Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

指板の指跡  

先日の11コース、バロックリュートですが、このように灯の当て方で、指板がツヤで光って、頻繁に押えているポジションがわかります。(光っていない所もたまには押えます)siban
siban.jpg
指板がツヤ仕上げしてあると目立ちませんが、この楽器は素地のままです;買って1年も経って、いくらか指跡がついていないと、サボっていたことまるわかりです;;
光ってる範囲が少ないって・・?
バロックリュートのオリジナル曲を弾く限りはだいたいこんなもんでしょう^^;

この13コースは一度、指板を削って表面はリセットされました、半ツヤ仕上げにしてもらったようで、その後、結構弾いてはいますが、跡は目立ってきません。
siban03.jpg

こちらの13コースは出来て15年、一度も指板調整をしていないので指跡が目立ちます。
siban02.jpg
バッハなどしょっちゅう弾いている人なら、もっと範囲は広がるでしょう。
ギターならハイポジションまでほぼ全面?、跡が付いてたかな・・

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 8

コメント

おもしろいですね。。

早速、自分の13コース2本の跡を見てみました。
私はほとんどバッハ以外は弾かないので確かにMichaさんのと少しだけ違うようです。
最も低音まで弾いているのが、1,7,8フレットで、2~5、9フレットがそこそこ、10フレットに少し跡があるという事でした。
ポジション移動を少なくするために7~9フレット辺りの低音を多用するのはクラシックギターではセーハという形でもっと多かったですが、それに比べると楽ですよね。
今度、写真をブログに掲載したいと思います。

LUTE #- | URL
2016/12/16 16:09 | edit

LUTEさん こんばんは

相変わらず、ヴァイスで四苦八苦しています、つぎはド・ヴィゼあたり挑戦したいですが。
バッハを弾く場合、低音コースのバイポジションもけっこう出てきますよね、編曲しだいかもしれませんが、あまり頻繁だとしんどいです;

こちらでもブログリンクさせていただきました、よろしくお願いします。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/16 20:15 | edit

リンクを有難うございます。

写真を撮ろうと色々と照明を当ててみたのですが、ローポジションからハイポジションまでをきれいに光らせることができません。
michaelさんの技術をここでも思い知らされましたが、照明法をご教授ください。。

LUTE #- | URL
2016/12/17 15:54 | edit

LUTE さん こんにちは

私はこの図のように
http://blog-imgs-100.fc2.com/m/i/c/micha072/20161217162936bf7.jpg
天井の蛍光灯のほぼ真下の床に楽器を置き、反射してくるのを写しました。
光源に幅があり、離したほうが、ポジション全体が写りやすいかもしれません。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/17 16:33 | edit

有難うございます。

明るいほうが良いだろうと至近距離で照らしてました。。。再度チャレンジしてみます。

LUTE #- | URL
2016/12/17 19:57 | edit

ブログに写真を掲載しました。

結局、指跡パターンはMichaelさんのとあまり変わりませんでした。

LUTE #- | URL
2016/12/18 21:07 | edit

LUTEさん こんばんは

拝見しました、ほぼ同じパターンですが、私の場合♭系の曲ばかり弾いていたので、
7コース、4ポジション(B)の跡が薄いです^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/19 00:44 | edit

有難うございます。

また、色々と教えてください。

LUTE #- | URL
2016/12/19 11:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1359-23487a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター