Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

長寿の鳥:オウム  

スズメやニワトリの行動は本能的で唐突、落ち着きがなく、人間が意思疎通できそうな相手じゃないです;しかし始めてオウムに接したとき、他の鳥類とはまるで物腰が違うのに驚いた記憶です、ゆったり、ファジーな動作で鳥とは思えない、人間っぽい感じでした。
恐竜が祖先の鳥類も、大陸が分断移動してから、進化の道筋が大きく別れ、高等哺乳類に近い知能の持ち主も現れたようです。micha

カラスもまた鳥類では落ち着いた行動ですが、先の先がよめる知能を持っていて、人や動物の声を真似するものがいます、ただ声は渋いカラス声になる^^、遊び心もあるのかも?
カラスと犬
動画→ボールで遊ぶカラスと犬
危険がないことを憶えると人や犬に懐く、こういうのは強い動物と共生して他の外敵から身を守る本能かもしれません。

オウムもかなりの知能があるらしく、寿命が30~50年(長ければ100年)で長生きも強み。
オウムは上下の嘴と舌を複合的に使い、噛み合わせをずらすことも出来る、人の指のように器用に操ります。
オウム頭骨
オウムの頭骨(Wikipedia)
殻の硬い餌を食べるときなど、必要によって足を手のように使い、手順が合理的だそうです、憶えたことを組み合わせる能力があるみたい。
オウムの一種のヨウムという鳥の飼育記録によれば、人間の5歳並みの知能があったとのこと、5歳児ってもう一通りのことは出来る頃ですね。「オウム返し」とは意味もわからず真似することですが、それだけではないようで、訓練によっては、問いに答える行動ができたり、非常に多数憶えた語彙を正しい文脈に繋げて話すことができた事例があるそうで、少なくとも憶えた音声を"活用"するようです。
youmu.jpg
ヨウム(Wikipedia)
猫と一緒に暮らしていると、その声も憶える、
これは猫の集まりに二足歩行でやってきた御意見番か?^^
オウムと猫
動画→when parrot disguise in cat group
猫達の反応は?戸惑ってはいるが、警戒もしていない様子、
オウムにも好奇心があるように見えます。

長寿で意外な知能の持ち主っていうと、単純なペットじゃない存在かも。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1234-4d0dafe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧