Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

「かに星雲」を5つの望遠鏡で撮影  

1054年におうし座の方向で起こった超新星爆発の残骸、「かに星雲」は6500光年という近い距離にあることから、超新星爆発や残された中性子星など、貴重な研究材料でもある。m
m1.jpg
かに星雲:M1(すばる望遠鏡撮影)
中国、日本、アメリカ原住民らがこの超新星の記録を残しており、今の「かに星雲」であることをE.ハッブルらが確認した。期間を置いた写真撮影で星雲は膨張していることがわかり、1100km/sで今も拡がっている。中心には1秒間に約30回転する中性子星(パルサー)があり、「かにパルサー」とも呼ばれる、
ケンブリッジ大学の高速撮影動画(Wikipedia)
パルサーは電波からガンマ線まであらゆる電磁波を放っており、周囲の星雲を照らしている、中心のパルサーからはガス雲のリングが放たれ、光の約半分の速度で拡がっていく、
201605011a.jpg
この画像の内側のリングで約1光年のスケールだが、これが数週間おきの観測で拡がる様子がわかる、凄まじい変化が動画で捉えられている、
NASAの動画(日本語訳) 1:28~

今月公開された、NASAによる動画では、カール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群(VLA)が電波、衛星「スピッツァー」が赤外線、ハッブル宇宙望遠鏡が可視光線、衛星「XMM-Newton」が紫外線、衛星「チャンドラ」がX線、という、電波(低エネルギー)からX線(高エネルギー)の5段階の電磁波で撮影し、合成されている。
m1_crab.jpg
動画:Composite View of the Crab Nebula
【赤:電波/黄:赤外線/緑:可視光線/青:紫外線/紫:X線】
高エネルギーの紫外線、X線の画像では、可視光では見えなかった、パルサーに関わる部分が鮮明になってくる。

また、パルサーはあまりに重力が強く、一度は飛び散った物質を再び引き寄せ、やがて第二の惑星系(重金属が多い"パルサー惑星")を形成するらしい。
201605011b.jpg
パルサー惑星系円盤:想像図

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1511-a1268a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ブロとも一覧