Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

コンチェルト・ケルン:ヴァンハル 交響曲集  

随分前に購入して行方がわからず、再購入しようかと思ったCDをようやく倉庫で見つた;
コンチェルト・ケルンによる、ヴァンハル 交響曲集。
vanhal sym vanhal sym02
1996年 TELDEC 表紙は初盤のもの
コンチェルト・ケルンのリーダーであるヴェルナー・エールハルト(vn)やマルティン・サンドホッフ(fl)はその後も知られない古典派作品の優れた録音をピリオド楽器の新たなメンバーで出し続けていて、当ブログでも取り上げてきた、J.M.クラウスの交響曲も最初に出したのは彼らのようだ。

ウィーン古典派で、最初のフリー作曲家だったといわれる、ヨハン・バプティスト・ヴァンハル(1739-1813)、作風はどれを聴いてもまさに洗練されている、異風な味わいの曲はないが、常に冴えたスタイルを楽しませる。
Vanhal_20170106100319a26.jpg
Johann Baptist Vanhal
当盤は5曲収録されているが、興味深いのは疾風怒涛期の短調作品が4曲入っていること、今日は聴き通して全般をまとめて書く、いずれの曲も楽章は3~4分代の簡潔なもの、急楽章にも旋律美をもった主題が使われ、喉越し滑らかな、心地よい曲が続く。
譜例は4曲目のイ短調(Bryan a2)第一楽章の始め、1st vnのパートだが旋律美があり、他のパートは和声的に急速なリズムを付ける、
sc02_201701060942536a7.jpg
C.ケルンは適宜、スタッカートを加えている
ポリフォニックな書法は少ないようだが、展開部での劇的な聴かせ方も堂に入っている、再現部も簡潔ながら変化を聴かせる。
C.ケルンの演奏は速めのテンポできりっと締め、曲の持ち味がぐっと圧縮される、緩抒楽章のみflが入る曲が多く、前古典派的な雅びな雰囲気を湛える、ハイドンの疾風怒涛期:緩抒楽章のような夢想的な気分とは違うがわるくない。メヌエットの主題も洒落たものが揃う、終楽章は劇的に熱気を帯びた曲が多い、C.ケルンはキビキビ心地よい演奏で締めくくる。
なお、イ短調(Bryan a2)の終楽章だけはやや長めで(5:49)、展開部~終結までが充実した構成で、ハイドンの上を行きそうな内容だ。
最後に入っている、ホ短調(Beyan e1)は第一楽章の主題が特に美しく印象に残る、C.ケルンはホルンを効果的に高鳴らせる。
動画→Johan Baptist Vanhal Symphony E minor Bryan e1

1曲だけ入った長調作品、3曲目のハ長調"Sinfonia comista"(Bryan C11)はtrp、timpの入ったじつに活気心地よい典型と言える、透明なナチュラルtrpが効いて、C.ケルンは一段と痛快。
動画→Johan Baptist Vanhal Symphony C-major"Sinfonia Comista",Bryan C1
弦楽の各パートが対等で、隅々まで味わえる録音だ。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: J.B.ヴァンハル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1381-cf97cebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧