Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

リュートの弦高:応急処置  

昨夜は黙々とリュートの弦高調整をしていました。
2011年作のM.オッティガー、11コースリュートの弦高がいささか高くなってきた、
m 11c lute
13コースluteもそうでしたが、Mさんの楽器はどうもこのタイミングで調整が要るようです。弦高が高いと、開放弦からパっとハイポジションを押えたとき、弦が逃げやすいんですね、また隣の弦に触れずに押えるという大事な奏法にも支障が出る。私の場合、ぐっと強く弾いたらビるくらいが良いです、実際の演奏ではまず弾かない強さだし;
今回はひとまず、1、2フレット径を細いのに替え、ナットの溝を彫り込んで低くする、
m 11c lute02b
これでビらないんだから、だいぶ前倒れしている;
またブリッジ側は例によって2回通し結びにして、最低の位置まで低くするという処置でやってみました。
m 11c lute03
2回通しにすると弦が滑らないので、思いの高さで止められ、逆に高く止めることもできます。ただ2回通せるように弦穴を拡げる必要がありますが、太い低音弦ではやりません。
m 11c lute04
2回通しは4コースまで、5コースは絡め数を多くして、ある程度低く止めた
12ポジションで指板面から4ミリ、どうにか良くなったかな?弦が安定して、曲を弾いてみないと判定できませんが;これでだめなら指板を削る必要がある、この楽器は指板厚が十分にあるので、いけるでしょう。

どうもこの楽器が気になり、他の予定が後回し、年賀状の準備もまだだし、天体望遠鏡のファーストライトも・・^^;
ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 6

コメント

お久しぶりです。

リュートの調整というのは、宿命みたいなものですよねえ。

羊皮紙タイプでの仕様もありましたから、当時は、頻繁に表面板も開けられて修理もされてたんでしょうね。
でも、リュートのような低張力のネックが動くのは・・・・(いえいえ、表面板の力木、厚みなどの要素が大きいのかなあ)。
構造をガチガチに強固に作ると、逆に鳴らなくなるように思えますし、いろいろな意味でもサジ加減は難しいですね。製作者の腕の見せ所でもあるんでしょうね。
私のバロックリュートももう限界近いので、今度調整するなら指板の加工を要します。どうしようかなあ・・・・。エボニー指板削りたくないですねえ。

白クマ #BwtdbEoI | URL
2016/12/12 13:21 | edit

白クマ さん こんにちは

低張力でも本数が多すぎますからね^^;
テオルボなどの長い低音はナットをかなり高くしてあって、昔から変形する楽器なんでしょうね;指板も固定フレットじゃないので、いつでも削れますし;
モーリスさんのluteは指板材がかなり厚く、削るのは想定内のようです、しかし限度があり、いずれボウル側もバランスよく下げることになりますね;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/12 14:50 | edit

こんばんは。
リュート研の某さんは、自分で指板削ってますね。
実は私も、某楽器の指板を最大で0.5mmほど削ってます。
黒檀削るの大変。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/12/12 22:53 | edit

奇士さん こんばんは

削るときは鉋を使いますか?
あるいは台座付きの強力サンドペーパーとか、
私も次は一か八か自分で手を下そうと思っています;
金尺で指板の起伏をよく確認しながらですよね。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/12 23:09 | edit

流石に鉋がけする自信無いし使うほどのこともなかったので、比較的目の細かい金属鑢とサンドペーパー。
目の粗い鑢だと深い擦り傷ができたりすることがあるので要注意。
デコボコにならないように、常にチェックしながら。
一度に沢山は削れないので根気勝負です。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/12/12 23:29 | edit

奇士さん ありがとうございます。

根気良く削る、というのは、年がら年中やってる気がします;
鑢のたぐいは本当にいろいろ揃っています、粉塵にも要注意ですね。

いよいよとなったら、自己責任で腹決めてやってみます^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/13 00:09 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1355-ec7766c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター