Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

O.スウィトナー:ベートーヴェン 交響曲No.9「合唱」 (LP)  

これでスウィトナー、SKBによるベートーヴェン・シンフォニーはCDとLP、両方で全部揃いました^^最後に取り寄せたのが第9番、2番の入った2枚組です。
これがまた「見本盤」というレアものv、いつもながらDENONのLP盤は製造時点からの不具合箇所が一つもない品質の良さです。

sui be sym9
オットマール・スウィトナー指揮
シュターツカペレ・ベルリン
1982年、東ベルリン、キリスト教会


針を下ろせば、やはりCDより一段冴えた、生々しく奥行きのあるサウンドが拡がる。録音方式の違いが影響を与えるとは思わない、逆に言えばアナログ盤にこれだけの音が収まるなら、CDにはゆとりで収まるはず、要は音の仕上げ方しだいだと思う。しかしCDはどうしちゃったのか、やや縮小コピーみたいな仕上がりに聴こえる。

スウィトナーの第九、まず、第一楽章は中庸のテンポ、始まりも極端なppではなく、極端な強奏もない、清涼な弦楽の響きに金管とtimpを活かしたダイナミズム、各楽器の弱奏も分離してよく聴こえる。スマートな流れというより、モサっとしている感じだが、それが曲のうま味を搾り出すかのように引き付ける。そんな演奏を生々しい録音がスケール雄大に聴かせる。
第二楽章、スケルツォは快速で、スウィトナーらしい力まずピリっとした切れ味がいい。
第三楽章はさらりとした感覚、粘っこく歌う表現はなく、変奏が進むにつれ、熱気を帯びてはっとさせる、この素晴らしい緩叙楽章の一つの理想とも感じる。
終楽章、金管の力強く透明な響き、timpの引き締めで心地よい開始、コントラバスの懐深い響きは格別だ、独唱、合唱陣もあまり張りつめず、スウィトナーの第九にふさわしい歌唱でまとめ、上々の仕上がり。
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1057-0a6ceb56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック