Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

カラヤン&VPO:ドヴォルザーク交響曲第8番  

今日はカラヤンの「新世界」と思ったのですが、カラヤンの場合第8番が好きなので急遽変更。
このLPは夏の中古盤セールで購入し保留していましたが、ジャケットはきれいで中身もあまり聴かれた痕跡のないもの、極めて良好品でした。おなじみ、カラヤン来日記念盤で出た英デッカ盤、帯には「このレコードは限定版ですので、すぐ売り切れるおそれがあります・・」との書き込みも懐かしい;いずれもVPOとの録音で20枚リリースされました。1961年、デッカの録音はHi-Fi、音溝が大きく刻まれ情報量が多く、オーケストラが迫ってくるサウンドです。さすがにカラヤンのまだ若々しい覇気が聴けます。

カラヤン dov 8
1961年、VPO 英デッカ

第一楽章の弦の序奏は個々の弦が粒立って聴こえるようで、じわりと始まります、主部は快速で細かいことを考えずとも颯爽と整った演奏がぐいぐい押してきます。ダイナミックレンジが大きい録音だけに強弱の奥深い表現にも引き付けられる。
第二楽章は凝った構成ですが、木管のソロは音量を控え気味に、夢想的に聴かせる。
第三楽章はスケルツォというより、スラブ舞曲の雰囲気をもつ抒情的な主題、ここもVPOの弦の美音が粒立つようで一際味わい深い。中間部の主題は木管の歌とともにポルタメントを効かせた柔和な弦の表情がいい。
終楽章はソナタ形式だが、展開部が短く、提示部と再現部に変奏の要素を持たせているのが特徴、tpファンファーレは少し奥からの良い響き、第一主題は弦でゆったり始める、トゥッティに入るとぐっとテンポを上げ、切れ味痛快。民族的舞曲も登場するが、カラヤンは常にぴしっと張りつめた覇気をもって進め、VPOも決めている。終結では一段と速度を増し、豪快なブラスに包まれ熱狂的に終わる。

カラヤン dov 8b
1985年、VPO D.グラモフォン

カラヤンは1985年にもD.グラモフォンに同じVPOと第8番を録音している、円熟味が加わった味わいがあるが、'61年の頃の若々しい覇気は幾分丸まった感じがする。録音はさすが'85年、D.Gのクウォリティですが。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

F.フリッチャイ:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」LP二種  

高校時代、友人から借りて聴いたヘリオドール盤のフリッチャイ&BPO「新世界」には演奏と録音の素晴らしさに魅せられました。しかし、先般手に入れたD.Gチューリップ盤は同録音ながらヘリオドール盤の記憶の音とは違う、と思い・・ヘリオドール盤も取り寄せたしだい(安い!)^^;
フリッチャイ dov 9 dg
フェレンツ・フリッチャイ指揮、ベルリン・フィルハーモニーO
D.グラモフォン(チューリップ・レーベル)1959年録音


フリッチャイ dov 9 he
同録音、ヘリオドール・レーベル

盤面を見ればすぐわかる、ヘリオドール盤は新たにカッティングされたものです。どうやらチューリップ盤は古き時代の音仕上げのようで、ダイナミック・レンジを抑え込んであり、強奏部のブラスの豪快な響きがおとなしく丸められています。昔、国内に普及していたプレーヤーやフルレンジ・スピーカーでも再生し易そうな音?しかし弦楽のしっとり落ち着いた味わいなど全般にグラモフォンらしいサウンドに仕上がっています。
一方ヘリオドール盤はマスター音源に近いであろうHi-Fiサウンドに仕上げられていて、新時代のオーディオに合わせてあるようです。再生すると生々しい弦、太く豪快なブラスが凄い、高校時代の記憶が甦ります。フリッチャイの演奏を詳細に聴くにはヘリオドール盤、若しくはその後出た"グラモフォン・スペシャル"盤が良いでしょう。古き時代の味わいで聴くにはチューリップ盤、ということに。一方だけが良いとは決められません。
フリッチャイの演奏はあらためて言うこともないですが、スケールが大きく、強弱起伏とテンポの緩急変化がツボを得て、堪えられない、何度聴いても良いです。

このヘリオドール盤はまたノイズがひどかったので、今度こそダメージ盤か、と半ば諦め気分で水洗浄し、2回ほど針を通すとノイズは消えてきました、塩ビ盤は丈夫です。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

K.ベーム:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」  

じつはL.バーンスタイン指揮イスラエル・フィルの「新世界」を取り上げようとしましたが、繰り上げてK.ベーム&VPOです。
1978年、ムジークフェラインでのセッション、ベームの晩年に近い頃ですね。老境のベームとVPOがどんな「新世界」を聴かせてくれるか。録音はかなり直接音の多いオケにぐっと近づいた感じです。

ベーム dov 9
ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」
カール・ベーム指揮
ウィーン・フィルハーモニーO
1978年 ウィーン、ムジークフェライン 大ホール


快調、スマート、な演奏じゃないのは予想どおり、今まで聴いたことのないタイプの演奏が繰り広げられる。
第一楽章、ビブラートを深くかけたVPOらしい弦でじわりと始まる、木管のハーモニーの中からウィンナobがツーンと突き抜けてくるのも他にはない雰囲気。主部は速くないが普通のテンポでしょう、熱気のある弦、timpの強打が飛び出す、直接音主体のため、あまり涼やかには響かない、チェロはゴリゴリ聴こえる、懐深い強弱、インテンポでぎゅっと引き締まった、骨格の強い表現で進む、クレシェンドするところは低弦が引っ張っていき、力感がある。木管や弦が歌う第二主題は穏やかだが表情は控え目。展開部は結構豪快に熱気をこめる。終結も若干テンポアップするものの、冷静さも失わず、ガチっと決める。
第二楽章、よくあるテンポ、遅くしすぎないのもベームらしい。イングリッシュ・ホルンが聴きなれた音とは一味違う、これもウィンナ・タイプがあるのだろうか?中間の短調ではvlは弱音器を付けているにもかかわらず、結構熱気を帯びる。祭りの旋律も落ち着いたテンポで開始、ブラスの加わる総奏も重厚。第二楽章もやはり老練というか武骨というか、そんな味わい。
第三楽章、遅めのスケルツォだが、ずっしり重量感と切迫感で押してくる、ゴリゴリ弾くチェロに続きtimpは爆音、これはハマってしまう;副主題もさほど緩やかな感じにはせず、芯が通った感覚、スケルツォが十分豪快なので対比はつく。
第四楽章が一番ベームらしい、じっくりとしたテンポ、がっちりとした構造感で押し通す、テンポもほぼ一定、しかし懐の深い強弱、弦は燃え上がるようだけど木管は意外に淡泊、ブラスは豪快、終結の熱気も冷静に整えて終わる。ゴツゴツしているがこの終楽章も聴くほどにじわじわと術中にハマってくる感じです。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

C.von ドホナーニ:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」  

しばらく「新世界」をいくつか聴いてみようと思います。
今日はクリストフ・フォン・ドホナーニ指揮、クリーヴランドO、随分前から持っていたのですが、「新世界」をじっくり聴くのは久しぶりです。このLONDONレーベルの録音は評価も高かったと思いますが素晴らしいもので、音場は澄みわたり、各楽器の音も美しい、低音も懐深く、ブラスの強奏も濁った響きにならず厚みがあってリアル。ドホナーニ&クリーヴランドOの快演がいきいきと響きます。

ドホナーニ dov 9
ドヴォルザーク
交響曲第9番「新世界より」
交響曲第8番
クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮
クリーヴランドO
1984年


ドホナーニはあまり練り込んだ表現を取らず、自然の慣性に乗ったように、快調にサバサバと進めます。強弱の起伏が自然で滑らか、リズムと進行がとても心地よい。
第一楽章、始まりの弦が潤って美しい、木管にも魅了される、主部は快調なテンポ、切れ味よく始まりtimpの強打が飛び出す、迷いなく溌剌とした基調、フルートの穏やかな第二主題、次のブラスが入った強奏へと大きな起伏をさらりと運ぶ、展開部でのブラスは豪快だがやかましくない範囲でダイナミクスを聴かせる。終結部前のトランペットが吹き始めを強く、中ほどを弱め、再び強くする1音の表現が絶品。終結は気持ち良くビシっと決め、クリーヴランドOの合奏力に惚れ惚れして終わる。
第二楽章、ここもほどほどのラルゴ・テンポ、弱奏から立ち上がるブラスも上手い、コーラングレはさらりと歌うが弦の伴奏音も含め情感は豊か、引き継ぐクラリネットの響きが一際魅力。中間部の短調でも弱音器付き弦をバックにクラリネットはじめ木管のハーモニーが美しい、管で始まるお祭りの旋律はテンポを上げ、総奏に持っていく。休符を置いて途切れがちに進む終結部、SQになるところも美しく聴かせる。
第三楽章、予測どおり快活なテンポでズバズバ切れ味よく聴かせる、timpの強打が思い切りよい、副主題で穏やかになり、再び盛り上がる、このスケルツォではtimpの細かな弱奏も巧みにリズムを演出して効いている、曲全体にも言えるがtimpの芸が細かい。
第四楽章、快調な入り、トランペットはじめ、ブラスがとても上手い、この楽章の顔とも言える響きを決める。展開部も各部バランスよく詳細に聴かせながら終結はテンポを上げ、畳み込むように終わる、最後の木管の余韻も短め。

ブラームス風の第7番も好きですが、8番、9番は明快な魅力ですね。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

O.スウィトナー:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」  

スウィトナーは客演するオケでは前の指揮者の癖を取ることから始めると語っていました。音作りの基本がかなり違うのでしょうね。ドヴォルザークの交響曲においても、全体が室内楽的な弱音基調で木管のハーモニー、弦の弱奏など他のパート音に邪魔させず、くっきり浮かばせます、弦楽をゴリゴリ弾かせることはありません。ダイナミクスはブラスや打楽器に依存しますが、ブラスも透明に溶け合う響きを尊重しているようです。弱音に集中させ、強すぎない強奏を効かせる。SKBの合奏はBPOやRCOみたいにビシっと決まっていない、そこが柔らかで血の通った味わいに聴こえる、器用に聴かせるより大事なものがあるように感じます。

スウィトナー dov 9
ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」
オットマール・スウィトナー指揮
シュターツカペレ・ベルリン
1978年、ドイツ・シャルプラッテン


第一楽章、弦による序奏はきわめて弱奏、エアコンやパソコンが動いていると聴こえづらい;主部の開始はやや快調なテンポ、第一vlの最高ポジションの音がやや苦手っぽく乱れますが、高揚感として聴こえる;続くvlのトレモロが聴こえるかどうかくらいの弱奏、木管が交互にテーマを入れ、ぐっとダイナミクスに持っていく、フルートのソロやvlによるテーマは他パートを事前に十分弱奏にしてテンポも緩め、落ち着いたところでゆったり歌わせる、クレシェンドをかける際にもぐっと抑えてから始める、こんな表現法で引き付けて行きます。展開部も爽快な響きでピリとした緊張感を持たせます。終結部に入るとブラスは今まで控えていた音量からぐっと高鳴り、テンポも加速、突然キレたように熱烈に終わる、ここはスウィトナーらしく、いいv
第二楽章、あまりゆっくりのテンポではないが十分脱力した感じ、イングリッシュ・ホルンも良いが、他の木管、ppの弦が夢想的で良い、楽譜を持っていなければ気付かなかったような、かすかな弦の内声も聴こえてくる繊細な表現バランス。オーボエ、フールトがお祭り風の旋律を始め、総奏に入るが、第一楽章、第二楽章のテーマが豪快に重なる、各楽章のテーマは同じDNAで出来ているみたいです。
第三楽章、ここは速いテンポを取り、スケルツォのリズムに切迫感を持たせ、キリっとした切れ味、副主題でゆったりとした気分にして、再び緊迫させる、再度演奏するスケルツォはさらにテンポ・アップしているようです。
第四楽章、開始は切れ味よく豪快、響きはあくまで清潔、たった1か所のシンバルが鳴る、クラリネットのソロ、vlと続き総奏となる、vlが強すぎない分、コントラバスが深く聴こえる低い重心の響きが良い。木管パートをよく聴かせる、他の演奏では聴けなかったバランスで聴こえてくる。終楽章には前楽章のテーマが有機的に組み込まれています。終結はブラスを豪快に響かせ痛快に加速、余韻を長く消え入るように終わる。
「新世界」はスウィトナーの特質がよく感じとれるようです。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

G.セル:ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」  

今日は胃カメラ検査に行ってきました。半年前に食道に見つかった腫瘍のようなもののその後の変化を見るためです、自覚症状には何も変化はなかったですが、腫瘍の大きさも殆ど変わりなし、ということでひとまず安堵;後日細胞検査の結果を聞きに行きます。胃カメラにはすっかり慣れましたが、後はちょっと気持ち悪いですね;こんな時は聴き馴染みの曲で気分をまぎらわすのが一番。
ドヴォルザーク「新世界」を何枚か聴いてみようと思います、今日はジョージ・セル指揮、クリーヴランドO、この盤もノイズが多かったですが、水洗浄ですっきりクリアになりました。高域のやや強調されたCBSソニーらしいサウンド、ヨーロピアンなフィリップスとは対照的ですが、歪み感がないので弦は爽快、ブラスは豪快。

セル dvo sym9

ドヴォルザークの故郷ボヘミアの民謡と新天地アメリカの黒人霊歌とは奇しくも同じ五音音階の旋法、日本の古謡も五音音階ですが、どこか素朴な温もりがあるようです。「新世界」はじめとする作品も五音音階を基調としたテーマで書かれていて、心引き付けられます。
さすがセルらしい、全楽章まるで古典派演奏かのようにきちっと整える。ここまでやるか、と思えるほどキビキビしているのがいい。
第一楽章、始まりのチェロは濃厚な響き、じっくり間を置き主部へ、速めのテンポでクリーヴランドOのいかにも鍛え抜かれたアンサンブルがキビキビとした表現で進んでいく、ダイナミクスは豪快、木管ソロが歌うところはテンポを緩め、じっくり、再びダイナミックに総奏を響かせ、快調な推移、終結は加速し痛快に結ぶ。
第二楽章、さほど遅いテンポにせず、イングッシュ・ホルンも素朴に歌わせる、情緒に陥らない演奏がかえって引き付ける。終結前の総奏はシンフォニックにがっしり響かせる。
第三楽章、ここも速めでスケルツォのリズムを力強く、がっちりとした合奏で切れ味よく聴かせる、ティンパニのパンチが思い切りよく痛快。木管の副主題はのどかに、スケルツォとの対比が効く。
終楽章もやはり速め、開始の弦楽がゴリゴリと押し寄せ、ブラスが奏でる第一主題が豪快、前楽章で登場したいくつかの主題が巧みに織り込まれ、この楽章の主題と重ねられたり、痛快さと同時に全楽章が巧妙に組織立てて書かれているのがわかる、セルは自然な加速、減速を行ない、構成感と痛快さを聴かせる。

当盤はA面に「新世界」の第1~第3楽章が収まり、B面に第4楽章が入り、残りの部分にスメタナの交響詩「モルダウ」が入っています、モルダウもあまり情緒的にならず、かっちりシンフォニックにまとめているのがいいですね。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

R.クーベリック:ドヴォルザーク交響曲第8番  

ヘッドシェルは首元のプラグが固定されているものもありますが、回転して水平を調整し、ネジ止めするのが本格的ですね、首がスライドして針先位置を調整できるものもあります。シェルの水平は今まで目測だけで大まかに決めていましたが、シェルの上に鉛筆を乗せて傾きがないか見ながら再調整しました。鉛筆が水平に見えればOKでしょう。心做しか、音が滑らかで歪み感が減ったように思えます・・^^
水平

さて、先般、中古ショップで購入した、ラファエル・クーベリック指揮BPOのドヴォルザーク交響曲第8、9番の二枚組です、まあ楽しめるだろうと何気なく購入したのですが、なかなかの名盤。特に1966年録音の第8番が演奏、録音とも素晴らしい。バランス・エンジニアはG.ヘルマンスですが、カラヤン盤とは音の仕上げが違う、目の覚めるようなvl群の冴え渡った響き、ドヴォルザークはvlの高域を多用したハーモニーが爽快ですから一段と魅力。また第一楽章の開始のチェロの滑らかな響き、コントラバスのゆったり深い響き、終楽章開始のトランペットの透明度高い輝き、そして全体にはナチュラルなウォーム・サウンドでもある。
dvo sym 8
第8番、1966年
第9番「新世界より」1972年  ベルリン、イエス・キリスト教会
ジャケット写真はドヴォルザーク生家


クーベリックは抒情的な部分の柔軟でデリケートな表現の一方、活発な部分では思い切り切れ味よく、第一楽章の中で存分に聴かせます。ドヴォルザークは一つの楽章の中でテンポの変化を指定しているそうですが、それをどう実感的に捉えるかはやはり指揮者の音楽性でしょうね、クーベリックは自然に進めていきます。
ハイドンの時代からの交響曲の形式を引き継いでいるものの、ドヴォルザークはさすがに各楽章が多様な要素で交響詩的内容になってきます、第一楽章展開部も何段かで構成され、対位法的な部分も聴きどころです。アイデア満載のところはハイドンに通ずる感がありますね。
第二楽章も三部形式とは言え、ドラマティックな展開。
第三楽章のお馴染みの美しい主題は申し分なく、BPOだから上手いに決まっています。
乱奏的部分もある終楽章も、びしっと合奏が決まるので痛快。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

ドヴォルザーク「新世界より」  

高校生の頃です、始めてこの曲のLPを買って聴いたときは、この曲の溢れるような温情に感動して、第一楽章でもう目頭がじーんときました。
そのとき買ったのはジョン・バルビローリ指揮、ハレ管弦楽団のもので、コロムビアの千円盤シリーズで出ていましたが、今持っている復刻CDを見ると録音はEMIとなっています。1958年録音というのも意外です、当時、新録音かと思っていたほど良好なんです。今聴いても十分現役盤の音です。

dov 09

その後友人が買ったヘリオドール盤のフリッチャイ、PBO(1959)を借りてみてまた驚き、ブラスの厚みを帯びた響きが生っぽく、彫りの深い録音で、当時からグラモフォン盤は一味違うなと、ビギナーの私の耳にもズバっと感じ取れました。表情に合わせ適切にテンポを動かしたフリッチャイの演奏がまた懐深い!
これも復刻CDが出るのを期待していたものです。良いものは何度でも再版されますね。

category: ドヴォルザーク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック