Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

エウロパとエンケラドゥス  

9月26日、NASA宇宙望遠鏡科学研究所が木星の第二衛星、エウロパに水蒸気の噴出らしいものを観測したというニュースがありました。2012年にも別のチームがエウロパの南極域に同じ様子を検出しており、今回、NASAのHSTによる観測で確認されたわけです。micha
europa02.jpg
エウロパ 観測画像(HST)
europa03.jpg
エウロパ:間欠泉?想像図
衛星から間欠泉が吹き出す様子は土星の衛星エンケラドゥスでも探査機カッシーニにより、鮮明に捉えられていて、エウロパは2例目となります。エウロパとエンケラドゥスはいずれも中心の巨大惑星を楕円軌道で周っており、近づいたときと遠ざかったときの潮汐力の差で、引き伸ばされたり戻ったりを繰り返し、内部に摩擦熱が生じ、下層の氷は溶けていると考えられる。
Europa c
強調図
また、両衛星の表面には古いクレーターが見られないことから、氷の表面は絶えず変化しているだろう。エウロパの表面に縦横に走る亀裂は変化が激しいことを示しているが、新たな亀裂が生じた際、一瞬でも隙間ができれば下層の水が噴き出すのはあり得ることで、見つかるべくして見つかった、と言えるかもしれない。
Europa04.jpg
エウロパ:表面(探査機ガリレオ撮影)
現在、木星に送られている探査機ジュノーは木星本体の探査が目的で、衛星の探査には転用できない。NASAはエウロパに新たな探査機を送り込む計画をしているそうで、この発見で予算を投入する価値が確認できたことになる。特定の場所からの間欠泉なのか、あちこちから不特定に噴き出すのかによって探査の仕方も変わるでしょう。

因みに、探査機カッシーニが調べたエンケラドゥスの噴出物からは有機物が確認され、また鉱物の粒子、ナノシリカが検出されている、
Enceladus_201609291016133a6.jpg
エンケラドゥスと間欠泉(探査機カッシーニ撮影)
ナノシリカは海底で90℃以上の熱水が噴出し、すぐに冷やされたときにできるそうで、熱水噴出口がある可能性を示すとされる。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1280-0a7fe6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧