Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

好録音再聴:リヒター、バッハ管弦楽組曲No.3&4(LP)  

今日もちょっと古い録音のLPです、古くからのバロックファンにはお馴染み、カール・リヒターのアルヒーフ盤ですが、同時期のフランスやイタリア系の音盤とはまるで違う趣きです。リヒターの演奏はまさしく楷書的で、直接音が主体の録音は決して綺麗なサウンドではないが;各声部が活き活きと湧きあがる、trpは鋭く、timpも生々しく押し出してくる、このある意味、武骨さにはちょっと嵌められてしまう;micha
r bach01
カール・リヒター:指揮
ミュンヘン・バッハO
1960~61年録音 アルヒーフ


管弦楽組曲No.3ニ長調BWV1068
序曲のグラーヴェはじっくりと反復される、フーガのアレグロに入ると各声部がしっかりとした足取りで整然と進められる。弦楽とob、fagoが重ねられる部分が多いが全員のぴたりと結束した合奏が筋肉質で味がある。弦楽のみのアリア、弦の編成は多いと思われるが、よく揃ったキメの細かい響き、何の飾りっ気もないが味わい深い。続く舞曲も序曲と同様に整然として活気に満ちた演奏。
動画→J.S. Bach Suite para Orquesta no 3 en Re Mayor, BWV 1068
演奏:K.リヒターほか

管弦楽組曲No.4ニ長調BWV1069
序曲、グラーヴェに続くアレグロは三連符に基づく付点リズムに終始するが、リヒターは折り目正しく引き付ける、trp、timpを含む祝祭的な作品と思われるが、弦と木管だけによる瞑想的な部分が少なくない、バッハらしい神秘的な要素が飽きさせない。この序曲はカンタータ第110番BWV110「喜び笑いあふれ」の第一曲に転用されている、
参考動画→Bach Cantate BWV 110-Unser Mund sei von Lachens
演奏:N.アーノンクールほか
カンタータが先に書かれた?ようにも思える内容だ。
終曲のレジュイサンスは傑作だ、複雑な対位法で書かれ、声部入り乱れたような聴き応え。
sc02_20161022103110477.jpg
レジュイサンス(弦パート):終わり近く
なお、この録音のCD化されたものは荒さが目立ち聴き辛かった、断然LPに軍配!
r bach02
関連記事

category: J.S.バッハ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1303-15ba886a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧