Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

宇宙の回転構造Ⅲ:銀河とバルジの形 ≪追記あり≫  

遠方の宇宙初期の銀河を観測する限り、この時期の銀河はほとんど小さく、不規則な形をしていた、近くのものでは大小マゼラン雲のような、
小マゼラン雲
小マゼラン雲
また、さんかく座のM33のように渦構造はあるが、小規模で中心にバルジらしい構造がないものもある、
銀河の重心同士が正面衝突という確率は少ないだろう、接近してすれ違い、また引き寄せあう、このとき互いに廻り合い、大きな回転円盤になっていく、合体の際の角度や速度でスターバーストの規模やその後の銀河の形状に影響すると思われる。 
Arp 272
衝突銀河:Arp272
スターバーストで星の材料を殆ど使い切り、古い星ばかりの楕円銀河になるシナリオもあるようだ。ちなみに楕円銀河は銀河団の中央付近に多いらしく、銀河合体が頻繁に起きた場所とも言える。
おとめ座銀河団
おとめ座銀河団
また、多くの渦巻き銀河にはバルジという周囲より膨らんだ中心部があり、古い恒星が密集してランダムに周回し合っている、
M81_201605041601212eb.jpg
M81(おおぐま座) 
バルジだけ抜きだすと楕円銀河に似ている。一説として、楕円銀河が星の材料を多く持つ矮小銀河や小型の銀河と合体し、周囲に渦の円盤を持つようになった、という考えもあるが、殆どの銀河中心には巨大ブラックホールがあり、このブラックホール質量とバルジ部分の大きさ(質量)には1:1000の関係があるとの観測結果もある、巨大ブラックホールが中心付近の星間ガスを吸収するため、バルジの領域に新しい星ができない、とも考えられる、なお天の川銀河の観測では中心の巨大ブラックホールのまわりに若い大質量星が廻っていて、このあたりでは密度の高いガス円盤の中で副産物のように星が生まれた、というのもありうる。

また不思議なのはNGC1300に代表される、棒渦巻き銀河、バルジ部分が長く伸び、途中で折れ曲がって銀河の腕となっている、NGC1300はその腕の付け根付近から新しい星が形成され、くっきり境があるように見える。
NGC1300_201605041602314cb.jpg
NGC1300 
ngc1097_vlt_20160505215752087.jpg
NGC1097 中心部構造はNGC1300と同じようだ
この構造はどんな経緯でできたのか、合体のしかたの影響か、未だ明らかでない。HSTの詳細画像で、バルジの中心に渦構造があり(たぶん巨大ブラックホールがある)、そこに巻き込まれるようなガスや塵の筋が見られる、この筋は腕へと繋がっているようだ、これを見ると、中心の巨大ブラックホールが星間物質を一人占めしているようにも見える。

楕円銀河と渦巻き銀河の中間の様に見えるのがレンズ状銀河だ、M104、NGC7049などは大規模なスターバーストが原因か?ハローの領域まで星が埋め尽くしている、
M104_20160504160441c80.jpg
M104 (おとめ座) 
NGC7049_2016050416052605e.jpg
NGC7049
星間物質の暗い影が取り巻くが大きな渦の構造は見られず、ほぼリング状になっている。これも形成の経緯ははっきりしていない;
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1128-9c5dac64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター