Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

重力って?  

根源的に何なのでしょう、伝播する速さは光と同じだそうですが。

こうして見ると、過去の学者が唱えたことも、最新理論のヒントになっているように思えます。天動説同様、古い学説も新理論の元となっていくわけで・・

アリストテレス:物が落下するのは宇宙の中心(地球)へ接近しようとする性質で、"土元素"を含む岩石などはそれが強く内在している。(*古代的だが、深い洞察)
N.コペルニクス:重力というのは、各天体の部分部分が球形になろうとし、一体化しようとする自然的な作用だ。(*さすが、いいとこ突いてる)
R.デカルト:宇宙にはエーテル(力を伝える媒質のようなもの)が満たされていて、それによる渦が重力となって物体を引き付ける。(*時空の窪みに近いイメージか)
G.ガリレイ:重い物体も軽い物体も同時に加速落下することを実験で証明、加速するのは落ちている間にも重力が引っぱり続けるから、また物体の動きに慣性があることも証明した。(*近代の常識をいろいろ実証している)
J.ケプラー:重力は性質の近いもの同士が引き合う力で、潮の満干から地球と月の間にも作用している。(*ニュートンの先駆け的発想か、)
I.ニュートン:大きさ(重さ)の大小にかかわらず全ての物体は互いに引き合い、天体も同じである、と有名な法則を完成させた。(*さすが近代物理学の創始者)
A.アインシュタイン:重力は時空の歪みに置き換えて表せる、自由落下と同じように加速すれば、重力と同じ力が得られる(等価原理)など理論で導いた。(*まさに理論物理学の巨匠)

SDSS J1038+4849
HST撮影:SDSS J1038+4849 (重力レンズ効果) 

しかし、重力の根源、どういうメカニズムで発生するのか、まではわかっていない。四つの力の一つである以上、重力を伝える素粒子(重力子)が存在する説もあり、重力波を伝える働きもしているとされるが、重力子そのものは発見されていない。
全ての素粒子は振動するエネルギーの弦と考える超弦理論によれば、重力も極ミクロの多次元空間にある閉じた弦が発生源でマクロの世界に力を及ぼしているという。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 4

コメント

宇宙の法則をすべて網羅するという「大統一場理論」というのがあるそうですが、強い力、弱い力、あと2つ?・・・なにかそういうものらしいのですが、
こんな御大層な理論が解明されて、宇宙を数学・物理学の世界で説明できる日がきたら、面白いですね。

あとわからないのが、ダークマターという物質?が宇宙には充満してるそうですが、はてなんぞや、という感じです。

宇宙って、どこまで行っても「わからない存在」なのですかね。実に不思議な空間です。

白クマ #BwtdbEoI | URL
2016/04/22 09:25 | edit

四つの力

白クマさん こんにちは

強い力、弱い力、電磁気力、重力、が全てで、これらも元は一つの力だったと言われますね、これがそれぞれの役割に分化して、宇宙の秩序を形造っていると・・重力の本質がわかれば、ダークマターもわかってくるかも?
もし超弦理論が正しいとして、重力もそれで説明されるとしても・・ではなぜ、"振動するエネルギーの弦"なんぞが出来るのか? ・・ときりがないですね^^;
ただ、観測や実験ができないことでも、理論と数式が正しければ、この世界はそのとおりに出来ているようなので、それで攻めていくしかないでしょうね。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/04/22 16:52 | edit

ああ、そうでした、残りの2つをありがとうございます。

 そうですね。理論と数式で、美しく証明される世界に憧れます。
∞とか、解なし、なんていうと嫌ですが、何かパッと理路整然と唯一無二の解が得られて、それが全てを物語るなんていうことになれば、嬉しいですね。

理論と数式で、解明され、高度なロボット操縦の飛行機体で宇宙映像も日々見れる日が来ることを信じます。

白クマ #ZoOJnjHw | URL
2016/04/22 19:17 | edit

白クマさん こんばんは

別に収穫があるわけじゃないけど、こういうこと考えるの楽しいです、
また続編?を書きますね^^

michael #xNtCea2Y | URL
2016/04/22 21:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1115-5c1955bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター