FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

ホグウッドのハイドン100&104  

いつのまにかハイドン・ブログみたいに・・^^ また、ほかの人も書きますね。

オランダ、ベルギー勢の古楽オケが多かったので、久しぶりに英国勢です。C.ホグウッドのLPがつい後回しになっていました。針を降ろすのは何年ぶりかな・・?
ハイドン 交響曲No.100&104
クリストファー・ホグウッド指揮とfp エンシェント室内O
1983年、キングスウェイ・ホール(ロンドン) オワゾリール・レーベル

hog hay

このLPを購入した当時は、まだモダン・オケの響きに耳馴れていて、物足りなく感じてそのまま長くしまってありました。その後ブリュッヘンなどで古楽オケにすっかり馴染んで、久しぶりに聴きます。
100番から聴く・・いいですねー、弦の音が芳醇と言えるくらい美しく鮮明、そして適切な量感バランス、こんな音が詰まってたとは・・新しいはずのブリュッヘン盤に少々不満の録音があったのに、こちらは文句なし、オワゾリールの名録音です。ティンパニの弱音で叩く音もくっきり聴こえます。私がティンパニに拘るのは、ダイナミズムやリズムの表現のほか、曲の節目、輪郭を現す効果もあり、くっきり聴こえるのと曖昧なのとは、曲の締まり具合が違うからです。
ホグウッドの100番は妙な表現は一切なく、適切なテンポで聴きたいものを全て聴かせてくれます。シンバル、大太鼓など鳴り物もしっかり楽しませます。終楽章の各パートが小刻みなテーマを畳みかけるところはじつにキビキビとキレ味よいです。
104番も名演です、重くなりすぎていないのがいいです。第一楽章主部は幾分速めのテンポですが、これもキビキビした心地よい表現で適切に感じます。全楽章、腕のいいシェフの手際良さみたいなものを感じます。ちょっとこれはクイケン盤をも凌駕するかも!?
この演奏、録音なら、101、102、103番・・と次々聴きたいところ、シリーズが中断に至ったのはじつに残念です。
関連記事

category: F.J.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/127-57f99843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック