Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

異星人建造物説とダイソン球の否定的考察  

と、大袈裟なタイトルですが^^;
先日、異例な変光をしている恒星、KIC 8462852の中で、異星人建造物説、それに伴いダイソン球について書きましたが、いろいろ腑に落ちないことが考えられて・・

この恒星、KIC 8462852は太陽の1.5倍ほどの大きさらしく、寿命は太陽より短い(老齢化が早い)だろう、ここで生命が知的に進化し、これほど高度なテクノロジーを持つまでの時間と存続時間があるだろうか、下記はSETIのドレイク博士の方程式、Nは我々の銀河系に存在し人類とコンタクトする可能性のある地球外文明の数。
N=R*・Fp・Ne・Fl・Fi・Fc・L
この中で、
Fi:発生した生命が知的なレベルまで進化する割合
L:知的生命体による技術文明の存続期間

がやや危うい、

恒星の光を20%も遮断する物体は球体じゃないにしろ、大型惑星サイズの質量になり、それなりの重力も持つだろう、この図例のように恒星を囲うような大規模ダイソン球を作るには一個の惑星全部を材料にしても足りない、
d_late.jpg
ランプシェード型ダイソン球
しかし、数個の惑星の資源を大量に、勝手な軌道上に移してしまったら、惑星系の重力バランスが崩れてしまう、作るとしたら、資源として使った天体の本来あった軌道上にそれなりの規模で作るしかないのでは・・
また彼ら異星人の母星や主要な惑星はどの位置にくるのか、ダイソン球の外側にあれば陽があたらず、寒冷化、凍結してしまう・・ダイソン球で得た恒星エネルギーを使い、惑星もまたスペースコロニー化していくのか?

002a.jpg
透明体とリングの構造、KIC 8462852にあるとしたら、このタイプか?^^
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 5

コメント

いやあ、難解なお話になってきました。

物理学で習った、惑星間の万有引力では、無数の星々が、お互いの相互作用の元でバランスがとられているらしいのですが、第9惑星の不可思議な軌道の影響も現在、科学者が研究してるそうで、実に未知な力の相互作用がありそうです。

ここまでまた、SFになっちゃうんですけど(笑)、アヌンナキという人、神、宇宙人?の存在があって、この方が大きな影響を持っていつか地球にやってくるそうです。
最近、私は旧約聖書の話や神話、文明との関連で、古代の地球、宇宙との関連について興味を持っています。
古代人は、天体の観測から、いつしか地球に及ぼされる影響を、神の存在として残したのではないでしょうか。

白クマ #ZoOJnjHw | URL
2016/04/24 20:41 | edit

白クマ さん こんばんは

>アヌンナキ

猿が自ら進化して人間になったのではなく、こうした神(宇宙人)が遺伝子操作した、というのもまったくありえない話じゃないと思います。猿とも大きく違い、人間だけが知能、欲望、好奇心、桁違いに突出した存在なのが不自然ですね。

これほどの"宇宙人"なら他の惑星でも同じことをやっているかもしれませんね。ダイソン球も彼らが教えたテクノロジーだったり・・。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/04/24 22:21 | edit

ぼくも素人だけど、ダイソン球で覆ってしまったことによって惑星に光が届かなくなって凍結してしまうってのは、まったくナンセンスじゃないですかねぇ?
だって、惑星に届く太陽のエネルギーなんて球面全体のエネルギー量からしたらごくのく一部(何億分の1とか?)なわけだから、そもそも惑星の機能維持に必要なエネルギ)のーの何億倍のエネルギーを使いこなす文明だてことでしょ?ダイソン球を使う文明って。そんな問題くらい屁でもないはずだとおもいます。そんな悩みはあくまで人類レベルのスケールの問題じゃないかな?飛行機が想像もできなかった江戸時代の人達の悩みというレベルじゃないかな?惑星に昼と夜を与えるエネルギーやシステム作りなんて余裕だとおもいます。惑星軌道や材料の質量不足の問題も余裕でクリアしてると思う。ダイソン球を作れるほどのテクノロジーがあるころには。

なおと #OppwNljY | URL
2016/08/11 22:25 | edit

なおとさん コメントありがとうございます。

>ダイソン球を使う文明
たしかにエネルギーを思いのままに使える文明ですから、惑星が凍結するとか、重力バランス云々などとっくにクリアした話になりますね、そうでないと実現できなし。
我々は今ある知識や技術を基準に考えるしかないので、未来人から見れば原始的であろうことを1つ1つステップで考えてみるのが面白いと思います。実現できた世界だけ想像してもSFになっちゃうので。ようやく恒星間飛行が今ある技術で計画されるようになりました、こんな積み上げを何千年と重ねて、ダイソン球レベルのテクノロジーに行きつくのかもしれませんし、出来ずに終わるかもしれません。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/08/12 01:04 | edit

すぐに返信がきて嬉しいですありがとうございます

なおと #- | URL
2016/08/13 19:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1116-d5fbe57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧