Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

W.カーター:バッハ リュート曲集  

リュートのCDを買う頻度は非常に少ないのだが;ちょっと興味ひかれる新譜が出ていた。
奏者のウィリアム・カーターはナイジェル・ノースに師事した人で、これまでパラディアンズなどのアンサンブルで通奏低音を録音した何枚かがあるが、非常に上手いと思った。
W.カーターはF.ソルやF.コルベッタなど、ギター系のソロ・アルバムは既に4枚出しているが、リュート・ソロはこれが最初のようだ、2014年に録音した、"BACH Reimagines BACH"と題されたアルバム、"バッハ演奏の再創成"を意味すると思われる。
収録はBWV1001、1006a、995 の3曲。
w c bach lute0120170303101104332_20170303144826b76.jpg
w c bach lute03
LINN レーベル
録音は会場の響きが心地良く、弾弦のかすかな表情までよく捉えている。

1曲目、ソナタト短調BWV1001
これは2曲目のフーガのみ、当時のリュート奏者が編曲したリュート譜が残っているが(これはBWV1000となる)、ここでは原曲の無伴奏vnソナタから全楽章編曲されている、師 N.ノースに近い編曲か。全体の印象は弱音基調で、vnソロの場合の張り詰めた趣きではなく、リュートらしいゆったり語る物腰である、Adagioは圧縮されたパッセージが多々あるが、そこも巧みに落ちついた自然な歩調にする、Fugaも急がず余韻を十分聴かせながら進める、淡彩を重ねていくような味わい。この曲の最後Prestoはリュートには不向きだと思う、個人的にはAdagioとFugaだけでよい。(*因みに、ラウテンヴェルクで録音した鍵盤奏者がBWV1000のほうを弾き、リュート奏者はBWV1001を再編曲して弾く例が多いのが面白い。)
2曲目、組曲ホ長調BWV1006a
この曲は無伴奏vnパルティータBWV1006にバッハ自身がバス声部を付けたラウテンヴェルク用と思われる二段譜が残っており、あとは奏者がリュート上に乗せる作業となる、ただ原曲どおり弾くには運指上の困難がある、カーターの演奏は、プレリュードは安心して聴ける歩調、最近はアクロバット的な急速演奏が多い中、逆に納得できる、遅くてだめってことはない。ブーレ、ジーグなど速い舞曲も個々の弦の余韻を聴く時間を与えるテンポだ。
最後は組曲ト短調BWV995
原曲は無伴奏vc組曲ハ短調BWV1011だが、これもバッハによるバスを加えた二段譜が残っていて、これに基づく演奏、カーターの使用楽器についての詳細はわからないが、通常の13コースリュートには無い、コントラGを弾いている。この曲もリュートらしい語り口で、3曲中最も好ましい出来に思える。4曲目サラバンドには装飾は行わず、1音ずつに神経を込めているが聴き手にはさらりと自然。ガヴォットは少々速め、ジーグはカナリー風のリズムだが、落ちついて音を紡ぎだすような演奏が良い。
特に人目を引く狙いではなく、リュート本来のキャラクターを貫いた自然な演奏で安らぐ、
これが"Reimagines"と思われる。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: リュート作品

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1437-8b0c3b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター