Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

11コースLuteの調整  

もう1つの11コースLute(M.オッティガー作)ですが、これも少し弦高を低くしたかったので、今回、松尾さんにお願いしました。指板を少し下げての調整です、
m o 11c01
m o 11c02
下が調整後で0.5mmくらい下がり、写真比較では殆どわかりませんが^^;ちょっとのことで違うんです。今までも大きな問題はなかったのですが、譜例のように---
menuet.jpg
---ハイポジションの押弦と開放弦が交錯するところ、開放弦に触れずに押え、滑らかに行くにはギリギリまで低いと助かります、ひじょうに微妙な調整をしてもらいました。(まず自分じゃ出来なかった;)

じつはこの楽器、ブリッジの下あたりに、うっかり引っ掻き傷をつけていたのですが---
m o 11c03
---それが消えています^^依頼してなかったけど、ここも上手く均して目立たなくしてもらえてました、いつも細かな気配りで綺麗な状態で戻ってきて、本当に有り難いですm^^m

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート

tb: 0   cm: 0

Lars Jonsson作:バロックリュート  

師が注文されたリュートが完成し、昨日は届いたばかりの楽器をチョット試奏させてもらいました。今回はスウェーデンの製作家、
ラルス・ヤンソン(Lars Jönsson)作、13コース バロックリュート 弦長:71cm
セバスチャン・シェレ=モデル

L Jon 13c
Lars Jönssonのサイト
ボディの形状はクリスティアン・ホフマンに似ていますが、ひと周り大きめの感じです、使用材は極めて上質で精巧な作り、ハーゼが入ってますが、携帯のカメラなので綺麗に写ってません;製作家自身も「今度のは良い出来だ」とのこと。
音立ちは、モーリス・オッティガーのバロックリュートがクッキリした感じなのに対し、こちらは程良くソフトな感じ、ひじょうに豊かで懐深い鳴り、ちょっと弾いただけで"問答無用"のハイエンド器、とわかります^^
円に対し、クローナはお値打ちですが、頼んで約4年待ちだそうです、いくらであろうと、買い替えの必要のない楽器を選ぶのが一番のお得ですね、やる気も湧いてきそう(笑)

出荷時の弦はナイルガットと、低音にはSavarezのAllianceというKF弦(フロロカーボン)が張ってあるそうで、むこうでは定着しつつあるのかな、
kf.jpg
ラルスのリュートはナイジェル・ノースが近年のレコーディングにも使っていて、低音もKF弦だそうです。いつの間にかプロも巻弦を使う人が減ってきたみたい?

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート

tb: 0   cm: 4

嫁がせた楽器達  

PCに残った過去の楽器写真を見ると懐かしくなります。m
いずれも気に入って購入したものですが、体一つでは使いこなせず、迷った末嫁がせました、これも一部ですが;;
kodaira g
① Kodaira ラミレス・モデル(杉材)
isii 19c
② S.Isii ラコート・モデル
7c d l
③ D.Larson 7c Lute ヴェネーレ・モデル
ma 11c
④ J.Matuo 11c Lute (S.ムートンの絵画に基づく復元)
19c m
⑤ K.Tanaka ミルクール・タイプ  

①のクラギ以外、特に②、④、⑤は、今持っていればまた弾いてみたい楽器です^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

やる気が出ないとき  

とにかく楽器を弾くのが楽しくて、やる気が出ない日なんてない!
という方は良いのですが^^

べつに体が疲れていなくても、何だかやる気が出てこず、
「練習しなきゃ」と考えるだけで憂鬱になったりします;

11c_20170416101756f9a.jpg

そんなとき、
・まずは楽器ケースと楽譜を用意する、
・調弦だけきちんと合わせる、

・和音をちょっと鳴らしてみる、
・軽く曲を弾いてみる、

(思いのほか良く感じたら)
・もうちょっと弾いてみる

・のってきたら、さらに弾く
・いつの間にか楽しくなっているv

進める段階まで行って終りにします^^;
きれいに和音が鳴るというのも、やる気の第一歩です。

tab weiss

数日、まったく楽器から離れるのも良いかも、頭が煮詰まって、今やってる事が良いのか悪いのか、感覚が麻痺状態になるので、クールダウンすると客観的にわかることがあります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

ガット弦:フレット用と奏音用  

先般、注文を入れたAquilaのローデド・ナイルガットは未だに発送されません、どうやらまた諸事情で作れなくなったと思われ?幻の弦で終りそうです^^;アテにしていたのに・・;f gut
L ng

さて、ジャーマンテオルボの6コース低音弦があまりに振動不良だったので、代りになる手持ちの弦を探し出し、片っぱしから替えてみました、(*振動不良=弦の質量が端から端まで均一でなく、脈動して振動し、音程もふらつく)
6コース低音にはガットの1.12㎜相当を使いますが、見つけたのはどれも、もっとダメな弦ばかり、開放弦がフレットに当ってしまうような;;諦めかけて気付いたのが、フレット用のガット1.10㎜(キルシュナー)です、ダメモトで張ってみたら、これが良い!v
f gut
前にも書きましたが、キルシュナーの奏音用のガット弦は硬質な仕上げで、6コースの1.12には使いにくいですが、フレット用なら硬すぎずちょうど良い、鳴り具合もこちらのほうが気に入ってしまった。
gt 6c gut
因みにガットのフレット弦と奏音弦は仕上げの違いだけで、元々の作りは同じらしく、良質でない部分をフレット用にまわすと聞きましたが、張ってみるまでわからないですね、フレット用は長くてお値打ちだし、ダメだったらほんとにフレットに使えばよいしv

しかし、ガット弦は部屋に加湿器をかけて、40%→44%になるだけで大幅に下がる、たぶん敏感な湿度計が作れるんじゃないかと^^;
situdokei_20170324092909ba3.jpg situdo.jpg
昨夜はあまりに乾燥していたのに驚きました、ここで加湿器をかけるのがよいのかどうか?・・極端な変動になってしまう;
このタイプは湿度が低いほうでは精密ではないようで、低いほうは昔ながらの温度計が2本立った気化熱差で見る方式が正確にわかるかもしれない。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート

tb: 0   cm: 0

弦の止め方いろいろ  

思えば指板を持つ弦楽器って多種ありますが、ブリッジ、あるいはテールピースへの弦の止め方には様々方式があるようです。m
まず、我がリュート、及びクラシックギターは同じ止め方で、弦の端には何も施さず、このようにブリッジの穴に通して絡めるだけ、まず安心な止め方ですv
lute_201703081006224db.jpgguitar.jpg
まあ、ケースバイケースでいろんな変則法も使いますが^^;

しかし、19世紀ギターになると何故か多くがこの方法を取らず、弦の端に緒止め(止め玉)を自分で施し、楽器内部に通し、ピンを指して止めるという方法です。
19c g
001b_2017030812102070f.jpg002b_20170308121039614.jpg
(2タイプあり、弦を通す溝が①はピンの穴、②はピン自体に付けられている)
この方法は緒止めが上手く効いていないと、弦がすっぽ抜けて、ピンもどこかへ飛んで、探すのにエライ目にあいます;また緒止めが溝に挟まり込んでピンが抜けなくなったり^^;具合よく止まっているか、楽器内部なので見えないし、どうも苦手でした;
フォークギターもこのピン止めを継承していますが、弦には後述するボールエンドが施されていて心配ないです。

現代のヴァイオリンでは弦の端が止められるよう施工されていて、ボールエンドのほかにループエンドと2種類あり、
string2b.jpgvn 2
ボールエンドは、弦の先端部分に丸い金属が付いていて、テールピースの穴に通し、溝に掛けるんですね、ループエンドは、弦の端が輪っかになっていて、チューニングアジャスターを使う場合の仕様です。
たしか、エレキギターの弦もボールエンドで止める方式でした。

昔のバロック・ヴァイオリンの弦にこういう施工はないだろうと思い、調べたところ、緒止めの作り方が動画で紹介されていました、
gut_201703081917132af.jpg
動画→ Gut E String Tieing
なんと!自分が考え付いた19世紀ギターの緒止めと同じでした、これは具合良かったです。
ただしE線だけは細いので緒止めを作り、さらにテールピースに絡めるようです。
B vn string02B vn string01

PS.糸巻き側でも楽器によって工夫があるようです、三味線の三の糸(一番高い弦)は細いので糸巻きの穴に2度通ししています、参考→ 三味線のしおり、いろいろ参考になります^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

マルチ・リブ ≪追記あり≫  

リュートのボディの裏面は柳の葉状に切った薄板(リブ)を継ぎ合わせて球面にしてあります、内側には継ぎ合わせの補強のため、境目に布や紙のテープが貼られています、製作家によってやり方も違ってくるかもしれませんが、 te
11c l
リブ材はハカランダで内側も黒っぽい(修理時に開いた写真)
この楽器は一枚の布を裂いて利用してあります、リブ数は11枚なので少ないほうです。

マルチ・リブというリブ数の多い楽器もみな同じようにテーピングしてあるのか?気にしたこともなかったですが;うちにある最もリブの多い(21枚)楽器を響孔から覗いてみると、
al 02
tape.jpg
追加写真:この楽器は響孔が3つあるので、1つから照らし、別孔から撮れました
一応1箇所ずつ貼ってあります、ただし薄い和紙のような細いテープです、ツヤがあるので塗装もしてあるように見えます、テープ面も堅仕上げが良さそう。

もっとリブ数の多いテオルボもそうだとすると、これも相当な手間です、
n teo
参考:L.ニスカネン作、テオルボ
数本跨いで貼ったほうが早いような?;

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート

tb: 0   cm: 2

優れ物:折り畳みテオルボ  

奇士さんのブログで紹介されていますが、興味深いのでこちらでも取り上げます。
昨日のチューナーと違い、かなり高価なものですが;te

リュート属にはテオルボという人の身長ほどもある、ド長い楽器があり、通奏低音で使われることが多いので、お仕事で移動も頻繁な楽器でしょう、何とか移動時にはコンパクトにできないか、というのは誰もが考えたと思いますが、ネックをジョイント式にしてしまうと、収納のたびに弦を外さないといけない、近年、調弦を保ったまま折り畳む、というアイデアの楽器が北欧から出てきました。今回はフィンランドのLauri Niskanen 作のテオルボ、
te.jpg
説明動画→Foldable Theorbo

この楽器の上手いところは、ペグに見える1本がじつは伸ばしたときのストッパー・ネジになっているところ、
te2.jpg
専用のケース
製作家サイト→Lauri Niskanen, Luthier

こういう楽器になると、お気に入りの愛器、というより、よく鳴って便利だと助かる、という業務用感覚かな^^

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

優れ物:小型チューナー  

師の愛用でお薦めの小型・軽量チューナーを取り寄せた、お値打ち価格なので2個注文v
D'Addarioの PW-CT-12
pw cd 12f
仕様は以下のとおりだが、
pw ct 12e
リュートにも具合よく装着でき、調弦の邪魔にならず見やすい角度にできる、重さは無視できるほどで付けたまま弾いても支障ない。音を感知して表示が起動し、電池の節約機能もある。
PW CT 12c
表示の右下には現在のピッチ設定が常に表示される
pw cd 12b
クリップ部は高さ調節ができ、リュート、ギターにはこれで十分、クリップの接触面はソフトで傷をつけない
サンプリングが高速で、平均値を示すようで状態が掴みやすい、従来の製品より手早く調弦し易くなっている。周囲がうるさい場所でも信用して合わせられる。
高速処理技術といえば「補償光学」を思いつくが;市販品もそれなりに進んでいるようだ。
pw cd 12 hyoji
表示が「緑」で安定すれば、概ね問題ない程度になる
A=410~480hzの設定ができるので、バロックピッチはOK、発信音は出ないが、メトロノーム機能も付いている。電源を切っても、直前の設定が保持される。

なお、様々な楽器に装着できるよう、クリップ部分は別仕様が用意されている。
pw cd 12 vn

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 4

フレット楽器の弦高  

フレット楽器の宿命というか、リュートをケースから取り出すたびに気にしてしまうのが弦高です、適正だったつもりでもいつの間にか高くなっていることがあります。m
指板の起伏が良く調整されているのが肝心で、理想は中ポジションからローポジションにかけて少し前のめりで(こうでないと、ローポジションがビリやすい)ハイポジションはほぼ真っ直ぐでいい、強調するとこんな感じ、
002b.jpg
この状態で演奏性としては可能な限り低いのが望ましい、
gennko.jpg

弦高の測定は指板上の9ポジションの指板から弦の下部までを目安にしている、(12ポジションは響板上にあり、起伏の状態により差があるので目安にしにくい)
001_201702151020152d4.jpg
sasijaku.jpg

因みにうちにある楽器では13コースlute(弦長69.5cm)が3.2㎜で絶好の高さ、これは昨年、製作者M.オッティガー氏に調整してもらった。
13c lute

もう一つ11コースlute(弦長66cm)は3.5㎜の状態、これは自分でできる範囲で調整したが、ひとまず弾きやすい状態、いずれ指板を少し削って下げたいと思っている。
11c lute

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧