Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

幸福のホルモン  

人間にも血のつながりのない子でも大事に育てようという気持ちがあります。micha
オキシトシンというホルモンは疎外心を取り払い、弱者を救ってやろう、という働きもするし、自らも幸福感が得られるという有難い^^ホルモンのようです。これはもちろん哺乳類など他の動物も持っていて、実の子に限らず、よその子、さらに別種の子にまで働くようですね。
犬の乳
動画→Puppy and kitten drinking milk of parent dog intently
子猫のほうが吸い方が上手いような^^

もうひとつ気分を穏やかにするセロトニンというホルモンがあります。
じつは私も気分の浮き沈みが気になるほうで、薬を処方してもらっていますが、薬辞典を調べたところ、このセロトニンの働きを促すものでした;
これはあくまで補助で、薬に頼らずとも生活、行動でも良くできるはず、
まず疲れていると、イライラしたり、何もしたくなかったり、これは誰でもそうでしょう、
よく休み(時間の経過を待ち)、気分を良くしてくれるキーワード(好きなこと)に接する。私で言えばその一つがハイドンの室内楽や初期の交響曲など、
haydn_2016081916004918f.jpg
大袈裟でなく、必要なものだけそっと与えてくれて、いつもの健康な気分に戻してくれる、
きっとセロトニンの働きも良くなっているでしょうv

PS.リュートの練習はときにストレスとなったりするので、そんな時はやりません、気分が右肩上がりになればやります^^;
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 4

コメント

そうですね。私もリュートの(特にヴァイスの)複雑な動きに、右指がもつれてストレスを非常に感じる時があります。(ヴァイスは本当に自分でよどみなくこの曲を弾けたんだろうか・・)、なんて、とんでもない妄想をすることもあります。
そんな時は、リュートを中断、昔のエレキギターを引っ張り出してきて、ドラムリズムアンプに合わせながら、オールドロックを1時間も弾きます。
しばらく休憩、またバロックリュートに戻り、ゆっくりとフレーズ練習、すると不思議です。おお、できるじゃない! うまくいくんです。
短気を起こさず、気長にリラックスするのが一番なのかもしれません。
短気は損気ですね。

白クマ #BwtdbEoI | URL
2016/08/19 20:37 | edit

白クマさん こんばんは

短気> 本当に損だとわかっていながら、起こしちゃいます;;面倒事を片付けるみたいに「ここを弾けるようにしないと気が済まない」と、強引に続けてもいいことはありません;クールダウンが必要ですね、ゆっくりこまめな練習をやっておけば、時間が経つと頭の中で繋がって流れていくと思います、あせらずにいきたいです。

ヴァイスの右指> 丹念に指を決めないと弾き辛いところが多いですね、各指(| ・ ‥ ∴ ) をどうあてがうのが良いか、数小節に渡って考えることもあります;部分単位では普通使わない運指が流れを良くする場合もありますね。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/08/19 21:56 | edit

こんばんは♪

私の場合、幸せホルモンは
睡眠が関係するっぽいです。

良く寝ると、とっても幸せで
心平和です(*´∇`*)

あと、言えないことは
音に出して言いまくります。 

単純です(笑)

吉瀬 弥恵子 #- | URL
2016/08/20 01:47 | edit

吉瀬さん こんばんは

睡眠が一番楽しみですねv
今日は昼寝をする日、とか決めたりします^^

私の楽器はなかなか喋りにくいので;じっくり
作戦練ってからになります;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/08/20 22:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1239-76ca9efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧