Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ブリッジ:弦の止め方  

リュートのブリッジの弦の止め方はクラシックギターと同じ要領ですが、サドルがありません、絡めつけの具合によって弦の高さが変わります。micha
ブリッジb
バロックリュートでは、1、2コースがシングル、3~5コースをユニゾンに張り、6コース以下の低音コースはオクターヴに張ります。
002_2016062814495936b.jpg
このうち、ユニゾンのコースは高さがぴたり揃うようにします、少しでも段差があると弾弦しづらいです。
オクターヴのコースはもっぱら親指で、低音弦→オクターヴ弦の方向に弾きますが、低音弦の上面に対しオクターヴ弦が少し低いくらいが良いです(私の場合)。これは鳴りのバランスに影響します、しっくり良いコンビネーションで鳴るようにしたいところ、全コース同じ状態に揃えないと、鳴り方がバラつきます。
PS.各コースの高さバランスも良くしないといけません、3コースが低くて、4コースが急に高い、ってのも弾きづらいです;
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1186-d5c8c190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック