Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

四横綱の土俵入り  

今日はちょっとお相撲の話です。
いつも大相撲中継は中入り後の後半くらいしか観ていないので、横綱の土俵入りの様子ははっきり記憶になかったですが、それぞれの横綱らしい個性が出ていて味があります。

新横綱の稀勢の里は堂々とした雲竜型で申し分ない、真っ直ぐ腕を伸ばし、いかにも実直でどことなくぶっきら棒?にも感じるところがこの人らしくていい^^
kisenosato.jpg
動画:稀勢の里 土俵入り

鶴竜はあまり気合いを表に出さず、したたかに上手い相撲で勝つ、雲竜型で力まず淡々としているのがこの人らしい、
動画:鶴竜 土俵入り

日馬富士は速攻、技の切れが持ち味、不知火型で、相撲と同じく、メリハリがある感じです。
動画:日馬富士 土俵入り

そして、第一人者、白鵬の土俵入りがひじょうに魅力に思います、攻めの型であるとされる不知火型だが、両腕は小振りで脇を締め、隙が無い印象、静と動の対比がよく、何とも優雅、厳かで風格のある所作。
hakuho01.jpghakuho02.jpg
動画:白鵬 土俵入り
今場所は怪我の悪化で途中休場ですが、強い白鵬がいてこそ盛り上がってきたので、万全で復帰してほしいです。

また、稀勢の里と同部屋の高安が一段と好調、このままコケずに行って盛り上げてほしい。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1453-ae3214af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター