Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

N.アーノンクール:ハイドン オラトリオ「天地創造」  

今日は珍しくハイドンの大曲「天地創造」です^^アーノンクールによる2003年のウィーン、ムジーク・フェライン・ザールでのライヴ録音で、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス創立50周年の演奏会。録音は素晴らしく、オケも声楽も全パートが分離よく奥行きをもって聴ける。また35ページに渡るライナーノーツが丁寧、充実した内容で好感がもてる。

天地創造
ニコラウス・アーノンクール指揮、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
sop:ドロテア・レッシュマン
tenor:ミヒャエル・シャーデ
baritone:クリスティアン・ゲルハーヘル
アルノルト・シェーンベルク合唱団
2003.3.26-30、 ウィーン、ムジーク・フェライン・ザール


アーノンクールによる解説文の中に興味深い記述がある。ハイドンがザロモンに招かれたロンドンでの演奏会の際、あの音楽家で天文学者であるウィリアム・ハーシェルとの出会いがあったらしい、
800px-William_Herschel01.jpg
ウィリアム・ハーシェル(1738-1822) 
〈引用〉
・・第1オーボエを務めたのは当時の指導的な天文学者ウィリアム・ハーシェルという著名な人物であった。(中略)この外国からの著名な訪問者(ハイドン)はハーシェルの天文台での圧倒的な体験からもインスピレーションを受けた。この天文学者の望遠鏡を通じて見た夜空はハイドンを畏敬の念で満たしたのである。「なんて大きく、なんて広いのだろう・・」 これが彼に言い得たすべてであり、数時間の間、この言葉を独り言のようにつぶやいたのだった。


ちなみにハーシェルはこれ以前に天王星の発見など多くの業績をあげていた。このハイドンの体験は「天地創造」が異例なまでに宇宙的神秘を帯びた描写音楽で満たされているのと深い関わりがありそうだ。科学上の発見も多く成された時代で、「天地創造」は単に神話的世界感だけで書かれてはいない、とも推察できる。

冒頭の混沌の描写など、形あるものはなく、無から何かが生まれそうで生れない揺らぎを思わせる、アーノンクールはこうした場面の描写、言葉のアクセントへの同調、同じ旋律でも当てはめられた言葉に応じ、デュナーミクや速度も変える、いわゆる修辞的演奏に徹し、息をのむ間と強弱の対比・・全神経を込めた演奏で綴っていく。
第1部では第4曲、ガブリエル(sop&合唱)の「喜ばしき天使の群れは・・」が、オケが力強くもレガートに寄り添い、神々しく素晴らしい、第12曲、ウリエル(tenor)のレチタティーヴォ「今や輝きに満ちて・・」はオケの前奏と描写の間奏も置かれる、これぞ神と天体への畏敬の念が込められた音楽だ。第13曲、合唱「もろもろの天は神の栄光を・・」は重厚に閉じる。
第2部は生命が創造される、第15曲、ガブリエル(sop)のアリア「力強い翼をひろげて・・」は鳥類の誕生、躍動感に満ち、木管による描写が楽しませる。続く第16曲、ラファエル(bass)のレチタティーヴォ「神は大きな鯨と・・」ではコントラバスが唸るような効果をあげる。第21曲、ラファエル(bass)のレチタティーヴォ「大地はただちにその胎を開き・・」は特に描写が見事で音の絵画だ。続く第22曲、ラファエル(bass)のアリア「今や天は光にあふれた輝き・・」も同様で神々しい。第二部の最後、第26~28曲、独唱部を間に置く合唱「大いなる御業は成りぬ」はハレルヤが入る見事な対位法、アーノンクールはじっくり堂々たる構えの中にしなやかさを持たせ、耳心地のよい量感が素晴らしい。
第3部は人間の誕生、第29曲、ウリエルのレチタティーヴォに木管が活躍する前奏および間奏があり、これがじつに美しい。以下アダムとイヴの独唱、二重唱など合唱を伴って綴られる、第34曲、終結合唱、第二部の終曲と同様、ハイドンがヘンデルの作品に触発された見事なアーメン楽章で閉じる、アーノンクールの最後の瞬間まで神経を込めた響きに感動を覚える。

PS.「天地創造」については過去にヘルムート・コッホの演奏について書きかけてそれっきりになっていました、ほとんど忘れていたけど、似たようなことを書いている^^;
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 2

コメント

作曲家としてのハーシェルは、石多正男著 東京書籍 「交響曲の生涯」 2006年第1刷 にも、少し記載があったので、私も興味を持っていました。下記のサイトに、視聴記録がありました。機会があれば、聞いてみたいと思っています。

http://www.d1.dion.ne.jp/~ueharas/seiten/gt44/herschel.htm
妹のカロライン・ハーシェルも女性天文学者として有名ですね。

tenkichi995 #- | URL
2016/04/13 07:29 | edit

tenkichi995さん こんにちは

ご紹介のサイト、参考になりましたvありがとうございます。
ハーシェルの交響曲はM.バーメルトのCDが手元にありますので、あらためて記事にしたいと思います^^

michael #xNtCea2Y | URL
2016/04/13 13:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1103-d877f15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター