Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

赤道儀と経緯台  

今日も望遠鏡の話です、やりだすと続いてしまいます;
micha
アマチュアも親しんでいる天体望遠鏡の赤道儀という仕組みは、極軸を天の北極に合わせると、どこに向けても地球の自転軸に合わせた経度回転になり、1つの回転ギアで天体の赤経上の移動を追尾できる、
kyokujiku.jpg
ドイツ式赤道儀:日本では一般に赤道儀と言えばドイツ式になる
また天体は動くと共に見える角度が変わっていくが、赤道儀は望遠鏡の視野と天体角度が一致するので像が回転せず、露光時間が長くても像が流れない。一方、普通に上下左右に向きを操作して天体を追うのは経緯台というが、天体が動くにつれ、視野内で像の回転が生じる。
sekidogi.jpg
keiidai.jpg
ドイツ式赤道儀の仕組みは小型望遠鏡なら良いが、天文台の大型に用いるのは不向きになる、ドームスペースも余計に取ってしまう。
フォーク式赤道儀というタイプもあり、近年の公共施設の望遠鏡に導入されている、2本の腕で鏡筒を支え、腕の付け根の回転軸と、腕に挟まれた鏡筒の回転で目標に向け、赤経上の動きを追尾できる、
foku02.jpg
フォーク式赤道儀
バランスウエイトが要らないのが利点だが、伸ばした腕と付け根の軸で鏡筒をまるごと抱える必要があり、鏡筒の長さや重量に限界があるだろう。

結局、大型望遠鏡を支えるという点で最も安定的なのは経緯台のようだ、すばる望遠鏡に見られるように、多くの大型望遠鏡は最下部の台座が回転し、鏡筒は上下に動くだけの経緯台方式である、これだけでは視野の像が回転してしまうが、覗いている観測機器側が回転に追従する、という仕掛けらしい。
subaru te
すばる望遠鏡 概略図
すばる望遠鏡は先端にある主焦点、主鏡の中央に空いた穴の後方で焦点を結ぶカセグレン焦点のほかに、光を直角に反射させ、横に焦点を結ぶナスミス焦点が設けられ、1つの望遠鏡にいくつかの観測装置が付けられる。ナスミス焦点は複数の反射鏡の組み合わせで、接眼部を固定できるので、大型の観測装置を繋ぐのに適している。

tmt02.jpg
TMT
計画されているTMTやE-ELTも基本構造はすばるによく似ているようだ。
ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
お宅の望遠鏡のファースト・ライトは?

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/12/03 22:20 | edit

奇士さん こんばんは

もう少ししたらやるつもりですが、まずは眼の観測ですね。
写真が撮れなかった場合はイメージ画像を作ろうかと;反則かな^^

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/03 22:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1346-fea44592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧