Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

C.バンキーニ:コレッリ vlソナタop.5 No.1~6   

コレッリのvlソナタで古楽奏者以外で今出ているのはA.グリュミオー盤くらいですかね。これも貴重な名演かと思いますが、今となっては演奏史を振り返る資料と言わざるをえません。演奏は楽譜どおり重厚に弾く、チェンバロも型どおり用意された伴奏といった感じ。
バロックヴァイオリンの先駆者と言えば、エドゥアルト・メルクス、はじめてコレッリの時代の研究に基づく見事な装飾演奏を行っていて、大昔、アルヒーフ盤の取り寄せを頼んだところ、ついに届かなかったという経験があります;いずれ中古盤を見つけたいです。

今日は昨日と同じvlソナタ 作品5 No.1~5で、キアラ・バンキーニ:vlによる演奏、彼女もS.クイケン、G.レオンハルト、N.アーノンクールらと出会い、モダンvl奏者から転向、アンサンブル415を結成している。415というのはバロック・ピッチのことでしょう。まだ古楽が今ほど受け入れられていなかった頃らしいネーミング。
バンキーニおよび通奏低音の演奏は、ここまでやるか、といえる華々しいもの、録音は室内的な響きで各楽器は鮮明に聴ける。

core vl sonata02
vlソナタ 作品5
No.1ニ長調、No.2変ロ長調、No.3ハ長調、
No.4ヘ長調、No.5ト短調、No.6イ長調
キアラ・バンキーニ :vl
カティ・ゴール :vc
ルチアーノ・コンティーニ :アーチlute
イェスパー・クリステンセン :cemb


No.1ニ長調では全員参加、第一楽章、長く引くvlの開始音の間に、3人の通奏低音が目いっぱい和音を散りばめる、続いてバンキーニも音価の最後の瞬間まで装飾パッセージを込める、ここだけで原譜の音符の数十倍は音が出ているでしょう;長い溜め、速度の伸縮をしながら、全員が同じ組織体のようにうごめく、掴みはばっちり。次のアレグロはテヌートぎみに活気をつける、終止音はぐっと伸ばし、装飾を込める。第三楽章は駆け抜けるようにキビキビと、次のアダージョのじみじみとした味わいと対比となる。終楽章はリズムにエッジを立て、アーチluteもくっきりバスラインを弾き、強調する。
No.2変ロ長調はチェンバロのみが付く、すっきりした響き、第三楽章アダージョはvlは装飾控えぎみでその分cembのリアリゼーションが繊細な聴かせどころとなる。
No.3ハ長調はvcが抜け、通奏低音はcembとアーチluteの撥弦系の響きだけになり、バスラインは二人が重ねて弾くので明確で心地よく、和音は分離的に弾くところもあるが、合同で鳴らすところもあり、ギター合奏風の響きも思わせ面白い。
No.4ヘ長調、通奏低音は全員、第一楽章アダージョではかなりcembが活躍するが、少し過剰にも感じる、第二楽章フーガ的なアレグロは快調で魅力、テーマがチェロに来たところが良い。アダージョ楽章はつぶやくようなvlの表情、cemb、アーチluteもふさわしい響きで支える。終楽章、全楽器のキビキビ切れの良さが爽快。
No.5ト短調はvcとcembが入る、第一楽章アダージョのリピートに移る間をcembのパッセージが繋ぐ、第二楽章ヴィヴァーチェは3拍子でこれまでの曲よりリズムが切り立つ、スタッカート表現をcembとvcが補強する。
No.6イ長調、最後を飾るべく通奏低音は全員、アダージョ楽章のvl、vcの対話が味わい深く、他の二人が程よく飾る。
全曲通して、vlも終始見事だが、通奏低音も各々聴きどころを存分に加えてくれる、退屈に思った楽章は一つもない。

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 0

L.Van.ダール:コレッリ vlソナタop.5 No.1~6  

今日は南岸低気圧で当方は雪のち雨、一日中冷え々として、どこにも出かける気がしませんでした。音楽を聴くにはできるだけエアコンを止め、無音の電気ヒーターだけにしたいところ、今日はさすがに足りません;

コレッリの続き、ヴァイオリン・ソナタの作品5の6曲はコレッリの力作でしょうか、特に聴きごたえがあります。いずれも5楽章で、1プレリュード的な緩抒楽章、2対位法的な急楽章、3パッセージ鮮やかな急楽章、4短調で深みのある緩抒楽章、5舞曲的な急楽章、という構成(曲によって3と4が入れ替わる)。今日はルシー・ファン・ダールのvl、ボブ・ファン・アスペレンのorg or cemによる演奏。L.Van.ダールはS.クイケン、B.Van.アスペレンはG.レオンハルト、古楽の大御所に師事した人です。

core vl sonata01
vlソナタ 作品5より
No.1ニ長調、No.2変ロ長調、No.3ハ長調、
No.4ヘ長調、No.5ト短調、No.6イ長調
vl:ルシー・ファン・ダール
org & cem:ボブ・ファン・アスペレン


澄み渡ったような録音で、オルガンの響きが深く、vlの実在感もある。
この曲集は最初に聴くNo.1の第一楽章グラーヴェが奏者の表現、腕前を嫌がうえにも印象づけます、簡潔な骨組みの旋律のみ書かれた楽譜から湧きだすインスピレーションで、鮮やかで気品ある装飾演奏で開始します。Van.ダールは緩めに張った感じの弦をしなやかに歌わせ、パッセージを加える、間を十分に取り、グラーヴェはリピートされるが当然パターンの違う装飾を行う、しなやかな動きの中にキリっと気合いがこもる。数ある演奏の中で、特別抜きん出たところはないが、模範的と位置づけできそうな演奏。アスペレンは控えめながらソロを上手く受け止めた自然なリアリゼーションが良い。次の楽章アレグロはvlは重音奏法で二声を弾くのでトリオ・ソナタのように聴こえる、続くもう一つのアレグロはvl的なパッセージ、アルペッジョなど鮮やかな動きで引きつけ、次のアダージョは短調となり、vlと鍵盤による魅惑的な和声に浸らせる。最後も重音奏法で多声的に始まる、ジーグ風のリズムで閉じる。
同様の似たような構成の曲が6曲続くが、調を変え、6色の宝石のようです、各楽章の演奏時間は短いのに充実感はたっぷり。No.4ヘ長調の第二楽章はヘンデルのフーガ楽章を思わせる晴れやかさが良いです。ただ一つ短調作品のNo.5ト短調は冒頭楽章の憂いに満ちた入りから魅了する。

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 2

P-Jan ベルダー:コレッリ 教会ソナタop.1  

コレッリの作品というのは、どれから聴こうかと迷う必要ありません、CDがあれば頭から順に聴けばいい、洗練され尽くしていて、無駄な曲がありません。またコレッリの作品群はうまい具合にCD一枚とか二枚とかに切り良く収まるんですね。BRILLIANT CLASSICSのBOXセットからCD1、1681年出版のSonate da Chiesa(教会ソナタ)作品1の12曲を聴きます。

corelli01.jpg
教会ソナタop.1
No.1 ヘ長調、No.2 ホ短調、No.3 イ長調、No.4 イ短調、
No.5 変ロ長調、No.6 ロ短調、No.7 ハ長調、No.8 ハ短調、
No.9 ト長調、No.10 ト短調、No.11 ニ短調、No.12 ニ長調


基本的に、緩-急-緩-急、4楽章のトリオ・ソナタ、緩抒楽章の聴きどころは和声、急楽章はポリフォニックな仕組みと舞曲風のリズムですが、旋律はこれ以上良くしようがないほど、神がかっていますね。1曲目No.1 ヘ長調のアレグロでは音階をただ上るだけのテーマが他のパートの支えで、美しい旋律に聴こえてしまいます、複雑な仕掛けはないんだけど。No.2 ホ短調は冒頭グラーヴェから霊感に満ちている、そこにテオルボとオルガンが相性の良い響きで加わり、魅力この上ない、No.11 ニ短調も同様の魅力。
No.7 ハ長調は3楽章でアレグロで始まるが、リズミカルで爽快なテーマが印象的、チェロに代わってテオルボがバス旋律を弾く演奏もあり、この曲には効果的だが、当演奏はチェロが担当、このチェロによるバスはvlパートと対等で味わい深い、この録音は一段とチェロをよく捉えている。中間楽章グラーヴェの和声の美しさ、短いながら宝石のような作品。
最後のNo.12 ニ長調の第二楽章largo e puntatoではまたバス旋律が音階のオクターヴ下降を繰り返すだけのものだが、これが二つのvlに助奏された主役のように美しく聴こえるから不思議。

ピーター・ヤン・ベルダー率いるムジカ・アムフォンのメンバーで二人のヴァイオリン、チェロ、テオルボ、そしてオルガンがベルダー、二つのvlが重なる和声も美しいが、テオルボとオルガンの芸の細かさに耳を奪われる。通奏低音のパートはバス旋律に和音記号の数字が書かれているだけだが、和音進行をたどれば自然発生的に別の音のラインが出来る、経過音など加えれば立派な旋律になるわけですが、もう、奏者は半分、バロックの作曲家状態ですね、装飾法も時代や地方によって違うと思いますが、コレッリでは、モンテヴェルディ時代からあるようなイタリアらしい装飾が聴かれます。二つのvlも通奏低音も統一感のある第一線のセンスです。

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 0

ムジカ・アムフォン:A.コレッリ、作品全集  

思わず、ポチってしまった、アルカンジェロ・コレッリの作品全集(10枚組)です。
バッハやテレマンの演奏で素晴らしさは実証済みのP.Jan.ベルダー率いるムジカ・アムフォンの演奏なら期待を裏切ることはないだろうと。またコレッリの作品自体が絶対数が少なく、推敲を重ねたまさに音楽の規範ともいえる完成度の高いものばかり、それがCD10枚に収まり、まったく無駄がないです。録音は程よい残響で各楽器が明瞭に聴ける。

コレッリ BOX
アルカンジェロ・コレッリ作品全集10枚組 
ピーター・ヤン・ベルダー&ムジカ・アムフォン
2004年、ブリリアント・クラシックス


まずは各盤をチョット聴きしてみた。トリオ・ソナタ(教会ソナタ、室内ソナタ)にはじまり、唯一コレッリの管楽器作品とされるトランペットと2つのvl、通奏低音のためのソナタが見事、続いて名作ヴァイオリン・ソナタ集、合奏協奏曲集と収まっている。
まず、何といってもvl奏者の手腕が不可欠だが、これまで数多の録音がされた古楽演奏のトップに位置する内容でしょう、洗練された装飾演奏も期待どおり楽しませる。そして通奏低音も重要、チェロ、オルガン、チェンバロ、テオルボほかリュート属が曲に応じて適宜組み合わされ、和音楽器は一小節ごとに宝石を散りばめたようなリアライゼーションを奏でていく。
楽譜に残っているのはソロ楽器の旋律の骨格と和音を示す数字が添えられたバス旋律のみ、当時はコレッリ自身を含め、各楽器のスペシャリストが揃い、はじめて成立した音楽でしょう。これらの全集録音とは偉業と思います。
80年代頃から優れた古楽演奏によるコレッリが聴かれるようになり、さらに磨きをかけた最新の演奏を聴くと、あのクリスマス協奏曲だけでもゾクっとくる素晴らしさ、もはや昔のバロック・ブームの演奏などはまるで聴く価値はないでしょう、こればかりは古いLP盤を掘り起こす気にはなりません;古楽は新しいほうがいい?^^ 

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 5

アウトレットCD  

16年ほど前でしょうか、アメリカの某アウトレット・ショップから随分CDを取り寄せていました。今はネット上でできますが、当時は新聞紙みたいな紙に一覧が載ったカタログ冊子から、興味ある曲目で未知の演奏者、レーベルも選んでいました。日本では売られていない名盤があったり、大ハズレもあったり;とにかく福袋が届くみたいな楽しみがありました^^;

goodman corelli

写真はその中のひとつ、ロイ・グッドマン指揮、ブランデンブルク・コンソートによる、コレッリの合奏協奏曲集です。ヴァイオリン属の歌わせ方が素晴らしい(そこにリュート属の通奏低音が活躍)これまでで最高です。
グッドマンはホグウッドやピノックほど日本では有名じゃないかもしれませんが、古楽器による良い録音を次々出しています、バロックのほかハイドンもかなり集めました。
hyperionというレーベルもここで知ったのですが私の興味つついてくるんですね、古楽を多く出していて、マイナーどころも優れた演奏でだしてくる。先日のM.ハイドン、レクイエムもそうです^^
最近はアウトレット?じゃなくても結構安いのでいろんな方面から注文しますが。

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 0

コレッリ、ヴァイオリン・ソナタ  

Aコレッリのヴァイオリン・ソナタはバロック・ヴァイオリン奏者には特に腕のみせどころなのでしょうか、じつに多くの録音がでていて、いずれ劣らぬ名演が多いです。コレッリ自信の巧みな装飾演奏の実演が誰かによって聴き書きされた楽譜が残っているそうで、今日の奏者はこのレベルを目指しているんでしょうね。
私も何枚か集めましたが、ヴァイオリンはどれも上手いです、中でもお気に入りはこのモニカ・ハゲットのCD、
ヴァイオリンは素晴らしく、さらに通奏低音陣の充実が楽しめます、チェンバロ、オルガン、チェロ、それにナイジェル・ノースの弾くリュート属(テオルボ、アーチリュート)と曲ごとにいろんな組み合わせです。
N.ノースの通奏低音がこれほど官能できる録音は他にないかな?録音もきわめて良く、まずはお薦めの(2枚組)です。

corelli

category: A.コレッリ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター