Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

A.シュテック:F.リース ヴァイオリン協奏曲 ホ短調  

先日、フェルディナント・リースの2つのホルン協奏曲で取り上げた盤ですが、今日はカップリングされたヴァイオリン協奏曲ホ短調です。
代々、ベートーヴェン家とリース家は同郷、ボンの音楽家として関わりをもってきたが、ベートーヴェンは少年期にリースの父フランツ・アントンにvnを学んでいた、後にウィーンで活躍を始めたベートーヴェンのもとへ息子リースが弟子入りした、という関係です。
1809年、一時ボンへ帰郷したリースは父と共に「ボンの冬のコンサート」を開き、父がソロを弾くよう書かれた唯一のvn協奏曲です。演奏時間30分弱と、長大ではなく、聴きどころの詰まった良い作品です。幾分渋めだがメンデルスゾーンのvn協奏曲のような親しみ易さもあります。演奏はvnソロがシュパンツィヒ四重奏団の1st vnでもある、アントン・シュテック、
ries horn con
アントン・シュテック(ヴァイオリン)
ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ(指揮)
ケルン・アカデミー(ピリオド楽器)
2007年録音 cpo


ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.24
第一楽章、Allegro non troppo ホ短調で始まる主題を聴くとシューマンの時代の趣きも多分に感じる、timpの入らない編成も作品の性格に相応しい、ソロパートは父アントンの名人ぶりを伺わせる、vnの装飾的な動きは同輩のルイ・シュポアを思わせる部分もある。オケ・パートの活躍も充実、シュテックのピリオド奏法によって、曲の魅力が透明に浮び上る。
第二楽章、Andante quasi larghetto 穏やかで安息感に満ちた始まり、vnソロと見事なオーケストレーションでよりロマン派的な深みを感じさせる。
終楽章、Rondo allegro 休みを置かずロンド主題に入る、ホ短調のリズミカルで親しみやすい主題が良い、ロンド楽章の書法はベートーヴェンと共通に思えるがソロとオケ・パートを多重的に楽しませる技はさすが。オケが沈黙し、ソロの部分があるが、重音奏法が美しい。
a steck
参考動画→Ferdinand Ries-Violin Concerto Op.24-Anton Steck(1st)

PS.当盤の最初に「盗賊の花嫁」序曲 Op.156が入っていますが、これがまた、ベートーヴェン「エグモント」序曲とシューマン「マンフレッド」序曲の中間的魅力で引き付ける曲です^^
関連記事

category: F.リース

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1252-588f4d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧