Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

リュート低音弦の選択肢  

昔、リュート弦にガットが使われたのは間違いないが、現代作られるガット弦で高音用はまず良好と言えるだろう、細くて切れにくいものも出てきた。ただ、低音弦をどうするのが適切か、未だ不明な事が多い。
リュートを始めた当時、実用的で入手しやすいものといえば、Pyramid社のナイロン弦と巻弦しかなかった、巻弦はギター弦と同じ作りで、サスティーンが長く、ドスっと瞬発力のある低音は出なかった、その後Aquila社からサスティーンがやや押えられた"D"の品番の巻弦が出て、始めて使用したとき、だいぶ好ましくはなったが、ガットには至らなかった。
py aq w
巻弦2種
次に試したのはGamutから出ているGimped Gut という低音弦で、ルクスラインとも呼ばれ、ガット線に金属線を螺旋に埋め込み巻きしたタイプだ、ガットの質を保ちながら質量を補充した現代考案された弦で歴史的ではない、弦質が硬く短い楽器には向かない。
gamut.jpg
ルクスライン
もう一つはキャットラインと呼ばれるガット弦を縄状に捩った弦で、Aquila社ではヴェニスガットという品名である、質量はガットの裸線と同じで低音ほど太くなるが、弦質が柔らかく均質で、振動も良いのが利点である。
venice02.jpg
キャットライン
Aquila社では一頃、ローデド・ガットという歴史的低音弦の再現を試みた、生のガットに銅の微粉を付着させて仕上げ、質量を持たせたものらしい、柔軟で程良く細くなり、鳴り具合も成功しているが、均質に作るのが難しいようで、振動の悪いものが大半だった。この振動の悪さは当品に限らず何らかの加工をしたガット低音弦全般に言える(しかも高価である;)
l g
11c 2
ローデド・ガット
なお、近年使い出したのは弦素材ではなく、釣糸用のフロロカーボン(PVF)だが、PVFは19世紀ギターの高音弦としても一頃重宝されたようだ。ただリュートの高音弦にするには細すぎて音質的にも好ましくなかった。しかし、大型魚用の太い釣糸で適度な硬度のものは低音用として良い線行っている、呉羽の万鮪(赤ラベル)がちょうど良い、
maguro.jpg
PVF釣糸
まるでリュート向けに用意したかのように、ゲージが細かく揃っているのが不思議^^釣り糸にこれほど細かく必要なのか?50mあるので振動の良い部分を切り出して使える。
11c_20170203120559853.jpg
太い弦がPVF
なお、年末に注文したAquilaの新製品、ローデド・ナイルガットがまだ届かない、
l ng
ローデド・ナイルガット(Aquila社画像)
注文が多いらしく納品が遅れているようだ。最低音のあたり、PVFでもだいぶ太いので、この製品に期待している。ガット弦の宿命は湿度変化によるピッチの狂いやすさだが、合成素材はそれから開放されるのが助かる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

釣り糸が、楽器の弦としてふさわしいなんてオドロキです!
そういう使い方って結構一般的なものなんですか?

>まるでリュート向けに用意したかのように、ゲージが細かく揃っているのが不思議^^
→ほ~。釣りの世界も奥が深いのですね!

私はタワシ #- | URL
2017/02/05 17:26 | edit

私はタワシさん こんばんは

今のギター弦に使われているナイロン弦も元々魚網用に作られたもので、一部弦に転用されているそうです。PVFもそうですがリュートに限らず、原材料の釣糸とかテニスラケットのガットを転用して使う人もいるようです。弦として使える具合よい素材なら何でもありなんですね^^

michael #xNtCea2Y | URL
2017/02/05 19:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1409-fb01ed72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧