Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

弦長:ちょっとの違いで・・  

ここ半年ばかり、右の11コースリュート(弦長66cm)ばかり使い続けていました。左の13コース(弦長70cm)は修理で手元にない期間が長かったせいもあり;micha
13c 11c
修理万全の70cmを使いだしたのですが、腕がみょうに疲れて凝ります;別段弾き辛いわけではないけど、4cm腕を拡張して弦を押えるだけでこうも違うのか?すっかり体が66cmが当り前状態になってしまったようで、66cmを持つとすごくしっくりきます^^;ヴァイオリンとヴィオラほどの違いはないんですが・・当面、70cmに体を慣らそうと思います、そういえば12、13コースの位置感も忘れぎみ;

PS.テオルボなんか、ほとんど腕伸ばした状態ですよ、きっとしんどい^^;
visee_20160712053543390.jpg
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
偶にテオルボ弾くと、左腕どころか体全体が・・・
ボディが大きいので、普段弾いてる姿勢とは全く異なった姿勢になりますからね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/07/10 21:44 | edit

奇士さん こんばんは

単にずーっと腕を差し出したままだと筋肉がつってきますよね;
ネックにつかまりながら運動しているので、どうにかもちますが、
大きな楽器を抱える姿勢だけでもきついです^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/07/10 22:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1198-db4991e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック