FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ライン入力アッテネーター  

CDプレーヤーからOPTICALで接続し、アンプ内蔵のDA変換回路を使うと良い、と先日書いたばかりで・・今日はライン(アナログ)入力に限った話になるが;
プリメインアンプPMA-600NEは先般も書いたように、ボリュームをかなり低い位置で調節することになり、微調整がやりにくい;
解決策として、CDプレーヤーからの入力ゲインを少し下げてやるという手がある、高級プレーヤーには出力段に可変アッテネーターが付いていた、もちろんfull(抵抗値ゼロ)で使うのが望ましいが、これの代わりになるアッテネーターを間に入れてみた、タテ:5.5cmの小さなもので邪魔にならない、
attenuator 04
これは中を見るまでもなく、いくつかの固定抵抗の組み合わせを変えて抵抗値を変える仕組みだろう、-6db、-10db、-20db、と3段階になっている、
Attenuator 02
切換スイッチは小さく、精密ドライバーの先で動かすサイズ、下手な可変抵抗を使うより安心と言える、だが、こういうモノを大事な音の入り口に挟んで気になるのが音質の劣化である、下手するとシステムのクウォリティを無駄にすることにもなる、
Attenuator 03
小さくなった原図を拡大コピーするのと同じで、データロスはあるだろう、
"画像"の場合はフォーカスがくっきりしすぎるより、若干ソフトにしたほうが見やすくなる、音にもそんな事が言えるかもしれない・・などと都合よく考える^^;

ちょっとだけ入力ゲインが下がればよいので、-6dbに設定して繋いでみた、アンプボリュームの通常位置が9時くらいになり、調節はやりやすい、
volume.jpg
目立って音質がデッドになった印象はない、
が!・・このCDで聴き比べると、
f a be vn con
I.ファウスト:vn&C.アバド:指揮、ベートーヴェン vn con
OPTICAL入力のほうが松ヤニ塗りの弓の毛が弦と擦れる感触まで細かく出てくるような感じ、
・・悩ましいが^^; ま、音源によって使い分けようかと;

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 2

運指パズル  

リコーダーなど管楽器は指穴に対して使う指が決まっていると思うが、鍵盤や弦楽器はポジション移動も伴って運指を決める、楽譜が五線譜で書かれた鍵盤やギターの場合、奏者に任される部分が多いが難しい部分は指記号を補記する、各楽器の指記号(番号)は以下のとおり、 
鍵盤
keyboard_2020070512532851a.jpg
ギター(開放弦は"0"と記す)
lute (2)
リュート
lute (1)
*リュートは弾く弦とポジションは楽譜(タブラチュア)に明記されているので、指をどう使うかを決める、原則、弦の変更はタブーなのでそこが難しくもある;

運指なんて熟達した人は即座に判断でき、弾いてしまうのかもしれないが、筆者には弾けるかどうか運命の分かれ道である、パズルあるいは詰め将棋のようにじっくり考える;
同じ指の連続使用は基本として避け、左の指は指板上を順調に運んで行くような、前後関係の良い指決めをする、またバロックluteでは音階でもアルペッジョ的に弦が替わり、音を重ねる弾き方が多いので、
20170317_20200705093001267.jpg
弾弦する右の指も上手く交替になるように決める、何度弾いても同じ運指で動くように練習が必要、ときに通常は不合理な指使いのほうが繋がりがよくなる、
ヴァイスのソナタ"L'infidèle"をやったときも四苦八苦、とくにPaysaneがくせ者だった;
001_202007050954168ed.jpg
Paysane:後半から
消せるボールペンで何度も書き直した;細かく書いておくと時を経てまた弾くときに助かる。
*O.M.ドンボワの演奏でPaysane
you.jpg
you tube:Sylvius Leopold Weiss-Suite en La mineur-L'Infidèle

一人では気付かない目から鱗的な秘策もある、奏者間の情報が解決策になることもある;
siban02_20200705091210310.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: 演奏について

tb: 0   cm: 4

キャンベラとうもろこし  

昔住んでいた家は庭が全面畑土だったので、いろんな野菜を作っていた、茄子、トマト、スイカ、トウモロコシ等々、柿の木もあって木陰にミツバやニラも雑草と一緒に生えていた、
今の家は小さな花壇以外、コンクリート張りで残念ながら作れない;
 
今、普通に売られるトウモロコシはこのスイートコーンで粒が黄色と白のツートンでわかる、
sweet corn
実は甘いが歯応えは水っぽくビシャビシャする、
昔、馴染んだのは粒が全部黄色い、「キャンベラ」という品種だった、これの北海道産を取り寄せてみた、茹で済みで真空パック入り、レンジで温めればよい、
hokkaido.jpg
醤油をつけて網焼きにしてもよいが、まずはそのまま、いかにもトウモロコシくさい風味が懐かしく、じつに美味いv
canberra corn 02
これは柔らかく食べやすかったが、収穫のタイミングで実の堅さが変わる、もう少し待って、ねっちり歯応えのある頃合いが好みだった。
gunma showamura
群馬県 昭和村のキャンベラ畑

さて、まだ時季は早いがこのマクワウリも久しぶりに食べたい、これはコンビニに置いてあることもある、
Ougon-makuwa_20200704092959339.jpg
よく熟さないと甘くないが、この瓜らしい香りの良さはマスクメロンより魅力。

PS.トウモロコシの芯は硬いので、切り分けはノコギリ状のパンナイフを使うとよい、
Bread knife

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: 昭和の記憶

tb: 0   cm: 4

M.ダゴスト:Bach リュート作品集  

バッハのリュート作品を自分で弾こうというモチベーションは全くないのだが^^;聴く分には本当に飽きのこない曲が揃っている、もちろん奏者の演奏にもかかってくる。 
リュートによる演奏では今村泰典氏の録音が完璧主義から言うと一つの理想であるが、もう一つ好きな演奏にイタリアの奏者、マリオ・ダゴストの録音がある、
BRILLIANT CLASSICSはお値打ちながら古楽の良い全集ものを出してくる、
M D Bach lite
2012年録音 BRILLIANT CLASSICS
M D Agosto
Mario D'Agosto
ホプキンソン・スミスに師事した人で、師匠譲りの感じもあるが、バロックluteらしい、ゆったり脱力した感覚で聴かせるのが良い、それでいてBWV997や998のフーガ楽章なども各声部が明確で、さりげなくきちんと聴かせる(これが技ありと思える)、
997のジーグにはドゥーブルが続くところ、ジーグの反復にドゥーブルを持ってきている、長ったらしくならず良いアイデアv
995はバッハの楽譜どおりに演奏するにはコントラGまで出る14コースの楽器が必要だが、
sc bwv995
ダゴストは13コースに収めた編曲にしている、
装飾演奏も巧みで、いつも問題に思える995のあまりにシンプルなサラバンド、
sc bwv995 02
この反復演奏も見事、今どきリュート奏者がこの楽譜のまま、ってのは通らないだろう、
1006aではブーレとジーグがだいぶゆっくりだが、十分に含みを持たせた味わいがある、余韻を聴かせる間もなく突っ走るのはリュートに相応しくないのがわかる。
1006aなど曲により変則調弦も用いているようだが詳細はわからない。

you tubeに当アルバムが通して聴けるように挙がっている、
M DAgosto Bach you
you tube:J.S. Bach: Complete Lute Music

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 4

アーノンクール:Mozart「ジュピター」 ほか  

先日導入したプリメインアンプPMA-600NEにはDA変換回路がせっかく設けられているので試してみた、CDプレーヤーにはOPTICAL出力があり、約10年目にして初めて光ケーブルを繋いだ^^;アンプのセレクターは"CD"ではなく"OPTICAL1"になる、 
pma 600ne
聴いた第1印象はアンプの回路のほうが音場の見渡しがワンランク良くなったようで、合奏音の分離、金管の光沢、残響音でそれを感じる、

これで、聴き甲斐のある録音、アーノンクール指揮、ヨーロッパ室内OのモーツァルトSym「ジュピター」を聴く、
20200624.jpg
第1楽章は急がず、がっしりとした設定、"剛と柔"の対比と、修辞的な語り口で引き付ける、
第2楽章がまた聴きどころで、vn群は"弱音器付き"に相応しい奏で方で、弦というより笛を思わせる音色、遠く鳴るような静謐な響きが神秘感を与える、
メヌエットもかちっと引き締まり、終楽章は結構快速で、弱奏で引き付けて始める、反復をすべて行ない、スピードと緻密に決めた合奏で凄さ十分、
N H moz s41 you
you tube:Mozart: Symphony No.41 K.551 "Jupiter" / Harnoncourt Chamber Orchestra of Europe (1991 Movie Live)

この「ジュピター」を聴いてもう一つの演奏を思い出した、アーノンクールがウィーン・コンツェントゥス・ムジクスと録音したハイドンのパリセット、Sym No.82「熊」である、同じハ長調で「ジュピター」との関連性も指摘される曲だ、確かにモーツァルトが「3大交響曲」を書くにあたって規範となったのは当時「パリセット」以外にないだろう、
20160315_2020070209003781f.jpg
「熊」の第1楽章も力強い動機で始まり、アーノンクールはがっしりと同じ構えで聴かせる、orchの響きは古楽器だけにより透明になる、"剛と柔"の対比も深くなる、
第2楽章はわりと速めだが弦楽の"柔"な物腰が心地よい、やはり語るようなテンポの変化を使う、メヌエットのトリオでもそうだが、こういった奏法はトーマス・ファイにも引き継がれ、共通点が聴かれる。
この曲も終楽章が見事な内容で展開部からの充実はそれまでに例がない、コーダではないが終結前に展開部を少し再現して聴かせる、アーノンクールはこの後半も反復する。
N H hay s82 you
you tube:ハイドン: 交響曲 第82番 ハ長調「熊」アーノンクール

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 0

Cosmic distance:プロキシマケンタウリ  

太陽系に最も近い恒星プロキシマケンタウリに関わる興味深いニュースが2つあった、
Proxima_Centauri_2020070109131694f.jpg
プロキシマケンタウリには地球サイズに近いらしい惑星「プロキシマb」が2016年に見つかっていたが、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡VLTに搭載された分光器「ESPRESSO」を用いて高精度で視線速度を計測、プロキシマbの質量は地球の1.17倍という結果が出た。
Proxima-Centauri-b.jpg
プロキシマb 想像図:今までは地球の1.3倍ほどとみられていた、
中心星のプロキシマケンタウリはM型矮星でフレア(表面爆発)が活発でプロキシマbにはX線が大量に降り注ぐ、また中心星に極めて近い(地球~太陽の1/20)ため、潮汐ロックで常に同じ面を中心星に向けていると思われる、
よく目にする、プロキシマbの地上を描いたESOの想像画は、大気もあり、穏やかそうだが・・
生命がどうとか言うのは早計すぎる;
21485_proxima_centauri_b.jpg
大きさが地球とほぼ同じで何事もなければ大気や水を留めておく重力はあるだろう、
しかし中心にあるのがM型矮星なのが問題、中心星がクシャミをするたび、大気は吹き払われている可能性がある;

もう一つのニュース、
冥王星ほか太陽系外縁天体を探査しているニューホライズンズは現在、地球から約70億km(光で6.5時間)の位置を飛行中である、ニューホライズンズには長距離望遠鏡カメラも搭載され、遠方の星の画像も送ってきている、今回NASAによって約4.2光年離れたプロキシマケンタウリを地球からとニューホライズンズから見た方位の違い(視差)の様子が公開された、
21732_stereo.jpg
青が地球から見た位置、赤がニューホライズンズから見た位置
NASA動画:プロキシマケンタウリ

同様に近傍の恒星ウォルフ359(約7.9光年)の画像も公開された、
NASA動画:ウォルフ359
いずれも背景の星々は遙かに遠いため動いて見えない、

因みに位置天文衛星「ガイア」は地球の公転直径2.99億kmを三角形の底辺に利用し精密な視差角測定で恒星の距離を測っている、
gaia_20180504081907e75_202007011029107ad.jpg
今回は地球とニューホライズンズの間、70億km(=0.00074光年)を底辺とした視差の様子で、初めて人間の成した技で恒星間の距離を実感したことになる。
Proxima Centauri 2

PS.バーナード星(約6光年)のように太陽系に対する固有運動の大きい星は数年置きの撮影で位置が変わっていく・・Wikipedia動画:バーナード星の固有運動

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

リュートと鍵盤による Bach:リュート作品  

バッハが書いたリュート作品というのはおそらくリュートをイメージした鍵盤曲と思われる。バッハは同時代のリュートの大家、S.L.ヴァイスとも親交があり、関心は深かったと思われ、BWV1025という共同作品も成立している(原曲はヴァイスが書き、それにバッハがvnパートを加え、vnと通奏低音のためのソナタになっている)、 
BWV1025_20200630084505189.jpg
you tube:Sonata for violin and continuo in A-dur BWV 1025
また、BWV995、997、1000はバッハに近しいリュート奏者が編曲したと思われるリュート譜(タブラチュア)が残っている、

G.レオンハルトは早くからこれらの曲をチェンバロで演奏、録音している、流れる主旋律に簡潔なバスラインが付く書法が本来の鍵盤曲にはない魅力だったらしい、ホ短調のBWV996などかなり鍵盤的だがギターに移しやすい曲でもある。
なお、BWV996、997、998はバッハには異例的書法もあり、他人の作という可能性も否定できない、997と998のフーガは中間の喜遊部を終えて、Dal Segnoでフーガの冒頭に戻って繰り返す、バッハにこういう例は他にない、曲は素晴らしいが。
bwv998 tab
今村氏編曲:BWV998サンプル
その後これらは多くのリュート奏者が手掛けているが、d-moll調弦という通常のバロックlute調弦では全ての曲をカバー出来ない、
Lute_Tuning_Baroque13_2020063008450940c.jpg
d-moll調弦
移調するか変則調弦を使うなど、各々の工夫で演奏しているが、それでも通常のリュート曲にはない難しさは多い。かつてはN.イエペスも変則調弦を用い、全曲録音を行なった、
初めはARCHIVからM.シェーファーのところへ全曲録音の話が行き、彼は「無理だ」と断ったと聞く、たぶんリュートの真価を求めるシェーファーにとって、手掛けるべき"宝玉"は無尽にあり、"バッハのリュート曲"は眼中になかったのではないか?

近年の録音で、まず今村泰典氏のリュート演奏を聴くと、今村氏は音楽に対し完璧主義のようで、変則調弦で原調を尊重、またバロックluteではバス弦は開放のみで弾き、鳴りっぱなしになるところ、きちんと止めて、全声部がくっきり繫がり鍵盤演奏のように聴かせる大変なテクニックである。
変則調弦では必要に応じ弦を張り替えるらしく、生の演奏会は成立しないだろう。
Y I bwv1006a
you tube:Lute Partita in E Major, BWV 1006a: VII. Gigue

もう一つ興味深いのはラウテンヴェルクによる演奏、この楽器は現存するものがなく、どんな構造だったか不明で、現代は小型チェンバロにガット弦を張った楽器を想定して作られる、
参考:ラウテンヴェルクによる、BWV1000
L W BWV 1000
you tube:J.S.Bach: Fuga in sol minore BWV 1000
エリザベス・ファーはラウテンヴェルクで鍵盤ならではの良さも大いに聴かせるが、リュート風のじっくり足もとを決めるようなアゴーギグも入れて、それが何とも良い味わいである。
E F bwv1006a
you tube:Lute Partita in E Major, BWV 1006a: VII. Gigue

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 6

ペグ(糸巻き)の総数  

今朝はすっきり晴れ、登校する子供達をツバメが見下ろしていた、
今日までは梅雨前線が南下し、さほど湿度は上がらず過しやすいようだ、明日から前線にかかる予報だが、70%近くなるとしんどい; 
tubame02_202006290814491a3.jpg
楽器の部屋の窓はいつも閉め切っていて、いつも湿度計を気にする、
なんたって自分が蒸し暑いのが嫌だし;
shitudokei.jpg

うちにあるリュートなど楽器達はすべてペグで弦を巻くタイプで、モダンギターのような機械糸巻きは1つもない;
13c lute
今ある楽器のペグ総数を数えたら167本になる、
(ほかのリュート弾きさんには負けていると思うが^^)
湿度の高い時季になると、これら木のペグは膨張し、穴へのハマりがキツくなるので、適度に緩めて止め直す必要がある、ちょっと遅くなったが順に少しずつやっている、
一気にやると腱鞘炎がぶり返すので;;
b guitar
g t

だいたい人間が不快な状態は楽器にも良くない、人間が死にそうなほど暑いと楽器も壊れる、
夏は楽器を車に乗せて移動する際、ケースには銀シートを被せ、目的地に着くまでエンジンは止めずエアコンかけっぱなし、こんな時季こそ在宅レッスンは省エネで良いと思うv
tubame01_20200629081448bcc.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: Instruments

tb: 0   cm: 2

オンライン レッスンの機材  

5月からリュートのレッスンをOnlineにすべく、いろいろ準備してきたが、送信が上手くいかず歯がゆい思いをしていた、webカメラの画像はきれいに届くのだが・・ 
web camera
画質も良く、視野角もちょうどよい、
楽器レッスンに肝心のマイク音声がひどく不鮮明で音が途切れ、まったく用を成さなかった;
結論から言えばこのweb用マイク(USB接続)の性能が恐ろしくダメだったのである;
web mic中身は付属品レベル?
世界中がオンライン通話に切り換える中、これらの機材は品不足、随分待ったあげくがコレだった、捨てるしかない;

ネットワーク会社によると、画像が綺麗に送信されるなら、回線速度に問題はないとのこと、
そこで前から持っていたSONYのコンデンサマイクをデジタル録音機に繋ぎ、録音:スタンバイにして、ヘッドホン出力からPCのマイク入力(アナログ)に繋いだ、
SONY MIC
コンデンサマイクの出力は小さいので、デジタル録音機は増幅器代わりである、あとは各部の入出力のレベルを適切に合わせればよい、
Zoomを使って送信テストをしたところ、今までと比較にならないほど、クリアな音声で楽器の音もはっきり届くとのこと!録音機にはUSB端子もあり、まだ試していないが、アナログ接続で十分、やってみてよかった。
この機材も使えると思うが、嵩張るので今回は保留;
mic rokuonki

ソーシャルディスタンス云々に関係なく、教室が遠方で通うのが大変な場合、Onlineレッスンは今後も助かりそうだ。夏は楽器保護のため、車のエアコンは一時も止められないし;
11c lute m o 02

余談:「笑点」のOnline大喜利にも馴れてきた^^
"コロナ"がきっかけで、ただ慣例的な会合などが中止され、その後もこのまんまでいこうという動きがある、主導部の判断で事後承諾、それでよいのではないかと、そういう省力化は歓迎v
しかしコンサートやスポーツ観戦は早く平常になってほしい。

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: Low cost audio

tb: 0   cm: 4

O.スウィトナー:Mozart 3つの「ジュピター」≪続≫  

昨年7月にこのタイトルで記事を書いて、その時N響の演奏がyou tubeになかった、新たに挙がっていたので、ちょっとリニューアル(焼き廻し;)して再掲する。 
------------------------

手元にO.スウィトナー指揮のモーツァルトSym No.39~41のCDが3枚あり、各々の「ジュピター」を聴き比べてみた。
sui moz s41
左:1973年 シュターツカペレ・ドレスデン(セッション、ルカ教会)D.シャルプラッテン
中:1978年 シュターツカペレ・ベルリン(ライブ、東京厚生年金会館)エフエム東京
右:1982年 NHK交響楽団(ライヴ、NHKホール)キングレコード
指揮:オットマール・スウィトナー
4~5年置きの録音で、orchが異なるのも面白い、3枚共通なのはパートバランスが良く、木管の味わいが豊かに聴けること、
第1楽章はそんな響きで意気込まず開始、力の抜けた余裕を感じる、
第2楽章、弱音器の弦で始まり、[2]、[4]で奏でる総奏音がふわっと柔らかく溶け合い、ここで引き付けられる、
20190706084332d73_20200627095930f40.jpg
メヌエット(アレグレット)はやや速めのテンポで清涼感があり、とっておきの終楽章の前奏的位置づけにも感じる、
終楽章、空前絶後のフーガ楽章、コーダにおいてはvcとcbも別れ、これまで登場した5つの動機がすべて対位法で組み込まれる、
sc04 384
flは1本で、あとは2管編成
以下、3大Sym連続演奏の最後にくる「ジュピター」の終楽章に着目する、
いずれもスウィトナーは快速なテンポで一気に推進する、

①SKDはセッションだけに念入りな仕上がり、ルカ教会の響きも心地よく、録音物としては一番の出来だろう、
you tube:W.A.Mozart - Symphony No.41 in C major K.551
(1st Mov) (2nd Mov) (3rd Mov) (4th Mov)

②SKBとの来日時のライヴ、放送用の音源をリマスタリングしたものだが、会場の空気が生々しく伝わってくる、終楽章の熱気はさすがにセッションを上回る、
you tube:Mozart Symphony No 41 in C Major, K551
1 Allegro vivace 2 Andante cantabile
3 Menuetto 4 Molto Allegro

③N響との演奏はスウィトナー・ファン必聴の1枚かも、
録音がクールな音質で落ち着いたように錯覚していたが、最も熱のこもった演奏だった、終楽章のテンポは最速のようだ、前述のSKBでも十分キレているが、再現部、コーダへと熱気と気合いを増すように突き進む、
*当盤は1982年の録音だが、同じNHKホールで1984年に収録された動画がyou tubeに挙がった、演奏内容の覇気は変わりなく見事、
o sui moz s41 you
you tube:モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」 スウィトナー指揮 N響

ご覧いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

category: W.A.モーツァルト

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック