Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

弦楽器:テンションの不思議  

手持ちの2つの11コースluteの弦長は66cmと67cmです、弦のゲージは同じのを張ってあるので、テンションは66cmのほうが僅かに緩いはず、しかし手にすると、弦を押えた感触だけで66cmのほうが張りが強く感じます?弾けば右手にも力を要するようです、ギターでも同様な経験はありました、いったい何故なのか?楽器の形状はかなり違う。m

まず66cmのほうは重量が1.02kgでこのサイズとしては重いほうだと思う、指板の黒壇が厚く(7㎜程)、ボウルもバランスを取った重さ、ただし響板は薄い、
11c 66
11c 66b11c toshi 02
ブリッジは楽器の縁に近く、6.5cmの位置にある、内部のブリッジから縁までの力木は垣根状で全体に強固な作り?、という特徴がある、振動系である弦や響板以外の"台座"部分ががっちりしているように思われる、重くて強固なエンクロージャのスピーカーみたいに音像がくっきりするタイプ・・のような印象?

もう一つの67cmの重量は0.88kgで普通くらいかと思う、
11c 67
11c 67b11c chikaraki
ボディはスリム型で、指板は薄かった、ブリッジは縁から7.5cmの位置、力木はズバリ修理時の写真があるが;シンプルな配置で、痕跡から初期状態と変わっているかも?弦の感触は幾分ヤワい感じで、楽器全体の"しなり"がそうさせるのか、ほんのりした鳴りで、右手もおのずとヤワい弾き方になる、箱の"鳴き"を利用したスピーカーのような印象か?最低音(⑪コース:C)はこの67cmのほうがゆったり深みが出ます。

PS.弦長が大幅に短い楽器(ソプラノサイズのリュート、マンドリンなど)がとても張りが強く感じるのは弦が短く、伸縮の余地が少ないからで、また別の話になります。

ご覧いただき ありがとうございました。
関連記事

category: 楽器について

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1546-c0359c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック