FC2ブログ

Michael: Classic音楽,Lute,宇宙

クラシック音楽とリュート、宇宙・科学 etc

C.クライバー:ベートーヴェン「第7」  

ワーグナーが「舞踏の神化」と評価している一方、音楽家の間では不評も多かったとされるベートーヴェンの第7交響曲、現在は特に人気の高い曲だが、演奏の好みも分かれやすい曲かもしれない、近頃では理性的に整った演奏が好みになって、ハイドンをきちんと聴かせるようなタイプの演奏がいい。しかし、カルロス・クライバーの第7は今も聴きだしたら止まらない麻薬的効果?をもっている^^;
c k be sym7 dvd02
DVD:RCOとのライヴ(PHILIPS 1983)
クライバーは気に入らない仕事は次々キャンセルしたという、運営側にはすごい迷惑だが逆にカリスマ的と見られ、聴けるかわからない前売チケットもすぐ完売だったそうだ。

第7はこれまで、ロイヤル・コンセルトヘボウO. バイエルン国立O. ウィーン・フィルハーモニーO.と聴いたが、前2者はライヴ、VPOはD.Gへのセッションである。RCOとバイエルン国立O.はほぼ同じような演奏で白熱している、日本公演が一番キレてるかな;
you tube:ロイヤル・コンセルトヘボウO.とのライヴ(1983)
you tube:バイエルン国立O.とのライヴ(日本公演 1986年)

第一楽章、序奏から熱気に溢れ、主部に入りffへと入るところ、
sc01_201707250831304a7.jpg
フェルマータとffのパッセージに間を置かず、一息になだれ込む、ツカミはばっちり、以降終りまで陶酔させる、
今回のyou tubeではないが、CD化されたバイエルン国立O.とのライヴ盤では、
c k be sym7 bay
バイエルン国立O. ORFEO盤(1982)
終楽章のここで1st,flが誤って1小節早く出てしまっている;
sc02_20170725083234c04.jpg
冗談だが、クライバー閣下から「オレ様の指揮でトチりやがったら明日の陽はおがめねえ」
なんてプレッシャーかけられたみたいな想像をしてしまう^^;

D.GのVPOとの録音は1976年で、いささか落ち着いた感じもする、音源自体は良いと思われるが、具合の良い音盤がない;CDはやや音が細っている、
c k be sym7 vpo
you tube:VPOとのセッション(D.G 1976)
同録音のLP盤を見つけたが、今度は溝が随分大きく内周一杯まで刻まれ、ML針をもってしても、終楽章がビリまくった、これをまともに聴けるカートリッジはあるのだろうか?

ご覧いただき、ありがとうございました。
関連記事

category: ベートーヴェン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://micha072.blog.fc2.com/tb.php/1583-44be1465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック