Micha クラシックとリュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

ギターとリュートの両立期  

過去、ギターとリュート両方を弾いていた時期が結構ありました、時期を分けてどちらかに重点は置いていましたが。最後に手にしたクラシックギターは河野ギターでしたが、河野賢さん最後期の作だったと思います、
kono guitar
それまでの河野ギターとは一味違う、くっきり鋭敏な音で色香もあり、気に入っていたので、これも弾きたいと思い、一時期、右爪の形をこんなふうにしていました、
(お薦めはできません^^;)
yubi01.jpgyubi02.jpg
青線が爪のラインです、この頃、リュートはルネサンス、バロックとも*サム・インサイドで爪を掛けずに弾いていました、
thumb inside
(*Thumb inside:親指pが他の指の内側で、i,m,aは指先の小指寄りの側で弦を弾く)
一方、ギターは*サム・アウトサイドで、爪が掛かる角度で弾いていました;理想的ではないが、それぞれ結構狙いどおりに音が出た記憶です。
しかし、その後バロックリュートは技法的にサム・アウトサイドが良いとわかり、爪が掛かってしまうので、全部切って、リュートに専念することにしました。
thumb outsideギターの場合、もう少し親指を立てて爪を掛ける
(*Thumb outside:親指pが外に出て、i,m,aは指先の中央~やや親指寄りで弾く)

両楽器には基本的な音の出し方(パワー)や技法、音楽の性格に開きがあるので、個人的には両立は難しいと考えました。
河野ギターは即、引き取って下さる方がいました^^

ご覧いただき ありがとうございました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 4

コメント

難しくも悩ましい選択なんですよね。
お気持ちよくわかります。

私もそうでした(;^_^A。

私の場合は、エレキギターのほうも嗜んでいたので、大丈夫でしたが。
ピックを使うために全然OKなので。
今は、バロックリュートとエレキだけですねえ。
エレキは、コード進行を覚えるだけで、ソロを上手く取れるので、なんとかリュートにも応用できないか、特に短調で研究中です。
リュートで即行演奏できればいいなあ。。。。と。

白クマ #bCM6Jk9A | URL
2017/06/16 20:41 | edit

白クマさん こんばんは

数本のリュートでも持て余してるのに、クラGまでは無理だとサトりました^^;

>エレキギター
詳しくはわかりませんが、今は凄いテクニックが開発されているんですね、弦をフレットに当てるだけで音が出せるので、アコースティック楽器にはあり得ないような(・・);

michael #xNtCea2Y | URL
2017/06/16 21:49 | edit

こんばんは。
リュートと現代のクラギでは両立は難しいですね。
時期を決めてどちらかだけ、ってのやってましたけどね。
19世紀ギターとなら、何とか両立できますね。

奇士 #nLnvUwLc | URL
2017/06/16 22:44 | edit

奇士さん こんばんは

もう、私の指が対応できるのはバロック楽器までですね,
19世紀ギターでさえ、満足に鳴らすのはきついです^^;

michael #xNtCea2Y | URL
2017/06/16 23:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1544-fd7697e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター