Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

また、ハビタブル惑星発見  

またしても、ハビタブル域にある系外惑星発見の情報あり、今度はヨーロッパ南天天文台(ESO)からの発表です。
eso1712a.jpg
eso1712b 02
ESO
くじら座約40光年にある、赤色惑星「LHS 1140」を周るスーパーアースLHS 1140bが見つかり、直径が地球の1.43倍、ただし質量は6.65倍とのことで、今のところ高密度で鉄の大きな核をもった岩石惑星と考えられている。
001b_201704231042525ed.jpg
惑星の質量は中心星からの距離と公転周期でわかる。中心星からの距離は太陽から地球までの距離の8%、約25日で公転している。また中心の赤色矮星LHS 1140はフレア活動が活発ではないそうで、X線、紫外線など強力な放射線の影響も少ないと見られる、これは好条件かも。
eso1712c.jpg
ESO
米・ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの国際研究チーム、Jason Dittmann氏によれば、「太陽系外生命の兆候を探すうえでのベストターゲットになるかもしれない」とのこと。2月にNASAの"重大発表"で報告された「TRAPPIST-1」の惑星系(約39光年)とともに距離が近いこともあり、近くHSTでも詳しく観測される予定だ。
trappist01_201704231045249a3.jpg
TRAPPIST-1の惑星想像図
*過去記事:「TRAPPIST-1」に7つの地球サイズ惑星発見

ところで、LHS 1140bの重力は地球の3倍以上と見られているが、こうしたスーパーアースでの生命の可能性はどうなのだろう、
潮汐ロック状態か、
大気や水があるとしてその層の厚さ(気圧、水圧)、
惑星内部のマントル対流や火山活動は激しいのか、
陸地があるとしてその環境は、

知りたい要素は多々ある、地球よりちょっと大きいだけで、まったく別世界かもしれない、いずれ打ち上げ予定のJWSTをもってしても、そう簡単に生命の兆候まで見出せるだろうか?

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 1   cm: 2

コメント

ハビタブル惑星

michaelさん、こんにちは。

なるほど、そういう条件に合致しそうな惑星のことをハビタブル惑星と言うのですね。この広い宇宙の中でそういう惑星を見つけ出してくる人達の(おそらく)地道な努力にまず頭が下がります。

とはいえ、なんとなくもしも地球外に生命体が見つかるとしたら、我々とは全く別の形のものなんじゃなかろうか?という気もします。我々に知覚できないだけですでにそこら中にいたりとか(笑)。すいません、戯言申し上げました。

ばけぺん #ibS8y52A | URL
2017/04/23 15:55 | edit

ばけぺんさん こんにちは

この惑星の重力を考えると、大気は厚く、風圧が極端に強かったり、舞い上がった砂埃で空は常に暗かったり、いろいろ悪条件も想像してしまいます^^;
陸があって生き物がいたら、地面にへばり付くような、我々の常識を外れた生命がいて、そんな環境にも適応しているかも知れませんが。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/04/23 16:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1490-8d833e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

超遠方の小さな地球型の惑星

近年、宇宙望遠鏡の性能は急速に発達していて、同時に地上望遠鏡を組み合わせて観測精度を上げる技術が大発展していますから、超遠方の小さな地球型の惑星も今後、次々と発見されていくと予想できます。 拝読ブログ: また、ハビタブル惑星発見 拝読ブログ...

哲学はなぜ間違うのか | 2017/04/23 20:17

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧