Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

古楽器はお値打ち?  

私の所持するリュートを含め、現代の製作家が作る古楽器類の価格設定は国際的にも相応か、安いくらいかと思えます、べらぼうに高いのは見当たりません。micha
個人宅に置く楽器で一番大がかりなのはチェンバロになるでしょうが、製作家サイトをいくつか見ても、大きな違いはなさそうです、しかしチェンバロの一鍵ごとに設けられた複雑な機構など考えただけでも、大変なコストでしょう、
Wikipedia:チェンバロ
チェンバロ
さらに美術品としての価値も求められる手工品で、ルッカースやフレンチ・モデルの2段鍵盤でさえ、一般的に見られるあの価格はお値打ちに思えます。

ヴィオラ・ダ・ガンバやリュートは構造こそシンプルですが、凸面や球面をもったボディを作るだけで、かなりの技術が要るはず、微妙な調整や狙った音色にするには洗練された技が要るでしょう、量産できない楽器で日数もかかる、これからしても、製作家の示す価格は安いくらいに思えます。
ガンバ
gt_20160913150825e2d.jpg

ヴァイオリン属も新作は同様でしょう、"歴史的名器"となるとまったく話は別ですが^^;
ただ、モダン系のクラシックギターやアコギなどの有名ブランドは、ハイエンド・オーディオみたいに上を見ればきりがないようで(数百万~一千万とか^^;)、リュートと同価帯で十分良い楽器はたくさんあるんじゃないかと思います。

PS.弦楽器などに多いのですが、まず使い物にならない見た目だけの品も外国の通販サイトによくあります、ネットオークションに出てくる物もほとんどが使えないか、レベルの低いものでしょう;得体の知れないものにはノータッチが一番^^;
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 4

コメント

その得体の知れないものに心惹かれるのが人間の性(w

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/09/13 22:59 | edit

こわいもの見たさ

つい覗いたり、傍観したり?はしますけどね^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/09/13 23:53 | edit

中でも、lute for saleは、別格ですよね。
あれはもうプロ奏者も出品する所ですし、私もよく見ますが、それ以外は見ないですねえ、さすがに。

しかし、リュートはお安いです。クラシックギターの名器なぞ、目が点になりますが、欧州リュートは、有名な製作家のものでも、100万はそう超えませんしね。需要と供給の量が違うということですかねえ。
ニコーさんとか、ゲーストさん、マイケルロウさんなどは、今後もっと上昇していくかなと思いますが、その前に、リュート人口というものが今後どうなるのか、衰退か、前進か、あの日に戻るのか、なあんて、誰かさんの言葉ではないですが(笑)。

白クマ #BwtdbEoI | URL
2016/09/14 18:59 | edit

白クマさん こんばんは

>lute for sale
すごーく欲しいのがあったりすると、余計怖いですね;見ないほうが身のためだったり^^;

リュート人工の増減の傾向はわかりませんが、 ヴィニシウス・ペレスのような有望な若手が出てきましたし、古楽が盛んであるかぎり志す人は出てくるんじゃないでしょうか、通奏低音で活躍している若手も結構目にします。
全体の人口より、上手い人が多くなればいいと思いますね^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/09/14 19:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1264-dec94321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧