Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ミニ・テオルボの【1フレット】  

近々、使う予定のミニ・テオルボ(兼アーチlute)ですが、
mini teo
ネックのある楽器は大抵、ハイポジションにかけて太くなっていくテーパーがあり、細い側でフレットを結んでずらせばしっかり絞まります。
しかし、この楽器の1ポジションはテーパーが利用できず、絞めにくいです。二重巻きにしてフレットガットの伸縮性を利用して絞めていましたが、
nijumaki2.jpg
1ポジションのみダブルフレットで、サワリ音がビィーンと鳴るというのもアンバランスに感じ、やはり一重巻きにしたい、
sawari3.jpg

そこで、例の秘策をもって、一重巻きにしました、この位置なら邪魔になりません。
kessoku.jpg
何かと役立つ結束バンド^^

次に挑戦する予定はR.ド・ヴィゼの曲、ちゃんと弾けますやら・・?;
visee_20161219095644a59.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
Les Sylvains de Mr. Couperin ですね。
オリジナルのチェンバロだと簡単そうに弾いてますが、テオルボだとそれなりに練習が必要かな?
Lute 編曲版もありますね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/12/19 23:13 | edit

奇士さん こんばんは

テオルボ調弦が手に負えるか、わかりませんが、しんどかったら
バロックリュートに乗り換えようかと思っています;

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/19 23:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1363-25c858b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター