Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

「惑星系円盤誕生の謎」解明の糸口?  

原始惑星系円盤など、強い重力を持った天体の中心部には降着円盤のガスが落下していき、吸収しきれなかった分が上下にジェットとして噴き出す?みたいな大まかなイメージで見ていたが、力学的な詳細はどうなのか、知らなかった。
20160429134910445_20170213095427150.jpg

2月8日、理化学研究所、国立天文台、東京大学がアルマ望遠鏡を用いた詳細な観測で、この惑星系円盤の中心近くにおける、惑星系円盤誕生における角運動量問題と言われる謎解明の糸口をつかんだと発表した。回転しながら中心部へ落下していくガスは原始星に近づくと回転速度による遠心力が勝るようになり、ガスの*角運動量の一部が外へ放出されないと、円盤が安定しないという問題だった。今回、おうし座450光年にある「L1527分子雲コア」の観測により、中心部の詳細がわかってきた。
6483_distribution.jpg
図の南北方向に伸びた原始惑星系円盤を真横から見た様子、CCH分子の分布から遠心力バリアの手前で厚みが変化しているのがわかる(資料:理化学研究所)
周囲を取り巻いて流れ込むガス中の塵、CCH分子の分布を調べたところ、円盤が遠心力バリア(ガスが中心星に最も近づける位置)の手前で厚く膨らんでいた、ここで落下してきたガスが滞留し、衝突し合い、温度が外部より160°高音になっていた、
6484_protoplanetary_disk.jpg
(資料:理化学研究所)
これで角運動量のエネルギーの一部が円盤の垂直方向へ分子流となって放出されている、ここでのエネルギー流出により、ガスは内側へ落下できるようになり、太陽系など惑星系が形成されるプロセス解明の糸口とされている。

*角運動量については過去記事:「月が離れて行く理由」でも概略を書いた。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1419-01b33640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック