Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ミヒャエル・ハイドン-トランペット協奏曲ニ長調(3枚)  

昨日に続き、トランペット協奏曲で、今日は弟ミヒャエル・ハイドンの作品、ニ長調です。昨日の兄ハイドンの協奏曲は当時のtrp奏者、アントン・ヴァイディンガーが発明した、低域でも半音階が演奏できるキー・trpのために書いたものだが、ミヒャエルの曲はバロック期と変わらぬナチュラル・trpの為の作品、micha
trp.jpg
よって自由度の高い高音域で演奏される、このニ長調 MH 104は2つの楽章からなり、前期古典派的な作風が良い、アダージョの第一楽章で「3点A」という、trpでは記録的な高音を要求されることで知られる。
m hay tp con
第二楽章はアレグロの明るい楽章。

1枚目、最初にレコーディングしたのはおそらく、アドルフ・シェルバウムだろう、このグラモフォンのLPに入っているが、
a s tp con
アドルフ・シェルバウム:trp
カール・リステンパルト:指揮
ザールブリュッケン放送室内O
1962年 D.グラモフォン

1曲目には兄ハイドンの協奏曲が入れられ、2曲目だが、シェルバウムはこの高音域で吹く曲こそ本領発揮で魅力に思える、「3点A」も何とかクリア、録音史の快挙かもしれない。バックはカール・リステンパルト指揮、ザールブリュッケン放送室内O、古い録音ながら明瞭で、しなやかな弦楽の味わいも聴ける。

2枚目はM.アンドレ、昨日取り上げたLPで、こちらも兄ハイドンの次に入っている、
m a trp con
モーリス・アンドレ:trp
ハンス・シュタットルマイア:指揮
ミュンヘン室内O
1966年 アルヒーフ

アンドレは高音域を吹くバロック作品向けに開発されたピッコロ・trpを用いている、
p trp
「3点A」はアンドレでさえ、ぎりぎり鳴らしたように聴こえる、恐ろしい曲のようだ。しかし全般はさすがに滑らかで安定感のある演奏だ。バックのH.シュタットルマイア指揮、ミュンヘン室内Oはリステンパルトとは一味違う充実感。
参考動画:M.アンドレの演奏→ Michael Haydn. Trumpet Concerto in D major, MH 104
「3点A」は2:49の後から、

3枚目はルベン・シメオのアルバム第3弾から、ここではオケに代ってオルガンが伴奏する編曲で行われている、
r simeo
ルベン・シメオ:trp
アレホ・アモエド:organ
2011年 エイベックス・マーケティング

シメオの演奏は師アンドレと同じピッコロ・trpで、第一楽章をゆっくりたっぷりと聴かせる、始まりから滑らかこの上なく、装飾も取り入れる、「3点A」はまだ余裕がありそうな吹きっぷりに驚く;技術的には"新記録"を作る人がやがて現れる。
残念なのはこれほどのtrpソロがオルガン伴奏という点である、ソロと通奏低音の為の作品ならこれでよいが、当曲のほかにもヴィヴァルディなどバロックの協奏曲が入っていて、みな、バックは表情豊かな弦楽を想定した曲だ。オルガンのアレホ・アモエドは伴奏の達人だそうで、適切なパイプを選び雰囲気を出してはいるが、表情的ではないオルガンだけでは、物足りないというか違和感がある、ぜひオケと再録してほしい、と思わずにいられない結果だ。

このほか参考動画:
W.マルサリスの演奏→Michael Haydn - Trumpet Concerto in D major - Adagio
Brian Shawのナチュラルtrpによる演奏→Michael Haydn - Trumpet Concerto in D Major

今日もご覧いただきありがとうございました。
関連記事

category: M.ハイドン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1328-7c6f72e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター