Micha クラシック&リュートの楽しみ

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学の話など

アルマが捉えたベテルギウス  

冬の星座の代表であるオリオン座、左上の赤く明るい星ベテルギウス(脇の下の意味)は640光年にあり、太陽系に最も近い晩年を迎えた赤色超巨星の1つである、質量は太陽の20倍、ベテルギウスを太陽の位置に置くと、木星軌道(半径5.2au)に迫る大きさである。
参考:星の大きさ比較(Wikipedia)
少し昔まで恒星は望遠鏡でいくら拡大しても点にしか見えないものだったが、HSTが初めて超巨星のベテルギウスを実像で捉えた。恒星はガス体と言えるので、はっきりした表面の境界は捉えられないだろう。m
Orion_Head_to_Toe.jpgbetelgeuse hst
右画像:HST(NASA)
また、ESOのVLTによる観測で、周囲の広範囲にガスを放出した様子が捉えられている、
1024px-Nebula_around_Betelgeuse.jpg
ESO
ベテルギウスは脈動変光することが古くから知られており、2009年の観測で、15年前より15%小さくなっている、2010年のNASAの観測で表面温度が不均一で、整った球形ではなく、瘤状の膨らみをもった形らしいことがわかった。

2017年6月30日の情報で、アイルランド・ダブリン高等研究所のE. O'Gorman氏らがアルマ望遠鏡でベテルギウスを高解像度で捉えた、アルマとしては初めての恒星表面の観測となる。
betelgeuse alma
ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/E. O'Gorman/P. Kervella)
電波観測により、内層の高温部分を捉えているが、ここでも不均一な形状が鮮明に見られる。

将来、ベテルギウスが超新星爆発を起こすと、その自転軸の方向へガンマ線が放たれ、もし地球に向いていたら、被害をもたらすとされる、HSTの観測でベテルギウスの自転軸が太陽系に対し20°傾いているとわかったが、不安定な状態で、自転軸はそのままとは限らない?また爆発後は中性子星が出来ると予想されるが、爆発力の偏りで弾き出され、超高速で移動する例もあり、行先で接近を受けた惑星系は壊滅する;
過去記事:ベテルギウス

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: 宇宙・天体

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1559-62c011b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック