Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

11コース おたく  

11コースのバロックリュート作品は13コースluteがあればカバーできてしまうので、わざわざ持たなくてよい、のも確かですが、あえて持つ人は拘りがあるんでしょう^^
(因みに知るかぎり、名古屋近辺には11コースが結構流布しているはず;) 
自分も11コースの購入歴は3つで、2つ手元にあります。2つ目は中古で1982年 M.Cameron作(英)、この製作家さんもオリジナル楽器の修復歴が多いと聞きました。
11c lute a04
11c lute a03
11c lute a02
H.フライ=タイプ 弦長67cm
この楽器に始めてガット系の弦を張って、「あ、この音だ」と納得した記憶です。緩い弦で、強くはないけど深く鳴って、力を抜いて語れるような、
11c03_201612311015089ca.jpg
ローデド・ガットを張ったときの写真、 近くローデド・ナイルガットを試す予定
たぶん、響板に限らず、ボウル、ネック、全体の質量などが微妙に関係して音を作っているのかと思いますが、そこを見抜いて作られた楽器は良い反応をするように思います。

もう1つ、2011年 M.Ottiger作(スイス)、これは形状が違うので、音のキャラクターも異なり、語り口も変わるようで面白いです、
11c lute b
P.ライリッヒに基づくオリジナル、 弦長66cm
やはりガット系を張って本領発揮という感じです。

と言いつつ、このところヴァイスばかり弾いていたので、来年はド・ヴィゼに挑戦したい、と希望的計画です;
PS.あと、天体観測も・・^^

皆様、よいお年をお迎えください。
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

しめくくりは11コースですか。
来年はいよいよYouTubeデビューですね!
第一弾は是非 "L'Infidele" で (^^)v

良いお年を。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2016/12/31 20:28 | edit

奇士さん こんばんは

天体観測もあるし、いそがしいですね^^;
来年もよろしくお付き合いください、

良いお年を。

michael #xNtCea2Y | URL
2016/12/31 21:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1375-7ef82c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧