Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、自然・科学の話など

銀河系の立体地図作り  

地球の平均公転直径は0.00003162光年(1.496億km)である、一方、リギル・ケンタウルスの距離は4.39光年、地球の公転直径を底辺として二等辺三角形を描いたら、m
001_20170622020653216.jpg
(*二等辺三角形になるとは限らないが、わかりやすくこうした)
A-C-Bの角度は0.0004127°になる、A点とB点の観測角度は半分ずつの0.0002063°の傾きとなる。最も近い星でたったこれだけ^^;
しかし、先日話題にした天文衛星「ガイア」は角度を36億分の1°まで測れると聞いた。
とは言っても「36億分の1°」なんてピンとくる数字じゃない;
gaia_20170622020905c55.jpg
天文衛星「ガイア」 
ガイアと同じ精度の測量機があるとして、地上の距離の測定に縮小して置き換えてみる、例として東京都心から富士山頂上まで約100kmだが、これを測るとする、
fuji map
限界精度にして、三角測量の底辺は最低どれだけあれば測定可能か、計算してみる、
半径100kmの円を描いたとして、円周は628km、
円弧の角度1°分は、÷360°で、1744mである、
さらに1°の36億分の1なので、
1744m÷3600000000=0.000000484444m
で、0.00048444mm となる、
測定場所は2点あるので、これの2倍取って、0.0009688889mmで、
東京都心から富士山頂までの距離を三角測量するのに、底辺は約0.001mmあれば測定可能ということになる!?
002b 04
地球の公転直径なんて、地上の測量に置き換えればこんなもん!ちょっと信じがたいが、3万光年まで測れるとは、こういうことで天文学的測量か・・
計算法や捉え方間違ってないかな^^;

なお、日本でもJasmine計画で、天文衛星を打ち上げる、初号機として、小型のnano-jasmineを2017年12月に打ち上げ予定、
Nano-JASMINE.jpg
天文衛星「nano-jasmine」
精度は過去のヒッパルコス衛星並みだが、ガイアは機能上明るい星は観測できないらしいので、nano-jasmineがこれを観測、星の立体地図作りを補い合うそうだ。

ご覧いただき ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは。

michaelさん、こんにちは。
いつも勉強になる話題をありがとうございます。
36億分の1度って凄い精度ですねぇ!富士山までの距離を測量するのに千分の1㎜の差しか要らないって凄すぎる、と言うかそこまで近いとむしろ正確に測るのが難しそう(笑)。ゴルフ場で残距離を測る(光学式の)距離計ってお利口だなあと思ってましたが、宇宙はスケールが違いますね(当たり前ですね。)!

ばけぺん #- | URL
2017/06/25 12:31 | edit

ばけぺんさん こんにちは

地球の公転直径なんて光でたかだか"16分"ですが 、相手は"年"ですから、それだけで違い過ぎますね;

>ゴルフ場で
距離を知って、ちゃんとそこに落とす加減が難しくも面白いところでしょうね。

michael #xNtCea2Y | URL
2017/06/25 14:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1550-5dd3a0cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック