Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

燃料革命か?二酸化炭素からエタノールを生成  

すっかり話題になっていますが、米テネシー州のオークリッジ国立研究所の研究者が、別目的の研究中に偶然、二酸化炭素(CO2)から非常に簡単にエタノールを生成する方法を発見したと報じられました。これが広く実用化できれば、化石燃料に替る大革命に!?micha
001a.jpg
動画サイト→Nano-spike catalysts convert carbon dioxide directly into ethanol

その技術はシリコンの上に配置したナノサイズの銅と炭素に、添加不純物となる窒素とわずかな電圧を与えるだけでCO2を溶かし込んだ水を63%の効率でエタノールに変換する連鎖反応が常温中で起きるというもの、つまり非常に省エネで作れる。
002_20161021101912ffc.jpg
CO2は水に溶けやすいので、大気中から簡単に取り込むこともできる、これも低コストにエタノールに変換できれば本当に減らしていくことができる。
001b.jpg

「CO2削減」という言葉を曖昧に捉えがちですが、排出量を減らす、という意味でしょう、排出を続けているのに変わりない、植物などによる吸収が追いついて、大気中に増えすぎたCO2が減る方向になって本当の削減です。
省エネ製品を作るために多量のエネルギーを要しては本末転倒、RED電球やハイブリットカーの電池を作るのに、また廃棄処分にどれだけのエネルギーが要るのか?気になるところ。
エタノールはガソリン車に混合して使える、また貯蔵して、太陽光や風力発電など不安定電力を補う発電燃料にする、など考えられるようです。
今回のニュース、実用化に困難もあるかもしれませんが、方法が見つかっただけでも、明るい材料としたいです;
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1302-ff4e0e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧