Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

S.クイケン:モーツァルト 歌劇「魔笛」  

シギスヴァルト・クイケンはモーツァルトの録音に関してはコンチェルトや室内楽はありますが、交響曲は手掛ていません、しかし2004年に歌劇「魔笛」を録音していたのがちょっと意外で知りませんでした。BRILLAUT CLASSICSから出ています。micha
moz zauberflote
moz zauberflote02
録音 2004年7月 ボーヌ市ノートルダム教会
いわゆる古楽での「魔笛」はJ.E.ガーディナーやT.コープマンも録音していますが、当盤のS.クイケンが一番新しいものでしょう。古楽演奏のポリシーから当然、パパゲーノのアリアで使われる鍵盤グロッケンシュピールもモーツァルト時代のオリジナル楽器が使われます。(現代はチェレスタで演奏されることが多い)
ストーリーはおとぎ話的で、大衆に親しめるものとなっている、普通の演劇のようにセリフを話す場面とレシタティーヴォで書かれた部分とあるが、この録音では省略なしで全て語られている。こちらのサイトが全歌詞と台詞を紹介しています。
オペラ対訳プロジェクト「魔笛」
歌劇「魔笛」 K. 620
序曲は荘重な序奏に続き速めのテンポできりりと締めて始まる、大蛇に襲われ助けを求めるタミーノ、3人の侍女が現れ一瞬にして退治・・とお馴染みの始まり、さっそく侍女達の三重唱が聴きどころ、喋くり合いもハーモニーが付けば美しい。王子タミーノにコミカルなパパゲーノがいろいろ付き合うことになり、ドラマを面白くしていく。
アリアはやはり、夜の女王(イゾルデ・シーベルト)のコロラトゥーラ、そして大司教ザラストロ(コルネリウス・ハウプトマン)の懐深いバスが最大の聴きどころですが、両者とも申し分なし。3人の童子(テルツ少年chor)は出番こそ短いが透明感のあるハーモニーで神々しい、これは今まで聴いた中で一番かな。
初演では台本を書いたシカネーダーがパパゲーノを演じた。パパゲーノが魔法の鈴を鳴らす場面でモーツァルトがO.ピットでグロッケンシュピールを弾き、楽譜にはないアドリブをやって舞台のシカネーダーを困らせ、それが観客にウケたというのも本当らしい。
このアリアで使われるオリジナルの鍵盤グロッケンシュピールは、鉄琴を軽くて硬いマレットで打つようなキラキラした音で、この場面にふさわしい。チェレスタよりもっと夢見心地の響きです。(星の輝きの描写にもぴったりきそう)
glockenspiel.jpg
鍵盤グロッケンシュピール
録音は良いバランスで、ノートルダム教会の響きが、セリフだけの部分も豊かに聴こえる。
関連記事

category: モーツァルト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1243-8bc31efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター