Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

フレット絞めのコツ  

micha
リュートはしょっちゅう、フレットが緩んだ、絞め直す、ってことをやっていますが、最初に巻くとき、できるだけ緩みなくやっておきたいです。(ただ、あまりキツ過ぎてもいけない) 自分なりにまとめたコツはこんなふうです。
2016_20170427192641822.jpg
リュートのネックはハイポジションにかけて徐々に太く、テーパーがあるので、ローポジション寄りで絞めて、本来の位置にずらしてしっかり絞めます。
ただ全てそのようにはいきません;

この楽器は一番上の9ポジションのフレットが、ボディの張り出しに引っ掛るので、カーブした状態で絞めることになる、加減が馴れないとうまくいかない;
フレット2
絞まりが緩すぎると音が鈍るし、強過ぎると戻ってきてしまう;どの位置で絞めてずらすとちょうど良いか憶えておく、この楽器はボディの端に当る位置で控えめに絞め、ずらすといい。

また、1ポジションはペグボックスの付け根、テオルボなどは延長したネックの付け根が邪魔になり、テーパーを利用した絞め方があまりできない、
gt_20160531194043a75.jpg
うまくやれば絞められるけど、どうしてもだめなら、2重巻き(ダブルフレット)にする、フレットガットが2倍の長さになるので、伸縮性を利用して、しっかり絞めやすい。
バロックギターなどネックのテーパーが少ないので、ぜんぶダブルフレットがいいかも?・・
持ってないからいいけど^^
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。

③の引っ張った状態で、火のついた線香でフレット焼くって手があります。
blog-imgs-54.fc2.com/m/y/w/mywindow/tying_gut_fret.jpg
上手くやれば1フレットでもきつく締めることができます。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/05/31 22:56 | edit

奇士さん こんばんは

ありがとうございます、今度はこれでやってみます。
指板に膨らみのない、真っ平らのはとくに難しいですね、

michael #xNtCea2Y | URL
2016/05/31 23:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1159-6bbd88a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧