Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

W.カーター:バッハ リュート曲集  

リュートのCDを買う頻度は非常に少ないのだが;ちょっと興味ひかれる新譜が出ていた。
奏者のウィリアム・カーターはナイジェル・ノースに師事した人で、これまでパラディアンズなどのアンサンブルで通奏低音を録音した何枚かがあるが、非常に上手いと思った。
W.カーターはF.ソルやF.コルベッタなど、ギター系のソロ・アルバムは既に4枚出しているが、リュート・ソロはこれが最初のようだ、2014年に録音した、"BACH Reimagines BACH"と題されたアルバム、"バッハ演奏の再創成"を意味すると思われる。
収録はBWV1001、1006a、995 の3曲。
w c bach lute0120170303101104332_20170303144826b76.jpg
w c bach lute03
LINN レーベル
録音は会場の響きが心地良く、弾弦のかすかな表情までよく捉えている。

1曲目、ソナタト短調BWV1001
これは2曲目のフーガのみ、当時のリュート奏者が編曲したリュート譜が残っているが(これはBWV1000となる)、ここでは原曲の無伴奏vnソナタから全楽章編曲されている、師 N.ノースに近い編曲か。全体の印象は弱音基調で、vnソロの場合の張り詰めた趣きではなく、リュートらしいゆったり語る物腰である、Adagioは圧縮されたパッセージが多々あるが、そこも巧みに落ちついた自然な歩調にする、Fugaも急がず余韻を十分聴かせながら進める、淡彩を重ねていくような味わい。この曲の最後Prestoはリュートには不向きだと思う、個人的にはAdagioとFugaだけでよい。(*因みに、ラウテンヴェルクで録音した鍵盤奏者がBWV1000のほうを弾き、リュート奏者はBWV1001を再編曲して弾く例が多いのが面白い。)
2曲目、組曲ホ長調BWV1006a
この曲は無伴奏vnパルティータBWV1006にバッハ自身がバス声部を付けたラウテンヴェルク用と思われる二段譜が残っており、あとは奏者がリュート上に乗せる作業となる、ただ原曲どおり弾くには運指上の困難がある、カーターの演奏は、プレリュードは安心して聴ける歩調、最近はアクロバット的な急速演奏が多い中、逆に納得できる、遅くてだめってことはない。ブーレ、ジーグなど速い舞曲も個々の弦の余韻を聴く時間を与えるテンポだ。
最後は組曲ト短調BWV995
原曲は無伴奏vc組曲ハ短調BWV1011だが、これもバッハによるバスを加えた二段譜が残っていて、これに基づく演奏、カーターの使用楽器についての詳細はわからないが、通常の13コースリュートには無い、コントラGを弾いている。この曲もリュートらしい語り口で、3曲中最も好ましい出来に思える。4曲目サラバンドには装飾は行わず、1音ずつに神経を込めているが聴き手にはさらりと自然。ガヴォットは少々速め、ジーグはカナリー風のリズムだが、落ちついて音を紡ぎだすような演奏が良い。
特に人目を引く狙いではなく、リュート本来のキャラクターを貫いた自然な演奏で安らぐ、
これが"Reimagines"と思われる。

ご覧いただき、ありがとうございました。

category: リュート作品

tb: 0   cm: 0

E.ウォルフィッシュ:J.タルティーニ vn協奏曲集  

あのvnソナタ「悪魔のトリル」で有名なジュセッペ・タルティーニ(1692-1770)のvn協奏曲を取り寄せてみた。
昔からイタリアはヴァイオリンの国と言われるように、神がかった名人達がでている。
A.コレッリは楽譜にはない凄い装飾演奏を行ったらしいし、ヴィヴァルディの協奏曲はソロの妙技とともにシンフォニックな要素もある。続く世代として、F.M.ヴェラチーニやG.タルティーニが登場し、バロックを集大成する時期でもあった。彼らの演奏はまさにエキサイティング、白熱したものだったのではないだろうか、タルティーニのvn協奏曲もソロの技巧とバックの弦楽の効果で素晴らしいものだが、あまり多くの奏者が録音しているとは言えない。バロックvnで見事に演奏したのが当盤、エリザベス・ウォルフィッシュである。
j tar vn con j tar vn con02
helios(hyperion原盤)
5曲入っているが、いずれも魔性ともいえる、vnソロの高度な技巧に引き付けられる、
2曲目のト短調は4楽章で、第二楽章が半音進行のテーマによるフーガ、vnソロは活躍しないがこれが深い魅力、
3曲目のハ長調の第二楽章のテーマはシチリアーノ風で、ソナタ「悪魔のトリル」第一楽章の別バージョンのようだ、
最後のニ長調はバッハのBWV1052並みに長大に書かれていて、ソロと合奏群を十分に活躍させる、充実したコンチェルトに発展している。緩抒楽章ではvnの装飾的妙技を満喫させ、オルガン、テオルボの通奏低音が良い味わいを加える。終楽章はジーグ風のフーガとソロが巧みに絡み合う。
以上、これらはモダンの弦楽によっても魅力的だと思う。

ひとつの楽器に可能なことなら次々と新技法が生み出されるのが常だが、歴史は繰り返すというか、いつの間にかエレキ・ギターの世界でも凄い技が開発されて驚いている、このヴィヴァルディ「四季」など本来こういう曲だったと思わせる、
rock vi b2
動画→ Laura plays Summer Presto - Vivaldi (metal version two guitars)
エレGならではの技だが、凄く難しそう;

リュート曲のオリジナルにも、それなりに白熱した曲はある、バロック初期のA.ピッチニーニやカプスベルガーのトッカータなどもいけるし、
後期のS.L.ヴァイスならこのあたりかな、
weiss k
動画→ S.L.Weiss:Praeludium, Courante, Fuga And Presto In D Minor / Lutu Kirchhof
特にプレスト(6:42~)がいける、

ま、無理をせず楽しんでいきますが^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 0

好録音再聴:T.ピノック-ヴィヴァルディ「四季」 ほか  

アナログ盤の秋^^?針を下ろすのがすっかり楽しみになった好録音を聴きあさっています。
コレッリの合奏協奏曲やヴィヴァルディのソロ協奏曲はのちの交響曲の元にもなったと言われ、合奏体の響きの効果を聴かせます。ヴィヴァルディ「四季」はいろいろ聴いた中で最後に落ち着くのはピノック盤やホグウッド盤になりますが、代表でピノック盤(LP)です、
カートリッジはAT440MLbを使用、ブリリアントなアルヒーフ・サウンドは申し分ない。
pin vi 01
サイモン・スタンディジ:vn
トレヴァー・ピノック:指揮
イングリッシュ・コンサート
1981年録音 アルヒーフ(ドイツ盤 銀ジャケット)


は溌剌とリズミカルに始まる、鳥のさえずりは複数のソロが弾くがこれが透明感があって美しい。vnソロの切れ味に合奏もぴたり同調する。中間楽章でのS.スタンデイジの装飾演奏はバッハか誰かの一節を聴くような理知的センスが聴ける。終楽章もジーグ風の快調なリズム感と弦楽が心地良い。
は特にシンフォニックな楽しみを聴かせる、始まりの気だるさ、鳥達のさえずりもつかの間、強風が襲う、その前はぐっと弱奏にするが、ここが引き付けてじつにいい、そして嵐、強引な響きを使わず十分なダイナミズムを聴かせる、中間楽章の装飾も流石、装飾にも様式美がある。終楽章は再び嵐、ここも強弱の対比で効果をあげる。
、第一楽章は活気とともに、ソロvnのアゴーギグの緩急が絶妙、強弱の対比も引き付ける。中間楽章はチェンバロのアルペッジョに乗って弦楽が無から現れるような開始、全般にぐっと弱奏で行く涼やかな微風。終楽章はリズムを弾ませ、ソロの切れ味もよい。
、第一楽章は急速インテンポでソロの切れ味もあり、寒さに凍える感覚、中間楽章、ここは爽やかな美音と格調高い装飾。終楽章はソロ、合奏ともに氷上の物理法則を感じさせるみごとなアゴーギグ、そして吹雪、痛快に最後をきめる。
動画→Vivaldi: Le Quattro Stagioni - Trevor Pinnock & The English Concert
*イングリッシュ・コンサートも新しくなっている、斬新でもあくまで美しい音楽。
動画→The English Concert 最後のほう 1:41:58 からはパッヘルベルのカノン。

話のついでに、A.アンセルミが率いるイ・ムジチ盤(2012年録音)を改めて聴いてみた、
i musici
このSonyレーベルはなくなり、今は「DYNAMIC」レーベルで出ている
こんな刺激の極端な音は聴いたことがない、この奏法でコレッリなどは想像つかない; 昔の殻から脱してはいるが、古楽を繁栄しているとは感じないし、ロック感覚か?、彼らは何処へ向かおうとしているのか?
参考動画(ライヴ)→2014Vivaldi Four seasons-Spring-I MUSICI in Korea

今日もご覧いただきありがとうございました。

category: ヴィヴァルディ

tb: 0   cm: 0

好録音再聴:タルティーニ「悪魔のトリル」 2枚  

誰しも日頃の願望は夢に現れるようです。
バロック期のヴァイオリンのヴィルトーゾ、ジョゼッペ・タルティーニの夢に現れた悪魔が、
devil 2
人間技を超えた技巧とインスピレーションでヴァイオリンを弾いた、目覚めたタルティーニは楽譜に書き止めようとしたが、夢で聴いたはずの曲には遠く及ばなかった・・こんな逸話が残る、それでもこの曲は怪しの世界から持ち帰ったようにゾクっとくる、タルティーニが書いたのはvnパートだけなのか(低音パートは別人による?)、このへんはよくわからないが、3つの楽章のソナタで、終楽章に出てくるこの難技巧(らしい)トリルが副題の由来。micha
sc02_201610251019574f6.jpg

G.タルティーニ ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
1枚目は通奏低音の付いた演奏、これは確か動画サイトで知って取り寄せたもの、古楽グループのパラディアンズの録音、
t d tr01
The Palladians
Rodolfo Richter, violin (Andrea Guarneri - Cremona 1674)
Susanne Heinrich, viola da gamba
Silas Standage , harpsichord
William Carter, archlute
LINN 2006年

vnソロのR.リヒターはグァルネリのオリジナル楽器を使っているそうだ、変幻自在な強弱、じわっと粘るポルタメント、半音パッセージの装飾、魔性の表情を存分に聴かせる。通奏低音も大いに加担している、チェロではなくガンバなのも雰囲気が合う。
第一楽章はシチリアーノのリズム、終り付近でW.カーターはアーチluteでこの悪魔的な和声を掻き鳴らし、強烈な印象、
sc01_201610251042057f1.jpg
第二楽章、vnソロは悪魔的すばしこさ、バスラインをガンバ、チェンバロ、アーチluteの3人が重ねて強調する、
第三楽章、導入のアンダンテはvnとアーチluteのみで弾くのが効果的、vnソロのテクニックは最後まで圧巻。
動画→The Palladiansの演奏

もう1枚はアンドルー・マンゼが無伴奏で演奏したもの、
t d tr02
Andrew Manze, violin
harmonia mundi usa 1997年

第一楽章は密やかに弱奏で入り、怪しの世界から聴こえ始めるようだ、暗がりの奥で一匹の悪魔が弾くヴァイオリンがイメージできる。こちらは一人の演奏だけに表現は縦横無尽、なるほど、悪魔ならここまでやりそうだ、終楽章は特に凄い、
動画→Andrew Manzeの演奏

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 0

好録音再聴:リヒター、バッハ管弦楽組曲No.3&4(LP)  

今日もちょっと古い録音のLPです、古くからのバロックファンにはお馴染み、カール・リヒターのアルヒーフ盤ですが、同時期のフランスやイタリア系の音盤とはまるで違う趣きです。リヒターの演奏はまさしく楷書的で、直接音が主体の録音は決して綺麗なサウンドではないが;各声部が活き活きと湧きあがる、trpは鋭く、timpも生々しく押し出してくる、このある意味、武骨さにはちょっと嵌められてしまう;micha
r bach01
カール・リヒター:指揮
ミュンヘン・バッハO
1960~61年録音 アルヒーフ


管弦楽組曲No.3ニ長調BWV1068
序曲のグラーヴェはじっくりと反復される、フーガのアレグロに入ると各声部がしっかりとした足取りで整然と進められる。弦楽とob、fagoが重ねられる部分が多いが全員のぴたりと結束した合奏が筋肉質で味がある。弦楽のみのアリア、弦の編成は多いと思われるが、よく揃ったキメの細かい響き、何の飾りっ気もないが味わい深い。続く舞曲も序曲と同様に整然として活気に満ちた演奏。
動画→J.S. Bach Suite para Orquesta no 3 en Re Mayor, BWV 1068
演奏:K.リヒターほか

管弦楽組曲No.4ニ長調BWV1069
序曲、グラーヴェに続くアレグロは三連符に基づく付点リズムに終始するが、リヒターは折り目正しく引き付ける、trp、timpを含む祝祭的な作品と思われるが、弦と木管だけによる瞑想的な部分が少なくない、バッハらしい神秘的な要素が飽きさせない。この序曲はカンタータ第110番BWV110「喜び笑いあふれ」の第一曲に転用されている、
参考動画→Bach Cantate BWV 110-Unser Mund sei von Lachens
演奏:N.アーノンクールほか
カンタータが先に書かれた?ようにも思える内容だ。
終曲のレジュイサンスは傑作だ、複雑な対位法で書かれ、声部入り乱れたような聴き応え。
sc02_20161022103110477.jpg
レジュイサンス(弦パート):終わり近く
なお、この録音のCD化されたものは荒さが目立ち聴き辛かった、断然LPに軍配!
r bach02

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

パッサカリア、シャコンヌ  

バロックに欠かせない音楽形式のひとつ、フーガはじつに数多の曲が書かれて、大バッハはその集大成をしていますが、もう一つ重要で魅力あふれる形式にパッサカリア、シャコンヌ(チャコーナ)があります。両者の区別は不明確で、決まったバスライン、オスティナート・バスと和声進行が繰り返される変奏曲の一種、適宜変形されるが和声の基本パターンは同じ繰り返しです。(厳格にバスラインを繰り返す変奏にグラウンドがあるが、イギリスのH.パーセルの作品などにある)。micha
この形式は単純なバスにアルペッジョなど駆使した変奏を行う点で、リュートには相性のよいもので、バロックリュートが謳歌したフランスではひじょうに多く書かれました。ルイ・クープランなどのクラヴサン音楽は当時のリュート音楽の影響を受けていると聞きます。このシャコンヌなど、フランス・リュート曲にもありそうな雰囲気です。
動画→Louis Couperin - Chaconne from the Bauyn Manuscript in d-minor
リュートを集大成したシルヴィウス・レオポルト・ヴァイスも良い曲を書いていて、リュートを弾く上での楽しみでもあります。
weiss north
動画→Ciaccona in E flat major by S.L.Weiss, performed by Nigel North
因みにリュート上にフーガを書くのは厄介で、作品数も少ないです;

大作曲家に目を向けると、やはり大バッハ、傑作はまずオルガン作品のパッサカリアとフーガハ短調BWV582でしょう、20もの変奏の間、和声進行は維持される、絶大な吸引力を感じます。オルガンによる名演は多くありますが、過去にも紹介した、このペダル・チェンバロによる演奏がとても気に入っています。
ペダルチェンバロ01ペダルチェンバロ02
Pedal Cembalo:Douglas Amrine
チェンバロらしいテクニックが効いていて、オルガンでは聴けなかった魅力があり、不思議と壮大なイメージも失われません。
もう一つの傑作は無伴奏vnパルティータニ短調BWV1004のシャコンヌでしょう、こちらはニ長調になる中間部があり、一曲の中にあらゆる内容を込めた感じです。パッサカリア(シャコンヌ)本来の魅力としてはBWV582のほうが好きですけどね^^

そしてロマン派時代にもブラームスが書いています。お馴染み交響曲第4番、終楽章のパッサカリア、始めて聴いたときはソナタ形式のような整った構成感がなく、延々と問い掛けが続いて解決がない?そんな印象を受けましたが、馴染んでくると、古い形式を活かしたブラームスならではの吸引力が非常に魅力となりました。

category: ルネサンス・バロック

tb: 0   cm: 0

アンサンブル・バロッコ・イタリアーノ:R.de.ヴィゼ 組曲集  

先日はバロックギターの曲集を取り上げたロベール・ド・ヴィゼですが、こうした独奏楽器の作品を旋律楽器と通奏低音のために編曲しています。今日はアンサンブル・バロッコ・イタリアーノによる、その組曲集、随分以前に取り寄せたものですが録音は1993年、思ったほど古くはないです。
R de Visee
visee02_2016090414564226d.jpg
これは1716年発刊された、ヴィゼのテオルボやリュートのための作品から、上声とバス・パートに分け、そこに和声数字を加えた曲集です。
visee01.jpg
曲集・表紙

1.組曲ハ短調 2.組曲ト短調 3.組曲ト長調
4.組曲ニ短調 5.組曲イ短調

以上5曲がfl.トラヴェルソのソロ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、クラヴサン、テオルボの通奏低音で演奏されているが、曲集は特定の曲の組み合わせになっておらず、調や舞曲ごとにまとめられていて、奏者は任意に曲を選んで演奏する。楽譜面はシンプルなものであるが、ヴェルサイユ楽派らしい憂いを帯びた気品に彩られ、これをヴェルサイユ・ピッチ(a=392)の落ち着いた響きで奏でるのが何とも味わい深いv
トラヴェルソの趣味を心得た装飾、通奏低音のリアライゼーションがシンプルな楽譜を一際華やかにする。自分としては、つい通奏低音にも引き付けられる、
visee sc
ハ短調、アルマンドより
テオルボやバロックギター等で聴き覚えのある曲が多いが、4曲目、ニ短調ではまずテオルボがソロで原曲のプレリュードを弾き、続いてアンサンブルとなるが、通奏低音楽器も全員だったり、クラヴサンのみ、ガンバとテオルボのみ、など曲によって趣きを変える。
とても楽しめる一枚でヴィゼの曲には無駄がない^^

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 0

R.アンディア:ロベール・ド・ヴィゼ ギター作品集   

CDの整理箱にいつ買ったか憶えのないものが出てきます;たぶん中古セールで見つけたものですが、ロベール・ド・ヴィゼのバロックギター作品、「王に捧げられたギター曲集」の2枚セットがありました。ルイ14世付きの室内音楽家として召し抱えられたヴィゼは、リュリに始まるヴェルサイユ楽派の気品に満ちた音楽をギターのために数多く書いています。
visee.jpg
ラファエル・アンディア(バロックギター)
1985年~1986年録音 DHM

演奏しているのが、フランス生まれのスペイン人ギタリストでラファエル・アンディア、始めはフラメンコギター奏者でしたが、クラシックギターに転向、さらに古楽器も手掛けるようになった人で、エコール・ノルマールの教授をしているそうです。ちょっと経歴としては面白いですが、バロックギターの演奏はDHMに録音するほど本格的です。
ヴィゼのギター作品はどれも短いプレリュードに始まり、アルマンド、クーラント、ジーグ、パッサカリア等々、1分~2分の舞曲が組曲として続きます、CD2枚、延々と似たような曲が続きますが不思議と飽きないんですね、美しい主旋律が明確で、ほとんどの曲が旋律楽器と通奏低音で演奏しても良いスタイルになっているし、またバロックギターで演奏すれば、その独特の調弦法から得られる魅力が聴ける、近接音程の調弦は音の万華鏡といったところ。
b g
ヴィゼの演奏での調弦法
アンディアの演奏はよく演奏される聴き慣れた曲でも新鮮さを感じさせる、強弱や間の取り方など絶妙で、たった5コースのギターで、ラスゲアート奏法を交えながらも、ちゃんと主旋律とバスラインが聴こえてくるものです。録音はガット弦、楽器はヴォボアンだそうです。
動画サイトにR.アンディアの演奏がありました。(音質はイマイチ)
Robert de Visée, Rafael Andia, guitare baroque

img_138034_10483901_0_20160831013144085.jpg
M.オッティガー作:ヴォボアン・モデル

category: その他・バロック

tb: 0   cm: 2

The World of Boy Soprano  

日中はかなり暑く、夕方は強烈な雷雨、という天気が続いています;あまり重厚な音楽より、暑気払い音楽、と行きたいところです。a way
先日来、ハマりぎみですが、こんな1枚がありました。歴代の名をはせた少年chor、及びソリスト君達を集めたオムニバス盤で、古い録音も入っています。
boy sop 00
オムニバス盤にありがちな親しみやすい曲ばかりじゃなく、パレストリーナやアレグリなど、宗教曲の本命どころも入っているのが良い、またライナーノーツには全曲ではないが様々な言語の歌詞訳が載っているのも気が効いている。

boy sop001a way b
はじめの1~4は'95年頃、日本でも人気だったアンソニー・ウェイのソフトなBoy sopで始まる、当盤では最も新しい録音、ただ、バッハにグノーが曲を上乗せした3.「アヴェ・マリア」はあまり好きではない、ここで良いのは2.のブラームスくらいか、
5.を唄うジョナサン・ボンド、6.のロバート・キングはともに透明感のある声だが6.の曲はあまりBoy sop向きではない、そこをよく唄っているが。

boy sop002
さて、7.がS.クレオバリー指揮、ウェストミンスター大聖堂聖歌隊による、アレグリの「ミゼレーレ」、やっとそれらしい曲が聴ける;原曲どおり、パートはフル編成、ChoirⅠ:(S,S,A,T,B)、 ChoirⅡ:(S,S,A,B)の2群が交互に唄う計9声だが、実質最大で5声である。9声で唄うのは終結の6小節のみ。ChoirⅡのトップヴォイスで天を舞う高域を唄うのはソール・カーク、
sc01_2016080315084344f.jpg
先日のBoys air choirのような完璧さはないが、透き通った声で、大聖堂でのライヴのような雰囲気が良い。ほか、8.~11.もBoy Sop本領発揮といったところ。

boy sop003
ちょっと驚いたのが、12.のモーツァルト:レクイエムの「ベネディクトゥス」、1951年の録音だが、このウィーン宮廷合唱団のソロ2人は大人の女声歌手のような発声法で、変声期が近いような重い声質、上手いのは良いが何だが逆に魅力半減?これは先日のテルツ少年chorのほうがずっと好ましい。
14.「魔笛」の三人の童子とくれば、やはりBoy Sop、メインの配役達のアリアをさんざん聴いたあとの三重唱はほっとする^^さすがウィーン少年chor、オケはG.ショルティ指揮:VPO
13.の「トスカ」、15.の「カルメン」はメインの存在ではないが、こんな活躍の場もある、といったところ。
暑気払いになったのは、7~11、14、くらいかな^^;

category: ルネサンス・バロック

tb: 0   cm: 0

Boys air choir:アレグリ「ミゼレーレ」ほか  

"ボーイズ・エアー・クワイアはセント・ポール大聖堂聖歌隊をはじめとする、世界で最も高い評価を受けている英国聖歌隊のトップ・ソリストを集め、1996年10月にロンドンで結成されたグループ"とのことです。特別上手い子だけのプロ化したようなユニット?も少しはあってよいが、個人的にはヨーロッパ各地の教会などに所属するローカルな聖歌隊で、昔ながらの子供達らしい合唱が良いです。micha
bluebird.jpg
1曲目はアルバムのタイトルになっている、「ブルーバード」は19~20世紀の作曲家C.V.スタンフォード(1852-1924)の曲で、合唱曲を多く書いている人、清々しい良い曲だが、お目当ては7曲目、グレゴリオ・アレグリ(1582-1652)の「ミゼレーレ」、作曲されたのはバロック期に入った頃だが、ルネサンス期のポリフォニー様式の典型で9つの声部で書かれている。ローマ教皇庁は門外不出の秘曲として、楽譜の複写を禁じていた。システィーナ礼拝堂を訪れた14才のモーツァルトがこれを2度聴いて記憶し、五線紙に全パート書きおろした、という話は有名、この聴き書き譜をもとに1771年、英国で出版されたという。たしかに神秘性を帯びた普遍的な名曲だが、これをBoys air choirが唄ったらどう聴けるかが興味の対象だった、さすがトップ集団、非の打ち所なく、ソプラノ・ソロの天に届くような跳躍も見事に決まる。
曲目参考→Gregorio Allegri, Miserere
PS.しかし、普通の聖歌隊の子が唄った録音も聴いたことがあり、こんなに完璧じゃないけど、いいんです^^

ところで今の日本には一般の子供達が日常的に真っ当な音楽に親しみ、憧れをもつような環境はない、一部の教育を受けた子は別として。
世の中"スポ少"は盛んだけど、児童の文化系の活動はあまり耳にしない、常設の少年合唱団というのは今、国内に9団体しかないそうだ。
TVでは大勢揃ってユニゾンで小喧しく唄うだけのアイドル系ユニット(後に議員になったり)が後を絶たず、ウンザリする。
昭和の頃は受信料ありのTV局が児童合唱団の出演する子供向け音楽番組もやっていたし、流行歌の世界にも良いハーモニーの歌手グループがいっぱいいた。

category: ルネサンス・バロック

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧