Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

自閉スペクトラム症 絵画展  

うちの長男は自閉スペクトラム症です、以前は単に自閉症と呼ばれていましたが、共通点は人とのコミュニケーションがとれず、社会性にハンディを持つ、特定の事への拘りが強く、自己の意向に反する事へのストレスが大きく、パニックになることもある。これ以外としては、学習障害を伴うこともあれば健常者と変わりなかったり、特別な能力を持ったり、一人ずつの個別性や程度は百人百様で補助者はそれをよく知っておく必要がある、といったところです。

地元の(公財)岐阜県教育文化財団主催の展覧会に3人の絵の出展で、ぎふ清流文化プラザを会場に行われています。長男が普段施設内でお絵かき帳に描いている絵が選者さんの目に止まったと聞いて意外でした。
maru sankaku
ほかのお二人の絵はとても素晴らしく、1枚欲しいほどでした、大人の健常者レベルの技で、ただ上手いだけじゃない、深く惹きつける内容をもっています。
maru sankaku (2)
とくに左上の作品の人、多数ありましたが、良かったです。うちの子(*)は精神が幼児期から進んでいないので、そういう絵しか描けませんが、何か中身によいものを認めてもらえたようです。これらの絵も自閉の人には個別性に開きがあるのを示しているように思います。

なお、昨日はオープニングイベントとして、リサイクル品を楽器として使うグループの演奏があり、台所用品、一斗缶、木の箱など、また金属洗面器やプロパン・ボンベをスティールパンのように加工したもの、本来楽器じゃないものだけを使い、一人がリズムを打ちだし、他の人が音を重ねていく、すべて即興で、個々が持っている感性で作られていく、不思議で味わい深い音楽になるものです。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 時事・雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1497-50d13697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター