Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

フォーマルハウトの塵リング  

可視光で初めて撮影された系外惑星、あるいは事前に存在が予測されて発見されたのは"海王星"以来だと話題になったことのある、フォーマルハウトb(みなみのうお座、25光年)は2004年と2006年、HSTが掃天観測用高性能カメラを用いて捉えた・・はずだったが?m
Fomalhaut planet_b
フォーマルハウトb(HST撮影)
その後、再観測されておらず、存在は疑問視されている、惑星に見えたのは小天体の衝突で生じた「塵の雲」だったのでは、との見方もある。それ以後もフォーマルハウトbの正体は確認できていないようだ。

中心星のフォーマルハウトは大きさが太陽の1.84倍、年齢が約4億歳で非常に若いが、原始星の段階は終えた成熟した恒星だそうだ。距離25光年はヒッパルコス衛星の年周視差測定により、信頼できそうだ。
foma.jpgfomalhaut.jpg
フォーマルハウト(HST撮影)

5月22日の情報で、アルマ望遠鏡が最高の解像度でフォーマルハウトの周りにある塵のリングの全体像を捉えた、
nrao17.jpg
アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で撮影したフォーマルハウトを取り巻く環
このリングは惑星系外縁部の彗星や小天体が衝突し合って出来たものと考えられている、リングはフォーマルハウトから約200億kmの距離にあり、幅は約20億kmと見られる、
太陽系との大きさ比較図
またこの環の形状は惑星の重力の影響で作られることが、コンピュータモデルの解析で確認されたそうだ。このリングはこれから惑星系が作られる原始星の周りの円盤ではなく、ある程度出来上がった惑星系の中であとから出来たものだそうだ。中心星から遠い場所では公転速度が遅く、塵が渋滞して密度が高まるので、強い電波が観測される、という理論予想のとおりであることも確認された。また先述のフォーマルハウトbを(一旦)見つけた、カリフォルニア大学バークレー校のポール・カラス氏は「いずれ、環を形作るちりの軌道に影響を与える惑星そのものを見つけたい」と語っているそうだ。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

「直虎」の音楽  

(第20回)、清廉そうだった井伊直親に隠し子が・・今思えば直親のカラリとした笑顔が怪しくも思えていたが、直虎と正室しのは怒り爆発;ドラマは後になって、過去のシーンが効いてくるように仕組まれている^^
naotora_20170523100519069.jpg
「真田丸」もそうだったが、「直虎」もかなりコミカルな場面がある、柴崎コウさん演じる直虎は見事に城主をこなす女傑になるのか、と思っていたら、周囲に振り回され、ふくれっ面でぼやきながら奮闘する、結構笑わせてくれて親しみを覚える。また小野政次役の高橋一生さんも微妙で深い役どころが上手い、頭の良さで姑息な相手を立板に水のごとく、やり込めてしまうのは父(政直)譲りか痛快、
森下佳子脚本、毎回のタイトルも「綿毛の案」「第三の女」ってどこかで聞いたような;
また音楽は菅野よう子、ドラマ中に流れてくる音楽がまたどこかで聴いたような?・・orch.によるワーグナー風の勇壮な曲や、J.ウィリアムズの「スターウォーズ」風の曲があったり、また悲しげな場面では久石 譲のジブリ作品音楽「ナウシカ?」風だったり・・
ryugukozo.jpg
動画:竜宮小僧のうた
滑稽なシーンの効果音楽もいい、菅野氏は多様な音楽ジャンルの要素を巧みに取り入れる、器用な作曲家でもあるらしい、こういうのも楽しませ方として効いていると思う。

重厚な描き方の大河もよいが、個人的にはこういうの、わるくない、面白いのが一番^^
しかし、寺猫のニャンケイは直虎の幼い頃から居るが、とても長生きか、2代目か、謎?
nyankei01_20170523100801275.jpg
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 映画・TV・DVD

tb: 0   cm: 0

照明と弦  

過去に、演奏の最中に、休符の間を利用してさっと調弦をなおすギタリストを見ました、左手は押弦したまま、右手を糸巻きに持ってくる早技です。何故そんな必要があるのか、ナイロン弦が安定していないのか?かなり照明が明るかったので、たぶん熱のせいかと思います、電圧下げて、暗めでもよいと思うのですが・・
これまでのステージ照明の主流だったハロゲンランプは確かに熱射が強く、赤外線を多く放っています、透明なナイロン弦は赤外線が侵入し、光ファイバーみたいに内部で乱反射して、温まりやすいかも?しれません、ギター奏者は器用に調弦を直しているが、音楽と関係のない動作がそそくさと入ると、手際良い仕事ぶりだけ見るようで、音楽の気分を削がれます;この技はガット弦しか無かった時代、必須だったとも聞きます、歯車式糸巻きに限った事でペグ楽器では出来ません;また冷房を客席にちょうどよく設定すると、出演者には相当暑い、というバランスになるそうで、ステージに立つ人の宿命か;
*ハロゲンランプは紫外線も多いそうで、長く当てると太陽光と同じく、着色物は色褪せするそうです。

幸い、自分はまともな照明の場所で弾かないし^^;あったとしても極力暗くしてもらいます;
最近、ステージ照明もLED化が進みつつある、と聞きますが、どの程度かはわかりません、
LED l
LEDスポット
しかしLEDにすると赤外線も紫外線もほとんど出さず、熱射もないので、人は快適だし、弦楽器のピッチも安定しそうです。
LED s
LED導入のホール(通常色の照明)

ギターやリュートに使う弦も種類によって、周囲の影響の受け具合が違います。
ナイロン弦が温度による影響が一番大きく、温度が低いとピッチが下がり、高いと逆です、変化幅が大きく、時間的にも変化が早い、ナイルガットも温度の影響があるが、変化幅はやや小さい、ただし細い弦と太い弦で狂い方が違う、なお、巻弦は影響が少ない。ガット弦は温度変化よりも湿度変化の影響が大きい、早い時間から演奏会場に持ち込み、そこの空調(湿度)に十分慣らす必要があるでしょう。KF(フロロカーボン)弦は、意外に温度による変化幅が小さく、低音に張る太いのは、安定すれば殆ど調弦要らずで助かる、もちろん湿度は関係なし。
1つの楽器に狂い方の違う弦をごちゃ混ぜに張ると大変です;混ぜるとしても、1、2本だけにしたいです。
6c lute
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

ロゼッタ ウォッチングⅡ  

リュートの飾りを施した響孔をローズ、又はロゼッタ(rosette)と言いますが、これも手にする楽しみの一つです。
rose02_20170521093144f9f.jpg
現在作られる図柄は歴史的楽器のコピーが多いけど、製作家のオリジナルもあるようです。
rose07.jpgrose07b_20170521094150618.jpg
右は歴史的オリジナル
画像検索するとじつに様々見られて飽きません^^
画像→lute rosette
作業は響板に下図を貼りつけ、先細のカッターナイフ、平刃のノミや彫刻刀、いろいろ使い分けて彫っていくようですが、
rose00a.jpgrose00b.jpg
必ず中心部から始めるらしいです、近頃は切り抜き部分をレーザーカッターで行う製作家もあるようですが、
下は最も手の込んだクラスの例です、
rose03.jpgrose05.jpg
これを彫る手間賃だけで、ウクレレ1個分くらい軽く行きそうです^^;
大型の楽器になると、トリプルにするものがあります。
rose04.jpg
これらの図柄しだいで、開口面積が変わるので、鳴り方にも影響するはずです。
また、バロックギターなどではパーチメントで別に作った飾りを内側に貼る例が多いです、
rose pa
これは立体に作られたタイプで、マチ針の頭みたいなのは「薔薇の朝露」かな?
こういうの一つくらい欲しいですね(弾けなくても^^;)
パーチメント製作家のサイト→Elena Dal Cortivo

彫り仕事は精巧なほど良いですが、結構大まかに仕上げてある楽器もあります;手持ちの楽器では松尾さん、オッティガーさんなどは完璧です。(ヤンソン氏のも良かった)
matuo 7c
matuo 7c.lute
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート

tb: 0   cm: 2

N.ノース:バッハ「シャコンヌ」BWV1004(lute)  

バッハの「無伴奏vnパルティータNo.2ニ短調(BWV1004)」よりシャコンヌ、先日はオリジナルのヴァイオリン演奏だったが、今日は編曲もの、
当然、ギターやリュートにとっても難曲であるが、やるからにはバッハの原曲をその楽器ならではの美質(テイスト)で抱き込んではじめて納得できる。そのため原曲をよく理解し、自分の楽器が活きる適切な編曲が必要で奏者自身がやるほかないだろう。リュートによる録音もいくつかあった。
手持ちのナイジェル・ノースのバロックluteによる演奏、録音はノース、36歳頃である。
N N Lute
ナイジェル・ノース(バロックlute)
1990年録音 LINN

楽器はマイケル・ロウ作とあり、ジャーマン・テオルボと思われる、たっぷりとした余韻を響かせながらテーマを開始、原譜を見ながら聴くと、適切にバス音を加えている、また逆にこうしたところ、例:[189~]では内声とバスは余韻で繋げ、上声のみ弾いている、
T189.jpg
これもバロックluteの響き方に相応しく自然。
ギターやリュートはアルペッジョだけは得意である;よって[89]からは水を得た魚のように--(とまでは行かずとも)対応しやすい、
20170520.jpg
[89]~アルペッジョ、構成音のみ書かれている
原譜では1拍分だけ、vn調弦に合う例が書かれているが、リュートでは右弾弦の工夫しだいで融通が効く。ノースは半拍6連符分けは行わず、流麗に落ち着いて進める、
[201]からのアルペッジョはまさに変幻自在、
bwv1004 b
[201]~アルペッジョ、構成音のみ書かれている
リュートに相応しいセンスで聴かせる、バロックluteは余韻の美しさを聴かせるのが本分、あまりテクニカルに小忙しくなるのは不自然、(個人的にはこの曲自体、合わないと思っているが)その点もかなり上手く治めた好演だ。

あと手元には福田進一のギター編もあり、名器を存分に鳴らしての演奏だが、「バロック」という感覚ではないので割愛する。

動画をあさってみた、ホプキンソン・スミスはテーマの演奏から脱力したバロックluteの物腰を印象づける。
h s bwv1004
Hopkinson Smith : Chaconne de Bach (1988)
[89]~アルペッジォは始めから半拍6連符で行く(途中、パターンを変える)リュートに小忙しい技は合わないが、もともと響孔寄りを弾く人なので柔らかく、さらりと聴かせる。

ホセ・ミゲル・モレーノはジャーマン・テオルボの弦をシングルにして弾いている、複雑な技法には対応しやすそうだ。
J.S.Bach Chaconne Lute version - Bronzino(Jose Miguel Moreno)
じっくりとした印象で始めるが、アルペッジォやパッセージは鮮やかに駆け抜ける、アルペッジォ・パターンは一定で4声部分はギター譜によくある2声同時弾きを加えている。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

うどんと割り箸  

今の「駅弁」はこんな樹脂箱入りですが、昔は木の折箱に入っていました、m
ekiben.jpg
幕の内タイプ
おかずもこんな豪華じゃなかったけど、ご飯が木の箱と蓋にくっ付いて、割り箸にもくっ付いて、もどかしくも懐かしい美味しさ^^;木箱の香りが良かった、鉄道旅の楽しみでした。

しかし、うどんを食べるには割り箸はがっちり掴めて具合いいです、
udon bwaribasi.jpg
塗り箸じゃ滑り落ちるし、汁は跳ねるし;
子供の時から麺類は好きですが、まずは蕎麦、しかし今日はうどんがいい、というときがあります、あの太い食べ応えv、カップうどんでは味わえない;
歯応えやコシの強いうどんもありますが、普通のが好きですね、スーパーで売っている、この「ゆでうどん」くらいの食感が、
yudeudon.jpg

太いといえば伊勢うどんで、昔、伊勢の親戚に行く途中、店で食べたうどんが太かった、
iseudon.jpg
伊勢うどん
この写真以上に太くて、長径2センチ近くあった記憶で、うどんと言うより長い団子^^;
伊勢うどんは濃いだし汁をからめて食べるのが一般らしいですが、自分が食べたのは普通のうどんのようにだし汁に浸っていました、これも美味しい、これこそ割り箸じゃないと太刀打ちできないかな、また食べてみたいです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

R.ポッジャー:バッハ「シャコンヌ」BWV1004(vn)  

バッハの無伴奏vnパルティータNo.2ニ短調(BWV1004)の終曲シャコンヌはvnのみならずピアノ、クラシックギター、さらに奏者によってはリュートでも演奏される超名曲だ。(*個人的にはちょっと内容が重すぎる作品だが;)バッハの手稿譜に対し、各奏者がどんな姿勢で取り組んでいるかも興味深いところ。m
手元にある盤からまず、レイチェル・ポッジャーのバロックvnによる演奏を聴く。
(ヴァイオリンには詳しくないので推測多し^^;)
r p bwv1004
BWV1001、1002、1004のアルバム
レイチェル・ポッジャー:バロックvn
使用楽器:1739年、ジェノヴァのペザリニウス作
1998年 CHANNEL CLASSICS

シャコンヌ始まりのテーマの演奏がまず印象づけるが、ポッジャーはしなやかに粘る味わい、バッハの手稿譜のスラーやレガート記号の付いたところ、無いところの表情づけを忠実に弾き分ける、ロマン派的な大袈裟な強弱法、アゴーギグはなく、透明な音色で明快に通す。
さて、[89]から[120]まで長いアルペッジョ指定された部分が続く、一つの聴きどころだが、手稿譜は始めの1拍分のみ、アルペッジョ・パターンが記されているのみで、後は構成音と基本リズムが書いてあるだけ、
bwv1004 a
3声の部分は始めのようなパターンで行けそうだが、4声の部分がでてくる、いかに弾くかは奏者に委ねるところ、重音で2声一緒に弾いたり、半拍を6連符に分けたり、のちのvn奏者が実用版として書いた楽譜は多くあるようだが、
bwv1004 d
6連符にした例
ここは奏者のオリジナルを期待したい、ポッジャーは6連符で対応のようだ(素早くてよく聴き取れないが;)。
[201]~[207]も短いが同様にアルペッジョ指定があり、ここは4声が続く、
bwv1004 b
因みにこんなパターンの楽譜もあるようで、よく耳にするが、
bwv1004 c
あまり「アルペッジョ」という感覚じゃない、
ポッジャーはここも6連符で鮮やかに決め、終結に向け、穏やかに治める、好演の1枚だ。

PS.動画をいくつかあさってみた、
Viktoria Mullovaのバロックvnでの演奏、これは室内的で気張らず、弓をいっぱいに使わず、撥弦楽器の減衰する音を補うようで味わい深い。アルペッジョの4声部分は重音に見える?
v m bwv1004
動画:Viktoria Mullova: Chaconne (J.S. Bach BMV 1004)

Hilary Hahnはゆっくり目で端正だが、平坦に伸びた運弓の音は好みじゃない。
動画:J.S.Bach - Chaconne, BWV 1004 Hilary Hahn

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

銀河ウォッチング 6  

ハッブル宇宙望遠鏡(HST)が捉えた多くの銀河を見ていると、どうしてこんな形をしているのか、ピンとくるものもあれば、天体物理学者も悩まされる奇妙なものまで様々・・;
エドウィン・ハッブルが銀河の形の分類を一通り決めているが、HSTの詳細な画像が得られるようになって、実際には明確に区分はできないだろう。
Hubble_sequence 02
E.ハッブルによる銀河分類

今回は塵のリングを持った、楕円状(又はレンズ状)銀河に注目した。
以前にも取り上げた、NGC5866(りゅう座、4400万光年)は一応レンズ状銀河(SO)とされているが、渦巻銀河である可能性もあるらしい。
NGC5866_20170517094659fc1.jpg
NGC5866(HST)
中央を暗い塵の筋が横切り、その延長に明るい(若い)星の層が見られる、これらはバルジを囲む円盤のようだが、真横から見ているため真の構造はわかり難い。

もう一つ、NGC4710(かみのけ座、6500万光年)は先のNGC5866によく似た姿をしていて、同じような経緯を辿ったように思われる、
ngc4710.jpg
NGC4710(HST)
異なるのは塵の帯がやや乱れて毛羽立ちが多いこと、またバルジの位置に謎の「X型構造」が微かに見られること。
ngc4710b.jpg

よくわからないのが、NGC2787である、分類はあらたに設けられた、棒状レンズ状銀河(SB0)とされている、
web_print.jpg
NGC2787(HST)
中心が明るく、全体には楕円銀河の中に塵の巻き込んだ渦、若しくはリングが見えている、中心に「棒状の構造体」があるとのことだが、画像からそれらしき様子はわからない?

次はお馴染みのソンブレロ銀河(M104:おとめ座、4600万光年)、つくづく珍しい姿で、こんな観測対象が近傍宇宙にあるのも幸運である、
M104 subaruM104 red
M104(すばる望遠鏡)               M104(赤外線撮影、スピッツァーST)
過去には渦巻銀河と見られていたが、渦巻き構造はなく、楕円銀河の中に塵のリングが収まっている、ハロー内には球状星団が非常に多く(数千個)あるのも特徴、一説には楕円銀河が初期宇宙の銀河フィラメントに多く存在したガスや塵を大量に取り込んだ結果だとされるが、矛盾のない説明は難しいようだ。
NGC7049(1億光年)などはまた違う類なのだろうか?
NGC7049_20170517095508efc.jpg
NGC7049(HST)

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 宇宙・天体

tb: 1   cm: 0

枇杷の葉茶  

今日も、しょうもない話です^^;m
このところ、"煎じもの"にはまっていて、ちょっと気になっていた枇杷の葉茶です。
biwacha01.jpgbiwacha02.jpg
枇杷の実は食べたけど、葉っぱの味は初めて;
biwa.jpg
主な風味の成分として酒石酸、アミグダリン、タンニン、サポニン、だそうで、いろいろ効能の情報はありますが、入浴剤にしても良いって---何でもありです^^?
煎じた直後は淡い茶色、これが冷めて時間が経つと濃い色になる、
biwacha03.jpgbiwacha03 b
味はほうじ茶をほんのりさせた感じかな、強い匂いも苦味もなく、マイルドで飲み易い、
もうちょっと風変わりな味を期待したけど--普通;
急須でいれるより、少し煮出したほうがよいかも?っていうか、本物のお茶(チャノキ)の葉が、いかに充実した風味を持っているかがわかります;
チャノキ以外では、今のところ、アマチャヅル茶が良いです。
関連記事:甘茶 vs アマチャヅル茶

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

雨のにおい  

嗅覚が憶えている事って、視覚、聴覚以上になにか古くからの記憶を呼び覚まし、ノスタルジックでもあります。
m
雨の匂い:雨の降り始め、雷雨のときなど降りだす前から、あの独特の匂いが立ちこめてきます、この匂いをペトリコールと言うそうですが、
ame b
空から降る雨粒は無臭でしょうから、原因は、普段から地面に染み込んでいる植物が出す油脂成分が雨水と一緒に揮発するためだと聞きます(土や岩石そのものの成分かと思ってましたが;)、庭に水をまいても同じですね、何だか、ほっとする匂いでもあります^^?
5~6月の雨の風情はいいです、間もなく田に水を張る時季ですが、
suiden_20170515130917e4c.jpg
以前、当地の水田でホウネンエビを見かけました。
hounennebi01.jpghounennebi02.jpg
体長1.5~2cm程の小さな甲殻類で、背泳ぎします。形だけはカンブリア期のアノマロカリスを思わせますが^^まったく別種でしょう、しかし古い種と考えられ、卵は周囲が乾燥していれば何年も越年し、水が来たら孵化するという(植物みたいな)生命力を持つそうで、今年も発生しているか、見に行きたいです。

海岸の匂い:内陸部に住んでいるので、海岸の磯の香りというのを長く嗅いでいません;
sunahama.jpg
あの匂いは海岸にやってきて、はじめて香る、主に海藻類が発する匂いと聞きますが、海岸は生物の非常に豊富な場所で、貝類、甲殻類ほか多種の生物、および死骸の匂いも含まれるような気がします。砂浜や岩浜、生きた牡蠣と古い殻がびっしり堆積した場所とか;
iso_201705151259563f0.jpgkakijima.jpg
フジツボ、イソギンチャク等々         牡蠣が堆積してできた小島
少し陸側に離れても、沖に出てもこの匂いは薄れる、無臭の空気と混ざってしまうせいか?
毎月、桑名まで行くので、久しぶりに海岸に立ち寄ってみたいです。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧