Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

フォーマルハウトの塵リング  

可視光で初めて撮影された系外惑星で、事前に存在が予測されて発見されたのは"海王星"以来だと話題になったことのある、フォーマルハウトb(みなみのうお座、25光年)は2004年と2006年、HSTが掃天観測用高性能カメラを用いて捉えた・・はずだったが?m
Fomalhaut planet_b
フォーマルハウトb(HST撮影)
その後、再観測されておらず、存在は疑問視されている、惑星に見えたのは小天体の衝突で生じた「塵の雲」だったのでは、との見方もある。それ以後もフォーマルハウトbの正体は確認できていないようだ。

中心星のフォーマルハウトは大きさが太陽の1.84倍、年齢が約4億歳で非常に若いが、原始星の段階は終えた成熟した恒星だそうだ。距離25光年はヒッパルコス衛星の年周視差測定により、信頼できそうだ。
foma.jpgfomalhaut.jpg
フォーマルハウト(HST撮影)

5月22日の情報で、アルマ望遠鏡が最高の解像度でフォーマルハウトの周りにある塵のリングの全体像を捉えた、
nrao17.jpg
アルマ望遠鏡(オレンジ)とハッブル宇宙望遠鏡(青)で撮影したフォーマルハウトを取り巻く環
このリングは惑星系外縁部の彗星や小天体が衝突し合って出来たものと考えられている、リングはフォーマルハウトから約200億kmの距離にあり、幅は約20億kmと見られる、
太陽系との大きさ比較図
またこの環の形状は惑星の重力の影響で作られることが、コンピュータモデルの解析で確認されたそうだ。このリングはこれから惑星系が作られる原始星の周りの円盤ではなく、ある程度出来上がった惑星系の中であとから出来たものだそうだ。中心星から遠い場所では公転速度が遅く、塵が渋滞して密度が高まるので、強い電波が観測される、という理論予想のとおりであることも確認された。また先述のフォーマルハウトbを(一旦)見つけた、カリフォルニア大学バークレー校のポール・カラス氏は「いずれ、環を形作るちりの軌道に影響を与える惑星そのものを見つけたい」と語っているそうだ。

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1521-b5ba9371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック