Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

負の数×負の数  

学校の教科で一番苦手だったのが数学だった、何か身の周りにある事を説明する必然性があって、こういう数式が成り立つみたいな憶え方なら面白いけど、ただ紙の上のパズルみたいなのは、ほんとに嫌いだった;

計算の答えの出し方だけは鵜呑みに憶えているが、例えば、負の数×負の数の答えがなぜ正の数なのかさえ、聞かれても説明できない;ちょっと調べてみると、

① (-3)×4=-12
② (-3)×(-4)=+12


①は(-3)を(+4)つ足し算するのと同じ、つまり負が増えて行く
(*普段は省略されている「+」を全て書く)
+(-3)+(-3)+(-3)+(-3)
括弧を外せば
-3-3-3-3
となって、答えは-12である

②は(-3)を(-4)つ足し算する
言い換えれば、 (-3)を(+4)つ引き算する
-(-3)-(-3)-(-3)-(-3)
括弧を外せば
+3+3+3+3
となって、答えは+12である
「-」には物事を反転させる意味がある

他にもいろんな説明法はあるらしい。

しかし、数学というのは、人間の頭に留められないほど複雑多岐な要素を一旦書き留め、明快に整理、簡潔化できることが多い。いかに変形、簡潔化しても誤りさえなければ、"神"が作った自然界のカラクリと一致する不思議な力がある。
あの反物質を予言したポール・ディラックも彼の方程式の中で、エネルギー(E)の答えが二乗根で求められるという形が現れ、+と-の二通りの答えが出てしまった、
仮に、Eの二乗=25だったとすると、Eの答えは+5と-5の二つとなり、マイナスのエネルギーもあることになる、もし反物質が存在すれば、この結果と一致する、という経緯だった。
そのわずか4年後、宇宙から飛来した反物質の1つである、陽電子(反電子)が霧箱で検出されて、ディラックの仮説が正しいと証明された。
Dirac 5
ポール・ディラック(1902-1984)

PS.最近、量子コンピュータの基本的仕組みに興味があるが、ひじょ~にややこしい^^;
記憶に使う量子ビットが増えるほど、指数関数的に演算速度が上がるそうで、トンネル効果、もつれ、など量子の不思議な振る舞いと合わせて理解する必要がある・・;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 科学・自然・雑学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1383-f137ce9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧