Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

マルチ・リブ ≪追記あり≫  

リュートのボディの裏面は柳の葉状に切った薄板(リブ)を継ぎ合わせて球面にしてあります、内側には継ぎ合わせの補強のため、境目に布や紙のテープが貼られています、製作家によってやり方も違ってくるかもしれませんが、 te
11c l
リブ材はハカランダで内側も黒っぽい(修理時に開いた写真)
この楽器は一枚の布を裂いて利用してあります、リブ数は11枚なので少ないほうです。

マルチ・リブというリブ数の多い楽器もみな同じようにテーピングしてあるのか?気にしたこともなかったですが;うちにある最もリブの多い(21枚)楽器を響孔から覗いてみると、
al 02
tape.jpg
追加写真:この楽器は響孔が3つあるので、1つから照らし、別孔から撮れました
一応1箇所ずつ貼ってあります、ただし薄い和紙のような細いテープです、ツヤがあるので塗装もしてあるように見えます、テープ面も堅仕上げが良さそう。

もっとリブ数の多いテオルボもそうだとすると、これも相当な手間です、
n teo
参考:L.ニスカネン作、テオルボ
数本跨いで貼ったほうが早いような?;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: リュート

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは。
わが家の西村テオルボは内貼りしてない。
blog-imgs-104.fc2.com/m/y/w/mywindow/Theorbo_Nishimura.jpg
これを見た時は驚きましたよ。

人によってはリブの継ぎ目と、それに垂直な方向の両方に貼っていることも。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/02/27 22:54 | edit

奇士さん こんばんは

貴重な写真、ありがとうございます。
テープなしというのは初めての気がします、精度高く接合してあるので、要らないってことでしょうv

こちらも何とか撮って、写真追加しました、スペーサーが透けてみえるので、薄い紙ですね。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/02/28 00:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1433-84dec3b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧