Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

アンティーキ・ストゥルメンティ:C.グラウプナー 管弦楽組曲  

ある作曲家の作品のほとんどがタイムカプセルみたいに一か所に保管され、近年になって一斉に公開される、なんて例はほかにないでしょう、バロック後期の大家クリストフ・グラウプナー(1683-1760)がその人です。
Graupner-Christoph-02.jpg
当時は、テレマン、ヘンデルに次ぐ人気をほこり、生涯の大半を主君ヘッセン=ダルムシュタット方伯の宮廷楽長として活躍したそうです。
詳細→Wikipedia:Christoph Graupner
グラウプナーは過去に2つ取り上げましたが、待望のtrp入り管弦楽組曲の1枚が届きました。
c g ouverture
ラウラ・トッフェッティ&トビアス・ボンズ指揮、アンティーキ・ストゥルメンティ
2007年録音、stradivarius

あらためて感じるのは、大バッハの曲は深い精神性に加え、ヴィヴァルディなどの影響もあってか、フレーズの長い旋律美も持っていて、これが後世の演奏法にも映える要素かもしれません、テレマンやグラウプナーとなると器楽曲の主題はとてもシンプルで、当時の演奏法を研究し、デリケートな演奏の妙技がないと聴かせようがないですね。
前回取り上げたフィンランド・バロックOもひじょうに良かったですが、今日の演奏は1997年、フランクフルトで結成されたアンティーキ・ストゥルメンティで、vnのラウラ・トッフェッティとvcのトビアス・ボンズ、二人が指揮するそうです、こちらもひじょうに上手い演奏で、第一線の古楽奏者の集まりです、
image01.jpg
アンティーキ・ストゥルメンティ

組曲ニ長調 GWV420(1730)(編成 trp1,2、timp、vn1,2、va、bass)
フランス序曲を持つ組曲で、この序曲が演奏時間の半分近くをしめる、2本のバロックtrpが入るが、ひじょうに上手い、グラーヴェからテレマンでもバッハでもない、グラウプナー独特の雰囲気が新鮮、vnパートにobを加えているが、この素早い上行パッセージを粒立てて演奏しているのが見事、
sc01_20160513220306d49.jpg
アレグロに入り、vn1で始まるフーガのテーマにまず魅了される、息の長いテーマが低音パートへ順々にじっくり重なっていく幾何学、
sc02_2016051322033540d.jpg
数多く聴いたフランス序曲でこれは最高!短調のグラーヴェに一旦入る、ここの和声の移ろいがデリケートで深い、アレグロに戻り反復する。
序曲だけで圧巻だが、続く舞曲が洒落ている、原譜の編成はtrp1,2、timp、vn1,2、va、bassのみだが、適宜ob、recなど木管を加え、舞曲ではタンバリンや鈴のようなパーカッションを入れている、このセンスも良い。
5曲目には管弦楽曲には意外な?Tombeauが入る、トンボーは死者に捧げる曲、ニ短調になり、trpとtimpも加わりながら、リュート音楽にあるような、細やかな内面性も聴かせる。

組曲ニ長調 GWV421(1749)(編成 trp1,2、timp、vn1,2、va、bass)
この曲は動画サイトでも聴いた→Graupner - Ouverture in D GWV 421 (1/2)
GWV420と編成は同じで、やはりグラウプナーならではの冴えと切れを聴かせる、グラーヴェから一言では言えない魅力が迸る。アレグロでは、下属音Aと主音Dしか出ないtimpをtrpに伴い旋律パートに加えるのが痛快で面白い、この書き方は他の作曲家もよく行っている。
続く舞曲もしっかり捉えきった演奏で聴かせる、全曲あくまで旋律的にはシンプルなので、まさに"美の壺"を捉えた演奏が必須だ。
関連記事

category: J.C.グラウプナー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1140-36caccb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧