Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

京都のお土産(どん兵衛) ≫追記あり  

家内が日帰りで京都に行ってきたので、これを頼んでおきました。
まず、一見何の変哲もない日清のどん兵衛ですが、中の粉末スープの袋が紺色、
donbe_20170312095327686.jpg
むこうで買うと、だし汁がこっちと違い、昆布のだしで薄口の関西風になっています、成分をよく見ると「かつおぶし粉末」が関西は入っていません。
売っているエリアもメーカーによると、天下分け目の関ヶ原(岐阜)が味の境目だそうで、
area donbe
*どん兵衛のエリア境界
どん兵衛の場合、愛知、岐阜、三重を入れた東側で関東風、福井、石川、富山を入れた西側で関西風を出荷するそうです。国道走って、一軒隣のコンビニで変わる所があるらしい、やはり県境の文化風習に興味湧きます^^
自分の好みは鰹だしで濃口の関東風ですが、たまには関西風も良いかと。
(*大阪でよく「どんくさい」と言うのは、饂みたいにスマートじゃないって意味らしい、鈍感の鈍と思っていたが;)
たかが饂飩のしょうもない話でした^^;

あと、これも昭和の味と言えるか? 京都の五色豆、
gosikimame.jpg
今は土産物も柔らかい半生菓子が主流ですが、昔は日持ちのする菓子が普通だった、数十年ぶりに懐かしい味です。

追記:どん兵衛に袋入りが出ました、こちらはノンフライ麺で液体スープ、
donbe02.jpg
ただし、トッピングの具は無いので別途用意が要ります^^;

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 4

コメント

なかなか面白い記事でした。
そういえば、どん兵衛ずいぶん長い間食べていません。久々に買ってこようかな~

わたしの出身地はちょうど関東と関西の境界線ぎりぎりのところにあります。
でも子供のころから食べなれてきたうどんは確実に関西の味だったと思います。最初にこっち(関東)でうどんを食べたときは、真っ黒いしょうゆの海の中に麺が浮かんでいるように思えて、かなりのカルチャーショックでしたね。

お土産のお菓子も時代の流れってありますね。
五色豆 わたしもずっと食べていません(というか目にすることもあまりないような)
そう、確かに昭和の味ですよね~

私はタワシ #- | URL
2017/03/13 11:01 | edit

私はタワシさん こんにちは

最近知ったのですが、どん兵衛の袋入りも出ましたね(↑追記)
以前は近所にセルフサービスのうどん屋があって、汁は濃口、薄口と用意してありました、関西が遠くないせいか?
子供の頃、馴染んだ味は、ふと食べたくなったりしますね。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/03/13 14:29 | edit

おはようございます。

michaelさん、おはようございます。

個人的には「どん兵衛」より「赤いきつねと緑のたぬき」、特に「緑のたぬき」に親しみがあります。関東生まれのせいか、うどんよりそばをよく食べます。メーカーのサイトを見たらこちらは東西日本だけでなく北海道と関西を分けてだしは4種類あるみたいです。

ちなみに新潟はどちらも東日本扱いですが、子供のころ関東から新潟に引っ越した時には味付けがかなり薄口で驚きました。高速と新幹線がトンネルでつながった今でこそ東京とつながりが濃いですが、その昔日本海側は広範囲で関西食文化圏だったと思います。

ばけぺん #ibS8y52A | URL
2017/03/15 05:47 | edit

ばけぺんさん こんにちは

やはり、一番に好きなのは蕎麦ですね、かけ、ざる、関東風の味で。
マルちゃんのほうもよく買います、そういえば地域で細かく味を分けているそうですね。

うどんはやはり太い"生"がいいです、ちなみに当方では、名古屋のきしめんの影響か?うどんに限って、やくみとして、削り鰹ものせたりします。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/03/15 10:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1447-f85aa032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター