Micha: Classic音楽とLuteの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

65kg  

リュートの響板はこのように響孔から懐中電灯の明かりを入れると提灯のように内部が透けるほど薄い(2mm以下?)
11c lute
13コースバロックluteでは弦を24本張るが、1本当りの張力は平均2.7kg程度とおそらく弦楽器の中で一番緩いと思う、しかし24本の合計で約65kgになる、
(*ちなみにクラシックguitarは6本で45kg前後)
seisansiki.jpg
strings_201805241046558f2.jpg
13コースリュート張力計算表
この薄い響板に細いブリッジをニカワ接着しただけのところに大人1人がぶら下がるのと同じ力がかかる;
002_20180524110659bef.jpggt02_20180524110658521.jpg
騙されている気がする;これで壊れるなというのが無理というか、もっと緩くするのが正しいだろうと思う。

ルネサンス期のリュートは初め6コースくらいで、張力合計約30kg、楽器の構造に対し健全でこれが完成形に思うが、
6c lute
6コースlute
時代が下り、音楽の求めに応じて低音コースが増えていった、少コースのリュートを改造したのもあった、バロック後期には13コースになり、壊れる寸前で持ちこたえている?
あまり気にすると精神衛生によくない^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: リュート

tb: 0   cm: 2

カッコ良く?  

昔からギターというとラテン系の作品が多く、情緒があり、リズミカルで官能的だったり、ラスゲアート(掻き鳴らし奏法)も切れ味よく、びしっと決めないといけない; 
古くはバロックギター作品、ボッケリーニ、F.タレガ、編曲ものでアルベニスやグラナドス、南米陣のヴィラ・ロボス、A.バリオス等も主要なレパートリーだ。(古典派期のF.ソル、アグアドなど民族性を廃した例外もあるが)
アルベニスのコルドバなど好きな曲だけど;
j w guitar
you tube:John Williams | Cordoba | Isaac Albeniz
すごく難しい;
バロックギターを1棹だけ持っているが;音楽の性格は近いところがあり、格好良く決めるというイメージ、
b gutar
you tubeMiguel: Rincon | Santiago de Murcia & Gaspar Sanz
聴く分には好きなんだけど、弾くとなると、どうも自分らしくないな;という気がする^^;

リュートならオッサンが難しそうにえっちらほっちら弾いてても、まあ許容される雰囲気かな?と思い込んでやっている;オリジナル曲が好きなことも大きいが。
r b lute
you tube:Sonata in C Major by Conradi for Baroque Lute Performed by Robert Barto

PS.N.ノース氏もローデドNG弦を使っているようだ。
n north 02
you tube:Lute 101 with Nigel North

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

弦の不振動部分 (追記:燕)  

リュートの弦はナットとブリッジ、あるいはフレットとブリッジで止められ、その間が振動するが、厳密には端から端まで振動していない、大なり小なり、固定された近くは弦の素材の硬さが原因となって不振動部分が生じる、弦の質が硬く、弦長に対して太いほど影響が大きく、ハイポジションほど、不振動部分の占める割合が増えて、実質の弦長が短くなり、ピッチが高めになる。 
001_20180509083646a5b.jpg
リュートの低音に張る単線のガット弦やクラシックギターの③弦のナイロンも太いので、この傾向が出やすい、
バロックluteの6コースに単線のガット弦(キルシュナー)を試したが、ハイポジションでピッチが高めになる、
gut K
ギターの場合、サドルに③弦の弦長を少し伸ばす工夫も見られる。
c guitar
リュートの場合はフレットの位置を動かせるが、問題はオクターヴ調弦に張ったコースで、オクターヴ弦は細く不振動部分は僅かだが、低音弦はそれが大きい、よってハイポションに行くほど、低音弦のピッチだけ高めになる、これは調整のしようがないか?
この問題を避けるには、
1.巻弦を使う、芯線は柔らかいので、こういう問題は出ない、
2.太くても十分柔らかい材質の弦を使う(AquilaのローデドNG弦が柔らかいのはこの解決と思われる、ただし6、7コースに使う太さには振動不良が多い;)
l ng
11c L NG
6コース以下はオクターヴ調弦

-----------------------------------------------------------------------------------------
追記:ツバメの巣がだいぶ出来上がってきた
tubame 5 9 c
つがいが引き込み電線に止まっている
tubame 5 9 a

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: リュート

tb: 0   cm: 0

手入れも楽し  

このところ、やたら忙しく、リュートを持とうという気になれない、時間がないわけではないが、落ち着かなければ手につかない、そんな時は音楽ではない作業だけしておく。
gt01b.jpg
久しく休ませてあったジャーマンテオルボ、どうもダブルコースの間隔が近すぎて特に3~5コースが強く弾くと弦がぶつかりやすかった。
gt02.jpg
ナット側はちょうど良いのでブリッジ側を広げるよう、弦の穴を横に広げ、間を開けて止まるようにした。
gen ana
yasuri_20180427084050e29.jpg
穴を広げた細ヤスリ

注文してあった、ローデドナイルガット弦がタイミングよく届いたので交換、今まで低音は全てフロロカーボン線を張っていたが、もう少し"芯"のある音にしたかったので、8コースと11~13コースをローデドNGに替えた。
aquila.jpg
ローデドNG弦は2017年10月製造(Aquila社)、改良後の製品で"切れる"問題は解消され、好ましい鳴りで振動も良いようだ、
gt 06
赤褐色の弦がローデドNG
しなやかで扱い易く、温度・湿度変化でピッチが殆ど狂わないのが何より助かる、
(フロロカーボンも影響の少ない性質だ)
ギターの巻弦は古くなると替える必要があるが、これは振動が良ければずーっと使えるv
gt01.jpg
5月か6月に少しはやれるかな、

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: リュート

tb: 0   cm: 3

スティールパン  

何を思いついたのか、息子がこの楽器を買った^^;ひとまず初心者向けを、 
st pan e
スティールパンという楽器は、カリブ海南端の島国、トリニダード・トバゴ共和国で発明されたそうで、1939年、ウインストン・スプリー・サイモンという人があちこち凹んだドラム缶を直そうと叩いた際、叩く場所で音程が変わるのに気づき、スティールパンの元となる楽器を作ったそうだ。
まず、缶の叩く面を全体に凹面にして、さらに大小の凹面(又は凸面)をつけただけ、こんなにシンプルな構造で立派に音階を奏でることができ、"ピャン"という独特の余韻は他の楽器では絶対に出せない音で面白い。音響的構造は凹みの部分が音程を作り出し、残った面が共鳴板になっているような、合理的な構造だ。
弦楽器や管楽器など、大抵の楽器は長い歴史の中で洗練され、機能を高めてきたが、スティールパンは、いきなり完成、といえるかもしれない^^そういう意味でも傑作楽器だろう、適切な缶があれば自作も可能だがチューニング加工は難しいそうだ。

名手によるハイテクニックな演奏もある、
st pan
you tube:Mario Bros. Theme by Steelpan solo
なぜか、スーパーマリオの曲がぴったりくる、この楽器を想定して書かれたみたいな?^^

技はなくてもバンドを組んで、timpみたいな音程打楽器として、2~4音だけ鳴らしても効果的に使えそうだ。様々なバリエーションが作られているが、やはり最もベーシックなタイプの音が良いと思う。
st pan02
you tube:"Under The Sea" performed on Steel Drum from The Little Mermaid

上記の初心者向けでも立派にスティールパンの音がする、量産タイプとはいえ、チューニング(板金?)は手作業でしっかりされている。

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

シュトローヴァイオリン  

レコードの原点に遡ると面白いものが出てくる、 
蓄音機で聴くSP盤も初期の頃は電気を使ったマイクロフォンが無く、蓄音機の仕組みを逆方向に利用するアコースティックな方法で録音(カッティング)していた。当時は奏者が何人であろうと全員がこの集音ラッパの前に集まり、吹き込んでいた、打楽器などは後ろにさがり、音の弱い楽器は別の楽器で補強したりしたそうで、オーケストラの録音も行われた!
acoustic_recording.jpg
壁を隔てた別室で録音(カッティング)している
録音機能に楽器や奏者が歩み寄るしかなかった。

シュトローヴァイオリンという、ラッパ管の付いたヴァイオリンがあるが、この時代の副産物らしい、こういう音を狙って単独に作られた楽器か、と思い込んでいたが;
stroviol.jpg
Stroh Violin
蓄音機の機能をヴァイオリンにくっつけたようなもので、駒で受けた振動が金属の鼓面に伝わり、それをラッパ管で拡声する仕掛けで、音が一方向に集中するので、前述のアコースティックな録音法で音が受けやすい。つまり当時は録音の場合のみ、普通のvnに代わってこれが弾かれていたそうだ。電気を使ったマイクロフォンや増幅装置が出来てからは普通の楽器で、奏者も普通の配置で録音できるようになった。

シュトローvnはその後も面白さからマニアックな楽器?として存続しているようだ。
普通のvnとは風情がだいぶ違い、中国の二胡と勘違いしたりする(部分的には構造が似ている、木のボディではなく小さな鼓面を鳴らすところ)、G線はふっくらしない;
s vn
you tube:Polske on stroh violin
このスウェーデン民謡にも音が合っている気がする。

PS.シュトローチェロ、ヴィオラもある、
Stroh cello
Stroh cello

PS.アルトゥル・ニキシュ指揮によるSP録音
a n
you tube:Arthur Nikisch cond. Mozart: Le Nozze di Figaro - Overture(1914)
you tube:Arthur Nikisch cond. Weber: Der Freischtz - Overture
「録音音楽」という独自性は今も変わらないかもしれない;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

バロックのLuteとGuitar  

どちらも古楽器である以上、軽量の楽器だが、リュート属は球面体という力学的に強固な構造を持ち、ボディ内の反射音がストレートに響孔から出てくる感じで、音エネルギーへの変換率も高いように思う。リュートでラスゲアートをやると甲高くなるので、あまりやらない;
lute p r
11コース バロックlute
b g tuning (2)
バロックluteの調弦(⑥コースより下はオクターヴ弦が付く)
b l tab
*上の五線譜に対し、下のような弾き方になる、赤線は音を残して次の音に重ね、レガートに響かせる、バロックギターとも共通した特徴。

バロックギターやヴィウェラは断面としては四角く、内部で繰り返し反射して出てくるような音で、悪い表現で言うと、ヤワな箱に弦を張っただけ、って音^^;あまり鋭くは鳴らない、それが逆に良いところでもあり、ほっこりした響きで、ラスゲアートも耳ざわり良く鳴る。
b g st
b g tuning (1)
*バロックギターの調弦例
リュート曲には高音弦のよく鳴る所を狙って書いてある部分もあるが、バロックギターは各弦、均等な扱いのようだ、
バロックリュートでも概ね共通した技術だが、とくにバロックギターでは旋律線が1コースから突然4、5コースに移ったり、ハイポジションから別弦の解放に移ったり、というのが常にあり、さらに右手の使う指も特定できない;そこは現代のギターとはかなり違う、
b g tab
*バロックリュートと同様、音を残して重ねる部分が多い
それで滑らかに繋がって聴こえるように・・というわけで、親指だろうが人差し指だろうが、目的どおりに鳴らす、弾弦コントロールに苦労する楽器だ;;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

四苦八苦:楽器調整 <追記あり>  

モダンguitarの調整は製作家に頼むことになるが、古楽器は使い手がやる部分が多い;
昨夜はバロックギターの調整にかかりっきりで、あとはなにも出来なかった; 
昨年末に完成し、フレット高さは納得いくまで調整して、
b g 03
経過をみていたが、ハイポジションのビリが目立つ、

リュートはハイポジションを使う頻度は少ないのであまり感じないが、ギターはいつもながら本当に微妙でシビア;
ビリを無くすには、まず振動不良の弦は使わず、
①弦高を高くする
②テンションの強い弦にする
になるが、①も②も最小限にしたい^^;
強く弾けばビリつくけど演奏上は問題ない、くらいが狙い所になる;
経年変化による前倒れを考慮すると楽器本体は今の状態くらいが良いと思われる、
この楽器のブリッジは弦高が低く止まりやすく出来ているので、当面の対策として1mm厚のアクリル板を上に挟んで弦を止めた、
b g01
あとは弦の止め具合で微調整、どうにか狙いの高さにできたようだ。
ブリッジの飾りが隠れないよう透明板を使ったが、
b g02
これならパっと見、わからないかなv

*追記:ブリッジの弦の止め方をこうすると、簡単に高めに止めやすいのがわかった、
たしか、どこかのサイトで見た、(2~5コース)
b g 06
弦の端に緒止めを作り、ブリッジ上でねじらず一まわし、あとは反対側で弦の交差位置をずらして引っ張ればその位置で止まりやすい、
b g 07
4コースの太い弦がビリやすく、とくに高めにしてある

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

道楽のリュート  

当ブログも年が明けたら6年目になろうとしています、長々と飽きもせず、進歩のない話を書き散らかしています^^;
自分が初めてリュートを手にして37年、バロックluteまで手を広げて32年と、恐ろしく年月が経ち;一番長続きしている道楽です。

クラシックに興味持ったのは中学あたり、音楽の教科書に載っていたリュートの絵はどこか古雅な姿で惹かれたが、どんな音か聴いたことはなかった。
lute pic
一旦歴史が途絶えた楽器だが、古楽復興の動きの中で先駆者となる奏者(研究者)が現れた。
その音がラジオなどで聴かれるようになり、イメージにふさわしい古雅な音色に魅了された。
この雰囲気はギターでは表現できなかった、
11c lute
リュートをどうにか手にした頃、日本はまだ黎明期で、楽譜も交換弦も簡単には買えなかったが、徐々に環境が整い、さほど不自由はしなくなった。
バロックlute作品の楽譜は今も印刷出版されるものは少なく、手稿譜の写しを使っているが、誤植が生じない点は逆に助かる。
リュート譜(タブラチュア)は決められた調弦で、どの弦のどのポジションを弾くのかを明記する記譜法で、左手、右手の指使い符号まで書き込まれた譜もあって、作曲者がどんな響きを求めているかが直にわかり、効率的な運指法の参考にもなる、
tab01_20171215232152db2.jpg
五線譜以上に具現化しているようで、大昔の作曲者(日本では江戸時代)と譜を通して共感するような近しさを覚え、そこが面白い。
取り扱いは面倒だけど、それも楽しく思えるのが道楽^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村

category: リュート

tb: 0   cm: 4

「美しく修理」:金継ぎ、羊皮紙貼り  

「時間」の不思議に誰もが想いを巡らせたことがあるのでは・・? 我々が「今だ」と思う瞬間も、1秒も経てば過去になってしまう、次に今だ、と思っても同様・・絶対に前へしか進めない、たった今、割ってしまった茶碗も1秒前には確かに無事だったのだ^^;
m
えるてさんのブログで紹介されている「金継ぎ」のお話が興味深かったですが、陶磁器の割れやヒビなどを漆で接着して、接合部分に金の飾りを施すというもの、漆は接着と欠損埋めの役割をする、さらに接合ラインに漆を下塗りして金粉等を付着させる・・大まかにはこんな要領かな、これがまた破損する前とは違った趣きの美しさになりますv
Kintugi_20171120104419d56.jpg
金継ぎした茶碗
これも時間の成り行きを受け入れた人の技でしょう、漆で接合したのは縄文土器にも見られるそうです。須恵器の時代になると、窯焼きで灰の成分が溶けて自然の釉薬になったり、古くから自然の成す味わいに親しんできたようです。

ところで自分が使っている西洋楽器、リュートにも似たことを感じました、
どこかにぶつけて破損してしまったり、弦の張力で徐々に変形してきたり、修理を重ねると外観が損なわれます、
この11コースluteは最も修理歴が多く、何度か響板を剥がして再接着しています、
11c lute01
11c lute02
薄い響板のヒビ割れは内側に継ぎ貼りをしますが問題は外側の補修です、響板の外周には上の写真のように黒い木のパフリング(縁飾り)がありましたが、そこも一部削り取ることになり、最終的に縁は羊皮紙で覆うことになりました、
11c lute03
これも昔からある修理法で、縁に白いラインが入るのも意匠的にわるくない、
使い込んだ風格みたいで気に入っています^^
Troy-Mouton.jpg
バロック期の絵画より
新品から羊皮紙貼りにすることもあります。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック