Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話題など

「地球外生命発見」:そう甘くない; ≪追記あり≫  

14日未明のNASAの発表だが、思った通り、目新しいものは何もなかった、
予告が大袈裟すぎる;
002_20170415021904d6d.jpg
エンケラドゥス NASA JPL
土星探査機「カッシーニ」がエンケラドゥスの噴水中に水素分子が豊富にあるのを確認した、くらいか;原始的な古細菌の食糧としてH2は必要であり、海底熱水噴出孔の存在も示すらしい、これで生命存在の可能性が(若干)高まったとのことだ。
nasa esa
動画:NASA Ingredients for Life at Saturn’s Moon Enceladus
なお海底に熱水噴出がある可能性は2015年の時点で、東京大の関根康人准教授らが当時のカッシーニの探査データからすでに予測しており【鉱物の粒子、ナノシリカが検出された】、TV番組でも紹介された。

地球での生命誕生の場所が海底熱水噴出孔付近だったと仮定すれば、エンケラドゥスやエウロパにもあり得るかも知れない。地球の海底熱水噴出孔周りの生態系を見ると、まず生態系の底辺として水素、硫黄などを餌とする太古の嫌気性(酸素呼吸しない)細菌が多いようだ、
kosaikin.jpg
古細菌
しかし地球の場合、貝類、チューブワーム、エビやカニ、魚類など賑やかな生態系を成す進化した生物達もいる、今は深海の低酸素状態に適応しているが、元々は太陽光の届く浅い海で、光合成生態系に属していた酸素呼吸の生物だ。
001_20170415020620be8.jpg
エンケラドゥスにもし居るとしても低エネルギーで生きる嫌気性の古細菌レベルまでかもしれない(それでも見つかれば史上最大の発見だが)、地球の生命の多くは酸素呼吸で活動的になり、生存のために自然淘汰や進化が促進されたと思うが、氷の下の暗い海だけでは進化を促す要素がないかもしれない?酸素呼吸以外にも高い活動エネルギーを得る手段があれば別だが。

追記:NASAが10年以内に地球外生命の確実な証拠を見つけられるか?もし賭けをするなら、
見つからないほうに賭けます^^;
生物が棲めそうな環境だけは探し続けているが、そこにどのように発生するのか、生物学的な考えが見えてこない;

関連過去記事:
エウロパとエンケラドゥス
天体と生命Ⅱ
天体と生命
潮の満干
熱水噴出孔

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 4

コメント

いやあ、生命の誕生、しかも人間のような知的生命体の存在なんて、実に極めて稀な存在なのかもしれませんね。
どこかの惑星に仮に生命が存在したとしても、単細胞のような微生物ではないのかなあ、と、考えてしまいました。

もしかして、この広い宇宙で、「宇宙人」とは、地球人でしかなかった、なんて(*_*;!

白クマ #5T8wmass | URL
2017/04/15 10:20 | edit

白クマさん こんにちは

そもそも地球の生命がどんな場所で発生したかすら確定的ではないですからね;
もし単細胞生物でも他で見つかれば、生命は必然的に発生し得るありふれたものだ、
ということになるでしょうね。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/04/15 15:53 | edit

こんばんは。
毎度まいどのことながら、NASAの会見にはがっかりです。
最低でも「有機物発見」くらいの報告は欲しいですよね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/04/15 23:13 | edit

奇士さん こんばんは

毎回、思わせぶりなポーズばかりで、あれじゃ逆効果ですね;
「定例報告」くらいにしておけばいいのに。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/04/15 23:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1482-90ce633e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧