Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

近衛秀麿:オーケストラ編「越天楽」  

中学の音楽の授業で、雅楽「越天楽」のオーケストラ編のレコードを聴いたことがあり、かなり雰囲気迫れるもんだと興味深かったです。オーケストラへの編曲は1931年、作曲家で指揮者の近衛秀麿が行っていて、これは日本の雅楽を海外に紹介できるようにしたと言えるでしょう、L.ストコフスキーもこれをレパートリーとし、録音もしているそうです。micha
雅楽は世界最古の管弦楽で、原理的に今の楽器と同じものが全て揃っています。不協和音程を重ねる、雅楽独特の神秘性、西洋オーケストラの楽器では音律の違いなどで完璧にはいかないけど、よく雰囲気出ている、NAXOSの日本作曲家選輯シリーズの1枚に入っています。
CDケースの収納側が綺羅をあしらった色紙風v
etennraku00.jpg
沼尻竜典:指揮、東京交響楽団
2000年、東京芸術劇場

雅楽の横笛は管に穴をあけただけの構造で、穴の開閉度合で滑らかにポルタメントできます、
Ryuteki.jpg
横笛(おうてき)又は竜笛
モダン・フルートは穴を隙間なく塞ぐ機構が付いていますが、リングキーのタイプは穴が開けてあって、ポルタメント奏法が可能だそうです。
リングキーfl
上がリングキー・タイプ
横笛で始まる「越天楽」は当然ポルタメントで聴きたい、当盤の演奏もたぶんリングキーのフルートでしょう、flトラヴェルソなら完璧に出来そう^^
曲は概ね三部形式で、横笛ソロでテーマが始まり、フレーズの途中、いいところで力強い総奏が鳴りだす、また中間部では様々な変化をきかせる、これはのちにハイドンが発展させたシンフォニーの手法そのものの気がする^^総奏は笙が導くように始まるが、この響きはvn群が見事に模倣、篳篥はオーボエ、箏はピアノ又はハープ、打楽器はそのままで行けます。
意外なのは楽琵琶の代役がファゴットのようで(各弦の音を短く吹いている?)、それらしく聴こえるんです、近衛秀麿の冴えたアイデア。

以下参考動画です、本物の雅楽の「平調」がオーケストラ編の基になったもの、「盤渉調」は調を変えた別ヴァージョンです、音域の狭い篳篥はオクターブ移動するので、曲が変わって聴こえるのが面白い。「音取」というのはチューニング確認を儀式化したものですね。

etennraku orch
動画→オーケストラ編:越天楽

etennraku.jpg
動画→平調 越殿楽

etennraku2.jpg
動画→盤渉調 越殿楽
関連記事

category: 邦楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1235-34adafd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック