が出ることを知っている天才カラス
「水浴びするからもう一度開けてほしい」というのが様子で感じられる。

知的な動物は遊び好き、滑り台で滑るカラスもいるが、これは雪の積もった屋根で何かの円盤をスノーボードにして楽しんでいる、これも人がやるのを見て憶えるのだろうか、どっち向きでも滑りやすい円盤を選んでいる、そもそも道具を使うのが高ポイントだ!
karasu 03
you tube:Crow Snowboarding Roof
上手いし^^羽をフラップにして減速できるのはカラスだけの技だ。

カラスは攻撃してきた者に報復もする、モビング(擬攻撃)の一つかもしれないが、いつも脅かして追い払う人の顔を憶えていて、同人の家や車など所有物を汚すなど嫌がらせするとか、事実ならこんなやり方、人間とカラスだけだ;
カラスの顔は判別できないので犯人を特定しづらい; 一方、ゴミ出しのマナーが悪いと注意された人間が注意した人の家に(早起きして)ゴミを置く嫌がらせの話があるが、誰がやったかすぐ見当がつく、カラスに劣る^^;

PS. ネコにイタズラして面白がる?
crow cat
you tube:Ворона унижает кота.AVI
ネコも案外、付き合っている節がある、 

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

K.ベーム:Beethoven Sym No.3 「英雄」 (1961)  

たしか最初に買ったベートーヴェン「エロイカ」のLPはベーム盤だった、はじめはこんなDGらしいジャケットだった、 
bohm be sym 3
第1楽章から気が引き締められるような演奏がすっかり気に入り、クラシック鑑賞にのめり込んでいった頃を思い出す。
今は兼価盤で出たのが手元にあるが、久しぶりに聴くとやはり満足する、
bohm be sym3
カール・ベーム指揮、ベルリン・フィルハーモニーO
1961年 DG

緻密な設計図どおり、寸分の狂いなく仕上げたようで、誇張もなく、誰が聴いても違和感ないであろう純化したような演奏に思える。
録音は最新録音のような鮮明さないが、飽きの来ない音で耳疲れしない、パートバランスが良く詳細に聴ける、手を抜かない職人技みたいな仕上がり。
bohm be sym 3 lp
第1楽章に出てくるこの部分、
20180227.jpg
スタカートとスラーの構成がエッジを立てるほどでもなく、ぴしっと整っているのが心地よい、終結部のtrpは赤で書いた変更版を用いている、
sc01 658
グレーで消したほうがオリジナルと思われる、
第二楽章も淡々とした構え、じわじわ時間をかけた効果で、フーガの素晴らしさが引き込む。
スケルツォが快活で、小刻みな音が粒立ちよく整い心地よい、トリオのhornも見事。
終楽章は変奏形式、ブラームスのSym No.4の終楽章ほどではないがパッサカリアの要素もあるようだ、変奏はドラマティックに組まれ、第二楽章と同じく対位法で書かれたところが聴き応えとなる。
k bohm be sym 3 you
Karl Böhm - Beethoven - Symphony No. 3 (1961)
絶対音感はなくても、つい今し方聴いた音程は頭で覚えている、このyou tubeはLPから起こしてあるようだが、ピッチは正確、

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

キツネの犬化  

犬は15000年以上前の遺跡から骨が見つかっており、野性のオオカミから人と共存する性質のものへと分化した亜種という見方が有力だが、独立種とする考えもある、DNAはオオカミと殆どかわらない、15000年というのも種の進化の時間としては短かすぎるかもしれないが、生き方に対応した遺伝形質が引き継がれるという実例でもある。 
ゴールデンリトリバーなど耳は垂れ、攻撃性がなくなり、元オオカミには見えない、
golden-retriever02.jpg
ジャーマン・シェパードは外見こそオオカミに近いが、盲導犬ができるほど教育可能らしい。
犬は植物性の食物も消化する能力を得て、人間と食物を同じにできる身体になっている。
昔飼っていたスピッツは芋をよく食べたのを憶えている^^

TV番組をちらっと見たら、何世代にも渡って人に飼われているキツネは犬と変わらず、調教もできるようで、種が近いのがわかる、尻尾を振るところ、まったく犬である、
fox you
you tube:Tame Silver Fox
動物の性格にも個体差があり、警戒心の少ない者同士交配させて、何世代も経つとメンデルの法則で人に懐きやすい性質が優性になるらしい、亜種への変化を短期間にやったことに?
世代が経つと毛色や眼の色が変わったのが出てくる、新世代のキツネはアドレナリンの分泌が非常に低くなり、生化学的に関連のあるメラニンに変化が起きて体色が変わると考えられている。犬や猫の先祖(オオカミ、リビアヤマネコ)には無かった体色が現われてきたのと同じだろうか、蔵王きつね村にも野性にはない体色のが居る、
zaou foxzao fox 2
you tube:蔵王きつね村

PS. ネコの性格は自己を持ち、人に従属するのではなく対等な存在と思っている、
African-wildcat-stretching1.jpg
リビアヤマネコ
ieneko02_20190310134445434.jpg
イエネコ
よって、いつでも野性に戻れる能力を維持している・・といわれる;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

21世紀のLP盤:続  

良い音の出るレコードは溝が反射する光沢もメリハリがある、音量の小さい所は詰め、無駄のない溝のスペーシングを見ると限られた盤面に充実した音が収まっている・・グラモフォンのLPレコードなどそんな印象があったが、盤面を眺めるだけで、精度の高い技術の美を感じたりする・・って変かな^^;
 
さて、先日の新譜LP盤、やっと針を下ろした、
20190305.jpg
ハイドンのSym No.80、81はLP1の片面ずつに収めるのにちょうど良い時間だ、
CD時代に復活したJ.M.クラウスの曲がLP盤に刻まれたのはこれがおそらく初めてだろう、
LP2のA面にクラウスのSym C minor VB142が入る、
g a haydn lp
楽章間のトラックの隙間はなく連続している
ハイドンがSym No.80、81を書く少し前にクラウスから献呈された曲で、関連する作品として挙げられている、
you tube:Kraus Symphony VB 142 | Giovanni Antonini | Kammerorchester Basel (Haydn2032 live)
第1楽章序奏の内容の深さ、この曲が書かれた時点でハイドンはまだ交響曲にこれほどの序奏は付けていなかったのではないか、バーゼル室内Oの清々しいサウンドがLP盤から出てくる。
LP2のB面に入っているのはハイドンのSym No.19、
g a hay s19 you
you tube:Haydn Symphony No. 19 | Giovanni Antonini | Kammerorchester Basel (Haydn2032 live)
初期のスタイルで3つの楽章からなる、ちょうどハイドンがこの時会ったクラウスくらいの年齢で書いた曲になる、第2楽章が味わい深い。
2032年完成を目指して、毎回ハイドンの作品と関わりのある作曲家を取り上げているのが興味深く、単なる全集とは違う楽しみを加えている。

録音は高水準な仕上がり、マスター音源が良いことが前提だが、カッティングの技にも掛かっているし、聴き手側でも良好な音が聴ける準備をする、こうした一手間介入するところにCDやメモリーにはない楽しみがある。
アナログ盤技術は'70年代後半にはこれ以上進歩しようがないほど完成しているようで、とくに新時代らしい音、という印象ではない。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック