Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

高速度星  

銀河系の多くの星々はそれぞれ固有運動を持っているが、大きく見れば銀河円盤に沿って同じように周っている、しかし、例外的に移動の方向といい、速度といい、まったく違った奇妙な星が見つかっている、銀河系の星々に対して相対的に毎秒60~70km以上で移動する星を高速度星と呼ぶ、先般取り上げた、バーナード星やアークトゥールスも高速度星だが、最高記録としては秒速1500kmの超高速度星が見つかっている、銀河系の重力を振り切って銀河間に飛び出していくスピードだ、仲間のいない空間への一人旅となる。
005.jpg

銀河系を球状に取り囲む、ハローに分布する球状星団などから、銀河円盤とは異なる軌道を持った星が侵入してくると、相対的に方向も速度も違い、他の星達の間を突っ切るような動きになる、その星のスペクトルを観測して、金属物質の極めて少ない種族Ⅱとされる宇宙初期型の星であったら、元は球状星団に属していた可能性がある。かつて存在した小さな球状星団は銀河系に取り込まれていると考えられる。

地球に最も近い、LAMOST-HVS1という超高速度星が見つかっている、これの起源は銀河系中心のブラックホールとそこに接近した連星だと考えられている。2つの星が周り合う連星が銀河系中心の巨大ブラックホールに接近し、1つがその重力に捕えられ、もう1つは引き合っていた相手を失い、ハンマー投げの選手が手を離したように投げ出される、こうした現象が起こるのは10万年に1回程度とみられている。
001a_20161210092545406.jpg 006_20161210141240e2b.jpg

高速度星が高速になる原因は強い重力が関係する場合が多いようだが、超新星爆発が起きた後、中性子星が出来る場合、大抵は中心に留まる(かに星雲など)、しかし稀に爆発で弾き飛ばされる中性子星があり、爆心から外れた位置にあったためと考えられる、爆発が残したガス雲から離れ、毎秒1500km(光速の0.5%)の超高速で移動する中性子星 RX J0822-4300(とも座)が見つかっている。
puppis 2
とも座RX J0822-4300(チャンドラX線望遠鏡:撮影)
観測年による移動がわかる合成画像
拡大

超高速度星には巨大BHの重力、超新星爆発といった圧倒的パワーが関わっている。こういう激動を経た星はたぶん惑星などは伴っていないだろう;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1353-161893f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック