Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

R.ゲーベル、MAK:テレマン《ハンブルクの潮の満干》"CDとLP"  

最近はデジタル時代のLP盤に興味が湧いて、中古を見つけるとつい買ってしまいます、もちろんお気に入りの演奏だけ。
今日は逆パターンでLPは持っていたけど、本来の?CDを見つけて購入。ラインハルト・ゲーベル指揮、ムジカ・アンティクァ・ケルンのテレマンは今でも最高に相性がいい名演です、以前から知っていた曲も倍楽しくなる。

まず、CDのほうを再生してみると、わるくない、LPで聴き慣れた音と違和感なく細部までよく聴ける。
MAK Te cd
そのあとLPも聴いてみる・・気分や好みの違いかもしれないが、vnやcemb、obなど古楽器独特の高域倍音が滑らかで、こちらが一枚上手か、自然で生っぽく聴こえる。
MAK Te lp
録音は1984年で、アナログ盤も終りの頃だが、カッティング技術などは最高に達した頃だろう、内周いっぱいまで刻まれているが、問題なく聴ける。音盤方式の違いよりも、音がどう仕上がっているかにかかっているようだ。
MAK Te lp2

テレマンの水上の音楽《ハンブルクの潮の満干》はフランス序曲を持つ組曲として特に好きな曲で、長大な序曲、付点リズムのグラーヴェはじっくりとした演奏、アレグロに入ると、とても単純なフーガの動機が印象強い、ゲーベルはここを極めて闊達に開始する。
ハンブルクの潮の満干
グラーヴェからアレグロに入るところ
vnやvaには単純な動機のみ弾かせ、obやバスが素早い動きになる、これが躍動感として効いている、テレマンらしい引き付け方。この後は全パートが対等に活躍、ob二重奏の部分などポリフォニックだが、リズムの快調さを補い合う書き方、全パートユニゾンのパッセージが入ったり、快調な中に変化を織り込む。グラーヴェを挟み、アレグロを反復する。
続く舞曲はいずれも海の神々や描写音楽で表題をもつ、テレマンは民族音楽から影響を受けた作風も取り入れ、斬新に聴かせる、ゆったりした楽章、切れ味よい楽章、ゲーベルの演奏は対比があり、第7曲「嵐:吹きすさぶアエロー」は嵐らしい描写だが、長調であまり緊迫感がないのが面白い。
テレマンは作品が膨大なので、知らない良い曲もまだ沢山あるだろう;
関連記事

category: G.P.テレマン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1132-5908c2b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター